義史のB型ワールド

2017年5月29日

加古川総合庁舎の9Fにある食堂で”加古川名物カツめし”を食べてみた!値段が500円と言う安さもあって肉は薄いがタレの効果もあって中々ウマい!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
今日は5月29日で”かつめしの日”らしい・・・。って事で最近食べた”かつめし”のお話・・・その2(先に紹介したのが”とんかつめし”だったので、ちょっと違う気もしたので・・・)。
 
若かりし頃に加古川駅前へ遊びに行った時に『喫茶カノコ』を利用する事が多かった。当時は何かを食べると言うよりも、純粋にお茶をしていたような気がするのだが、はっきりした記憶は無い。で、その後、加古川ニッケパークタウンが誕生し、その中のレストラン街の中にファミレスっぽい雰囲気の『カノコ』がオープンしたので、そのお店では良く”かつめし”を食べていた。そんな事もあって何と無く昔懐かしい”カノコのかつめし”が食べたくなったので、3年位前にヤマトヤシキ加古川のレストラン街にある『創作オムライスとワッフルのお店 Kanoko』で”加古川名物かつめし”を食べたら何と乗っていたのはトンカツだった。
 
そう言えば『カノコ』と言えば最近は色んな飲食店を展開していて、その一つである『月の庵/加古川駅前店』で8年位前に”かつめし”を食べた時は間違い無くビフカツだった・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、偶に自動車税の払い忘れとかで行く事がある加古川県税事務所が入っている加古川総合庁舎の中にある食堂は『カノコ』が経営していて、そこでも”かつめし”と言う話・・・。そんな事を思いつつも中々食べに行くチャンスが無かったのだが、この日は何と無く加古川駅前に来た時にその事を思い出したので、試しに食べに行ってみる事にした。
 
加古川総合庁舎
先ずはこちらが加古川駅前周辺に来たら誰もが目にする加古川総合庁舎なのだが、先にも書いた様に私が実際にこの建物の中に入るのは、自動車税の払い忘れで受領印の判子を貰いに来た時と、同じく自動車税関連の何かで来た程度でしか無い。ちなみに、もっと縁が無いと思っていた神戸にある兵庫県庁は仕事の関係で何度か行ったので、どちらかと言うと兵庫県庁の方が馴染深い・・・。
 
加古川総合庁舎食堂
そしてこちらが加古川総合庁舎の9Fにある加古川を代表する?『カノコ』が運営しているとか言う食堂で、この時は偶々お客さん全員が外の景色が見える窓際に座っていたので、真ん中のテーブル席はガラーンとしていたのだが、この写真を撮った直後から散発的にお客さんがやって来て結構賑わっていた。その中に高校生の姿もあったのが、ちょっと珍しかったかな
 
加古川総合庁舎食堂券売機のメニュー
それはさて置き、こちらがこの食堂の券売機のメニューで、ご覧の様に大半は500円以下の定食や麺類でメチャ安い!一時期、社食がある会社に勤めていた時期もあったのだが、営業関係の部門だった事もあって?外食ばかりしていたので、この手の安い定食には余り縁が無い・・・。ま、偶に客先の社食を利用した時か、あるいは阪神大震災が起きる直前までは、近くにあった神戸税関の食堂を偶に利用していた頃もあったのだが、何と無くそんな感じでちょっと懐かしい・・・。で、人気は2種類ある”日替わり定食”のようだったのだが、今回は”かつめし”を食べる事が最大の目的だったので、迷う事無くそちらの食券を購入!
 
加古川総合庁舎食堂加古川名物カツめし
で、注文コーナで食券を出した後、5分程待つと手渡された札の番号の呼び出しがかかったので、セルフで運んで来たのがこちらの”加古川名物 カツめし”で、別途味噌汁と漬物が付いてお値段は税込価格500円也。この値段位で食べれる”かつめし”と言えば加古川尾上にある『焼肉 北義』の”北義カツめしランチ”が有名だが、あちらはトンカツだし、一時期良く食べに行っていた加古川別府にある『めし炊き名人ぱっぱ屋』は”ぱっぱデー”だと380円だったが、通常は780円するので、それらと比べてもダントツに安い!と、此処まで書いてから『和牛かつめし勝平』も500円だった事を思い出した・・・(ただし、小野に移転してからは値段は上がっているが・・・)。
 
加古川総合庁舎食堂加古川名物カツめし
それはさて置き、こちらがメインの加古川名物 カツめし”で、ご覧の様に”かつめし”の王道の如くのスタイルで、何と無く加古川ニッケパークタウンの中にあった『カノコ』で食べていた”かつめし”も、こんな風だった気がして来た。で、そのお味であるが要となるタレはオーソドックスな老若男女誰もが好む甘口タイプで中々ウマい!何と無くであるが姉妹店の”Kanokoのかつめし”とか”月の庵のかつめし”よりも美味しい気がする。
 
加古川総合庁舎食堂加古川名物カツめし
そしてこちらが”加古川名物 カツめし”のビフカツで、値段からある程度想像は付いていた通り?の薄さ・・・と言うのか何と無くミルフィーユっぽい感じがするお肉だ。ま、ビフカツ云々と言うよりも、これら全てを総合して”かつめし”と言う一つの食べ物だと私は思う・・・。
 
加古川総合庁舎食堂加古川名物カツめし
ちなみにこちらは”加古川名物 カツめし”に付いていた味噌汁で、具は揚げ、ワカメ、巻き麩、ネギが入ったシンプルな内容で、味的にも極々普通だが、味噌汁も付いて500円なのでお得感はあった気はする・・・。
 
てな事で、何年か前に加古川総合庁舎へ行った時(その時も食堂は観には行ったのだが・・・)から一度は食べてみようと思っていた”加古川名物 カツめし”を食べてみたのだが、先に書いた様に値段が値段なのでお肉は大した事は無かったが、タレも私好みの味だったし、何と言っても昔懐かしいカノコ』の味わい?もあって中々美味しかった!そんな事や、昨日開催された加古川ご当地グルメフェスティバルの影響もあって、今度は加古川市役所の食堂で”かつめし”を食べてみようと思うのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。