義史のB型ワールド

2017年5月31日

またまた行った”濃厚豚骨ラーメン弦流”で播州ぬーどるず3店舗がコラボした”志方牛らーめん”と”ローストビーフ丼”を食べてみた!肉好きには堪らない豪華な内容だ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
先日開催された加古川ご当地グルメフェスティバルの会場でも”志方牛骨らーめん”が販売されていて、思わず私もちょっとだけ食べたのだが、今回は例に寄って1ヶ月以上前に実店舗で食べた志方牛らーめん”のお話・・・。
 
少し前に期間限定の”魚介豚骨ラーメン”に釣られて久々に食べに行った『濃厚豚骨ラーメン 弦流』であるが、その時に店内に置いてあった告知のポップに寄ると加古川や姫路にある個人経営のラーメン屋さんが集まった?”播州ぬーどるず”の中の3店舗がコラボして”志方牛骨らーめん”を販売すると書いてあった!個人的にも”鳥取牛骨ラーメン”を始めとして”神戸牛ラーメン”や”近江牛ラーメン”、更には”ラーメンまこと屋の牛醤ラーメン”や”ラーメン八角の牛骨油そば”等の変り種まで食べているが、流石に”志方牛骨らーめん”ってのは食べた事は無い。それが割りと直ぐ近くにあるラーメン屋さんで食べれるとならば、これを逃す手は無いって事で、またまた『濃厚豚骨ラーメン 弦流』に行ってみた。
 
濃厚豚骨ラーメン 弦流
こちらがまたまた行って来た『濃厚豚骨ラーメン 弦流』で、数年前に東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』の限定ラーメンを良く食べに行っていた頃は、開店前から行列が出来る事が多かった事もあり、今回もお店の営業が始まったばかりの割りと早い時間に食べに行ったのだが、私の様に考えるお客さんが多いのか既に店内は半数以上の席が埋まっていて、私が入店した後で直ぐに満席になってしまった程・・・。ま、若干時間をずらすとご覧の通りに行列が出来て無い時もある様ではあったが・・・。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流本日特別営業と書かれたボード
ちなみにこちらはお店の前に置いてあった”本日 特別営業 Special 限定らーめん”と書かれたボードで、一番下には通常メニューの販売は行って無いと言う注意書きもあって、これを見ると以前に『新在家ラーメンもんど』で限定ラーメン登場した時のお馴染みの光景の様な気がして増々懐かしく思えて来た・・・。『もんど』もまた限定ラーメンを販売してくれないかなあ・・・。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流播州ぬーどるず3店舗幻のスペシャルメニュー
それはさて置き、こちらが”播州ぬーどるず3店舗幻の1日限定スペシャルメニュー”で、以前見た告知では”志方牛骨らーめん”と書いてあったが、ご覧の通りシンプルに”志方牛らーめん”となっている。更には”ローストポーク丼”や”ローストビーフ丼”等もあったので、思わず”ローストビーフ丼”もセットで頼んでしまった
 
濃厚豚骨ラーメン弦流播州ぬーどるず3店舗コラボ企画の予告

ちなみにこちらは以前来た時に店内に置いてあった”播州ぬーどるず3店舗コラボ企画の予告ポップ”で、その3店舗と言えば加古川別府にある『丸高家』、『弦流』、姫路花田にある『べんてん屋』のようだ・・・。そう言えば『丸高家』にはお店がオープンした直後に何度か食べに行ったが最近は全然行って無いし、また『べんてん屋』と言うと、確かお店が出来た時の噂では『希望軒ラーメン』の創業者の関係者?が始めたお店と耳にした気がするのだが、記憶が定かでは無い。で、この『べんてん屋』の大将はこの日、何故かタイガーマスクの仮面を被っていたが・・・。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流志方牛らーめんとローストビーフ丼
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”志方牛らーめん”と”ローストビーフ丼”で、それぞれのお値段は1000円と450円なので合計金額は1450円也。雰囲気的には少し前に『博多一風堂』で食べた”コンソメ中華そばと特製ミニローストビーフ丼”のセットに似ている様な気もしたが、当然の如くスープの種類は全然異なる白濁タイプだ。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流志方牛らーめん
そしてこちらが”志方牛らーめん”で、この写真ではちょっと見え難いが白濁したタイプの牛骨スープ?にローストビーフローストポーク卵黄、それに色んな種類の野菜がトッピングされた、見た目にも賑やかなラーメンだ!で、そのスープであるが。マイルドと言うのかまったりしたスープで、同じく白濁系の”まこと屋の牛醤ラーメン”とも全然違う味だ。そんな事もあってちょっと意外な感じがしたので、メチャうまい?とまでは思わなかったが普通に美味しいスープだったかな。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流志方牛らーめん
そしてこちらは”志方牛らーめん”にトッピングされていた”ローストビーフ”で、ラーメンの上に広げてみるとご覧の様にラーメン鉢の端から端まである位のメチャ大きい”ローストビーフ”で、もしかすると志方牛?を使っているのか肉自体も柔らかく旨味たっぷりでメチャウマい!少し前に”博多一風堂で食べたコンソメ中華そばにトッピングされていたローストビーフ”もメチャウマかったが、それ以上の美味しさがあった気がする・・・。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流志方牛らーめん
それともう一つ、こちらも”志方牛らーめん”にトッピングされていた”ローストポーク”で、ご覧の通り”ローストビーフ”に負けない位の大きさで、こちらもしっかりとした豚肉の味わいがあってメチャウマい!少し前に食べた”姫路 麺哲のつけ麺姫路”や、昨年食べた”スガキヤのプレミアム冷しラーメン”にも”ローストポーク”がトッピングされていたのだが、それぞれにお店独自の味わいがあって個人的にはどれも大好きな味だったかな。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流志方牛らーめん
ちなみにこの日食べた”志方牛らーめん”の麺はこんな感じで、何時もの”博多ラーメン定番の極細麺”とは異なり、スープが絡みやすい様な”中太のちぢれ麺”だ。この日の為に用意したのか、あるいは『丸高家』か『べんてん屋』で使われている麺なのかは定かでは無いが、このお店では初めて食べるタイプの麺だったので、これはこれで中々美味しかったかな
 
濃厚豚骨ラーメン弦流ローストビーフ丼
そしてこちらがメニューを見て思わず注文してしまった”ローストビーフ丼”で、もしもフルサイズ版の丼だったら絶対に食べ切れないと思い、お店の方にサイズを確認するとラーメンとセットで食べれる程の量・・・と言う話だったのだが、ご覧の通り正に美味しい物を少しだけ食べたい・・・と言う私の願い通り適量なミニサイズの”ローストビーフ丼”だ。
 
濃厚豚骨ラーメン弦流ローストビーフ丼
とは言え”ローストビーフ丼”にトッピングされていた”ローストビーフ”を見てみると、先に紹介した”志方牛らーめん”に入っていた物と何ら遜色の無い位の大きさで、こちらには特製のタレがかかっていて、それを絡めて食べるとメチャウマい!この”ローストビーフ丼”だけでも通常のメニューに加えてくれたなら、ぜひまた食べに来てみたい気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った『濃厚豚骨ラーメン 弦流』でこの日は”播州ぬーどるず3店舗幻の1日限定スペシャルメニュー”の中から”志方牛らーめん”と”ローストビーフ丼”を食べてみたのだが、牛骨スープの印象よりもトッピングとセットで食べた”ローストビーフ”の美味しさの方が際立って記憶に残った気がする・・・。何れにしても、こんな楽しいコラボ企画はぜひまた続けてやって欲しい・・・。あるいは、以前は良く食べに行っていた『新在家ラーメンもんど』も”限定ラーメン”を復活させてくれたら嬉しいのだけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。