義史のB型ワールド

2017年8月6日

毎度お馴染みの”なか卯”で”うな重と親子丼が一つ”になった”うな玉親子重”を食べてみた!意外な組合せだが玉子が半熟トロトロで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 8:06 PM
 
代理人記録
 
今日は8月6日で2回目の夏の”土用の丑の日”って事で、少し前に『なか卯』で食べた”うな玉親子重”のお話・・・。昨日もちゃんとしたお店?の”うな重”も食べたのだが、写真の整理が追い付かず・・・。
 
個々近年この時期になると各牛丼チェーン店から”うな丼”や”鰻重”が登場する(とは言え最近は『吉野家』では年中販売しているし、逆に『松屋』では登場した事が無いはず)ので、それに釣られて私も偶に食べているのだが、流石に”牛丼チェーンのうな丼”よりも”くら寿司のうな丼”の方が美味しい様な気がして来たので、余り食べたいとは思わなくなって来た。が、今年『なか卯』から登場した”うな重”は何時もと違い”錦糸卵で高級感を演出”して登場したので、それに釣られて食べに行ったのだが、何と今度は『なか卯』の人気商品?の”うな重”と”親子丼”を一つにした、その名も”うな玉親子重”ってのが登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、『すき家』率いるゼンショーの傘下になって以来、何か存在感も薄れてしまった様な気がする・・・。
 
なか卯うな玉親子重のメニュー
そしてこちらが新たに登場した”うな玉親子重”のメニューで、商品案内に寄ると”「なか卯」自慢のうな重に、人気商品の親子丼を組み合わせた、うなぎと親子丼の両方を楽しめるボリュームのある商品”との事。確かに最近も”すき家のうな牛”を始めとして”宮崎県産うなぎと黒毛和牛の贅沢重”とか”フォアグラ鰻重箱”等、鰻と牛肉やらフォアグラが一つになった”うな重”を食べた事もあって、然程驚くと言う程では無くなって来たが、流石に”うな重”と”親子丼”の組合せは珍しい・・・。って事で、今回もブログネタの意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
なか卯うな玉親子重
で、間も無くして手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”うな玉親子重”で、お値段は税込価格990円也。ご覧の通り鰻の蒲焼の上にたっぷりと”親子丼”の具が乗っていて、中々豪華な印象だ。ちなみに商品説明に寄ると”まずはうな重として、次に親子丼として、そして合わせて食べることで3度楽しめる商品”との事。更に上に乗っている具は”こだわり卵を使用した発売以来大人気の親子丼は、店舗で一食一食手作りしているため、ふわふわとろとろの食感に仕上がっている”らしく、玉子の半熟トロトロ感が半端無く中々ウマい!味的には完全に毒されてしまった”かつやの玉子綴じ”の方があっさりして美味しいと思ったが、久々に食べた”なか卯の親子丼”と言う事もあってこれはこれで旨かったかな。
 
なか卯うな玉親子重
そしてこちらが”うな玉親子重”のメインとも言える”じっくりと焼いて蒸し上げたあと、こだわりのタレで付け焼きを3度繰り返し、香ばしくふっくらとした食感に仕上げた蒲焼”で、流石に専門店で食べるような焼き立て熱々の香ばしさは無いが、身はふっくらで柔らかくて普通にウマい!組合せ的にも前回食べた”錦糸卵”よりも、今回の”親子丼”の具の方がマッチしていた気もする・・・。
 
なか卯うな玉親子重
ちなみに”親子丼”の具の中にはこの様に鶏肉の姿もあって、丁度同じ時期に”親子丼”の鶏肉を25%増量した事もあるのか、結構沢山入っていてボリュームも満点だった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』で少し前に今年登場した”錦糸卵”が乗った”うな重”を食べたばかりなのだが、それに続いて今度は”うな重”と”親子丼”が一つになった”うな玉親子重”を食べてみたのだが、偶にこれと似た”うなとじ丼”や”うなぎ丼”を食べた事はあったが、それらとは違って半匹サイズながら蒲焼が乗っていたり、玉子綴じも”親子丼”の具そのまんまで鶏肉が入っていたりと中々楽しい一品だった。若かりし頃の『吉野家』のパチモンだった面影は完全に消えてしまったのは少し寂しいが、『なか卯』にはこれからもこう言った独自路線を突っ走って欲しい・・・。
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。