義史のB型ワールド

2017年7月9日

姫路駅前にある”姫路のれん街”の中に最近出来た”姫路のタイ屋台 玲(レイ)”で”カオマンガイ”を食べてみた!蒸し鶏のせご飯でボリュームは少な目だが中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
GWが始まって間も無い日に久々に姫路まで行ったので何時もの如く姫路駅前周辺を散策していたらフェスタビル1Fの”姫路のれん街”の中腹辺りにあった『ガンガングビグビ本舗』が何時の間にやら閉店して、既に次の店舗の改装工事が始まっていて、その様子を見たらどうやらタイ料理のお店が出来るようだった。で、5月の中旬頃に姫路へ行くとそのお店がオープンしていたので、試しに食べてみる事にした。
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)
こちらが今回行って来た姫路駅前にある”姫路のれん街”の一角に誕生した『姫路のタイ屋台 玲(レイ)』で、先にも書いた様に以前は『ガンガングビグビ本舗』と言うラーメン屋さんがあって、私もお店が誕生した当初は何度か食べに入ったのだが、最近は他のお店に行く事が多く全然食べに行って無かったのだが、2年以上食べに行って無かったからなあ・・・。前もって閉店する事を知ってたら、もう一回位”姫路中華そば”を食べに行ったのになあ・・・。てか、やっぱあの『ガンガングビグビ本舗』と言うヘンテコな店名が良く無かったんだろう・・。シンプルに東京にあるお店と同じ店名の『麺屋 宗』で良かったのでは?と言う気がしてならない・・・。
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)のランチメニュー
それはさて置きこちらが『姫路のタイ屋台 玲(レイ)』のランチメニューで、この時は未だお店がオープンして間も無い頃だったからなのか、ご覧の通り”カオマンガイset”と”グリーンカレー set”の2種類しか無く、しかも通常のメニューに載っている料理も出来ないらしい・・・(今現在は知らないが・・・)。で、個人的にはカレーは大好きなのだが”グリーンカレー”はそれ程に好きでは無いので選択種は一つしか無い・・・って事で”カオマンガイset”を食べる事に決定!!!
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)のライス・麺メニュー
ちなみにこちらがこのお店の通常メニューの一部で、タイ料理の定番のトムヤムクンを始めとして色々あるのだが、その中にベトナム料理として有名なフォーなんかもあって、どちらかと言うとそちらを食べてみたいような・・・。てか、この手のアジアン料理のお店に来ると思い出してしまうのだが、20年程前の阪神大震災が起こった前週末の金曜日の夜に、会社の仲間達と三宮駅前の当時ブームにもなっていたアジアン料理のお店に行って、トムヤムクン等を食べた事があって、後になってその時の同僚達と我々がアジアン料理のお店に行くと何か不吉な事が起きるのでは無いかと良く話題になったものだ・・・。
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)カオマンガイsetのスープとサラダ
それはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのが”カオマンガイset”に付いているこちらのスープとサラダで、スープは鶏ガラ系のあっさりした味わいで、具はがモヤシだけなのと何故か冷めている・・・と言うのか、これが普通なのかも知れないが、ひと肌程度の温かさではあったが普通にウマいサラダの方は、パクチーなんかも入ったシンプルな内容だが、如何にもアジアン料理!と言うような感じで、ちょっと辛いドレッシングがかかっていた。
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)カオマンガイ
で、先に運ばれて来たスープとサラダを食べ終えて待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カオマンガイ”で、お値段は税込価格950円也。ご覧の通りの”蒸し鶏のせご飯”で、通常のメニューを見ると”海南鶏飯!鶏のだししみ込んでいるご飯です”と言う但し書きが添えられていたが、実際に食べた印象としては割と普通の白ご飯に近かった気がする・・・。
 
姫路のタイ屋台玲(レイ)カオマンガイ
そしてこちらが”カオマンガイ”にトッピングされていた”蒸し鶏で、鶏肉も柔らかくて大体イメージしていた通りのタレがかかっていて中々ウマい!ただ全体的にボリュームが無くて、食べ終えた後でもフォーぐらいなら食べれるような感じだったかな。
 
てな事で、姫路駅前にある”姫路のれん街”の一角に誕生した『姫路のタイ屋台 玲(レイ)』で、今回は”カオマンガイset”を食べてみたのだが、味的には大体満足は出来たのだが、コストパフォーマンスを考えるとちょっと微妙だった気もする・・・。そう言えばおみぞ筋にあった『アジアンダイニング レン』も閉店してしまっているし・・・、果たしてこの”姫路のれん街”の冠が付いた場所で人気を得る事が出来るだろうか・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。