義史のB型ワールド

2017年8月23日

東加古川にあった”ラーメン丸醤屋”の跡地に出来た”かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇ”で、今度は”かつめし(豚)”を食べてみた!何と無くデミカツ丼のようだった・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
少し前に紹介したように、6月の下旬頃に超有名な讃岐うどんチェーン丸亀製麺』の親会社トリドールがやっていた『自家製麺醤油ラーメン 丸醤屋』の店舗跡地に『かつ丼・とんかつ専門店 本家しんべぇ』と言うお店が誕生したので先ずは定番の”かつ丼”を食べたのだが、その時に店内のメニューを見たら、私の大好きな”カツカレー”や”かつめし”、それに”ソースかつ丼”等が沢山あったので、今度はその中のどれかを食べてみようと思って再びお店に行ってみた。
 
かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇ
こちらがまたまた行って来た国道2号線沿い、加古川平岡小学校の直ぐ近くに最近オープンした『かつ丼・とんかつ専門店 本家しんべぇ』で、以前にも書いた様に元々は『喜多方ラーメン坂内 小法師』だった店舗なので、ご覧の様に民芸館風の建物になっているのだが、『自家製麺醤油ラーメン 丸醤屋』になった時に店内がガラッと改装されたが、今回は所謂居抜きのままなので変化は無くカウンター席と小上がり式の座敷のみでテーブル席は無い。どうせなら店内も改装してテーブル席を配置して欲しかった様な・・・。
 
かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇかつめし(豚)と豚汁
それはさて置き、お店のメニュー表は前回紹介したので詳しくはその時の記事を見ていただくとして、この日食べたのがこちらの”かつめし(豚)”と”豚汁”で、それぞれのお値段は630円と120円なので合計金額は750円也。ちなみに”かつ丼”と同様に”かつめし(豚)”にも並盛、男盛、超男盛の3種類があったのだが、今回は普通に並盛だ。
 
かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇかつめし(豚)
そしてこちらがメインの”かつめし(豚)”で、その名の通り、あるいは他のトンカツ屋さんと同じく”とんかつのかつめし”だ。で、それ自体は特に気になる事は無かったのだが、メニューの写真にはボイルしたキャベツが写ってはいたが、ご覧の通り実際は千切りキャベツが添えられている・・・。これって、所謂”ソースかつ丼”とか”デミかつ丼”を単にお皿に盛っただけ・・・と言うような気がしないでは無い・・・。想像ではあるが、意外と”かつめし(豚)”の数が出ないので、キャベツをボイルするのが面倒になって、千切りキャベツを流用するようにしたのかも・・・。
 
かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇかつめし(豚)
それはさて置き、早速この”かつめし(豚)”を食べてみると、”とんかつ”は基本的に前回食べた”かつ丼”の時と同じような肉厚ながら揚げ立て熱々で普通にウマい!が、味の要となるデミグラスソース・・・と言うのかカツメシのタレの味が、私には少し甘過ぎる感じ・・・。ま、この辺りは人それぞれの好みだし、お店に寄っては酸味の強いタレの時もあるぐらいなので何とも言えないが・・・。
 
かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇ豚汁かつ丼・とんかつ専門店本家しんべぇ豚汁
そしてこちらは前回に続いて今回も食べた”豚汁”で、以前にも書いた様に値段が安い分?具は少な目なのだが、あっさりテイストのお出汁で味的には中々ウマい!個人的に、こちらは結構好みの味な気はする・・・。
 
てな事で、またまた行った『かつ丼・とんかつ専門店 本家しんべぇ』で今回は”かつめし(豚)”を食べてみたのだが、本文の中で書いた様にタレの味が私にはちょっと甘過ぎる程だった事もあって、少し期待した味とは違っていた。ま、そもそも”かつめし”はやっぱ牛肉の方がエエ気もするし、取り敢えずこのお店の”かつめし”がどんな物か食べてみたかったので、気持ち的には十分満足したが。それは兎も角として、次回はこれまた私の大好き?な”カツカレー”を食べに行ってみたいと思う!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.