義史のB型ワールド

2017年5月24日

姫路城の桜を観に行った際に大手前公園で開催されていた”第31回ひめじぐるめらんど”で”熊本都一の元祖平焼き”と”鹿汁”を食べてみた!見た目はシンプルだが中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
今年は数年ぶりに仲間内で花見をする事になったのだが、その前日に毎度お馴染みの姫路大手前公園では”第31回ひめじぐるめらんど”が開催されていたのと、今年はちょっとしたあれで姫路城周辺を散策したい気もしたので、姫路城の桜見物も兼ねてまたまた姫路まで行ってみた。
 
第31回ひめじぐるめらんど
で、先ず最初に向かったのは姫路大手前公園で開催されていた”第31回ひめじぐるめらんど”の会場で、この手のイベントには偶に来るので、何時が何と言うイベントなのか全く判って無いのだが、このイベントだけでも31回目になるらしい・・・。ま、数年前に毎年”ザ・祭り屋台 in 姫路城”を観に来ていた頃にも、大手前公園にはこんな感じのイベントをやってたが、どんな名称だったのか記憶すら無いし・・・。
 
第31回ひめじぐるめらんど
ちなみにこちらは大手前筋通りに面した西側のゲートから”第31回ひめじぐるめらんど”の会場内を見た様子・・・。特に深い意味は無いが、参考の為・・・。
 
第31回ひめじぐるめらんど
そしてこちらは恒例の”イーグレひめじ”の屋上から見た”第31回ひめじぐるめらんど”の会場の風景で、ご覧の様に今回は大手前公園の西側半分だけを使った小規模なイベントなので、出店しているお店も少ないような・・・。で、昨年来た時は”二代目光正の煮干しラーメン”を食べたので、今年も探して見たのだが残念ながら出店して無いようだった・・・。
 
熊本都一の元祖平焼き
とは言え折角なので何か食べてみようと思案した結果、昨年の”姫路食博2016”に来た時、鳥取の震災復興応援の意味を兼ねて”鳥取牛骨ラーメン”を食べたので、今回も熊本地震の復興応援で『都一の元祖平焼き』と言うお店で何か買って食べる事にした。
 
熊本都一の元祖平焼き
ちなみに”元祖平焼き”とは何かと言うと、お店前に置いてあったボードの説明に寄ると”契約農家さんから有機栽培したキャベツをタップリ使用!九州醤油をブレンドしたオリジナルソースで仕上げたお好み焼”との事。雰囲気的には至って普通のお好み焼っぽいのだが、どうやら九州産の食材やソース等を使っているのが特徴で、豚肉も”熊本のブランド豚りんどうポーク”とやらを使っているらしく、そちらもちょっと楽しみだ。
 
熊本都一の元祖平焼き
で、メニューには普通の”平焼き”の他に定番の”モダン焼き”もあったので、折角なのでちょっとリッチに”モダン焼き”を注文したのだが、ご覧の様に次々と焼いていはいるが、メチャ人気があって私の分が焼き上がるまで結局約15分程待って購入したのであった。
 
熊本都一の元祖平焼き
そしてこちらが実際に買って食べた『都一の元祖平焼き』の”モダン焼き”で、お値段は650円也。ご覧の通りパッと見た感じメチャオーソドックスな”モダン焼き”で、実際に食べても関西一円で食べている内容と全くと言って良い程に変らないのだが、関西人なら誰もが好きなソース味の粉もんと言う事もあってメチャウマい
 
熊本都一の元祖平焼き
ちなみに”モダン焼き”の中身はこんな感じで、雰囲気的には”広島焼き”に近い位にキャベツが沢山入っていて、このキャベツもメチャウマい!更に自慢?の”りんどうポーク”もしっかりとした肉の味があって、全体的に大きなインパクトは無かったがメチャ美味しいお好み焼だったかな。
 
姫路城観桜会
で、先ずは”第31回ひめじぐるめらんど”で『都一の元祖平焼き』の”モダン焼き”を食べた後、姫路城へ行くと三の丸広場では毎年恒例の”観桜会”が開催されていて、何やらステージ上では楽しげなイベントが開催されていた。そう言えばこの三の丸広場では昨年買って食べた”千姫弁当”も販売されていたが、流石にお腹が一杯だったので当然の如く買わなかった。
 
姫路城観桜会
それはさて置き、折角なので姫路城をバックに桜の花の写真を一枚・・・。何かテレビのドラマのワンシーンで出て来そうな感じの写真になったような・・・。で、この後は姫路城には入らずに三の丸広場と西ノ丸庭園(ぼたん苑?)を散策した後、再び大手前公園に寄って、もう一つ何かを食べてから帰る事に決定!
 
夢咲鹿工房 わんだふる
で、再びやって来た”第31回ひめじぐるめらんど”の会場内を散策していると鹿肉料理を販売している『夢咲鹿工房 わんだふる』と言うブースを発見!鹿肉と言えば20年以上前に、猟で獲って来たとか言う生の鹿肉を貰って家で鍋にして食べた事があるのだが、その頃はどう調理をして良いのか判らずに父親が適当に煮込んだだけで、余り美味しいと思わなかったのだが、最近はジビエ料理として人気?があるようで、個人的にもこの手のB級グルメイベントの会場で”鹿肉入りのボルシチ”とか”さよう しかバーガー”、あるいは最近では”イタリアンのお店”や”フレンチのお店”等でも食べる事がある、今では結構お馴染みの肉だ。
 
夢咲鹿工房 わんだふる夢咲鹿工房 わんだふる
それはさて置き、こちらがこの『夢咲鹿工房 わんだふる』と言うブースで販売されていた商品で、ご覧の様に”鹿ローストハム”、”鹿汁”、”竜田揚げ”、”鹿フランクフルト”等色んな種類の物が売られている。で、見た目には”鹿ローストハム”が1番面白そうではあったが、ちょっと喉が渇いていたのと、もしも鹿肉の癖があったら嫌だったので無難な”鹿汁”を食べる事に・・・。
 
夢咲鹿工房 わんだふる鹿汁
そしてこちらが実際に買って食べた”鹿汁”で、お値段は200円也。実物を目の当たりにする前は”豚汁”っぽい物をイメージしていたのだが、雰囲気的には”けんちん汁”っぽい感じで、鹿肉をはじめ大根やニンジンやキャベツ等の野菜に加えコンニャクも入って具沢山だ。で、そのお味であるが、あっさりした野菜スープ風で普通にウマい!
 
夢咲鹿工房 わんだふる鹿汁
ちなみにこちらが”鹿汁”の中に入っていた鹿肉で、その昔に家で鍋で煮込んで食べた時は結構固かった・・・と言う印象が残っているのだが、流石にこちらはプロが調理してあるからなのか、普通に柔らかいお肉だ。ま、美味しいかどうかと聞かれると牛肉大好きな私なので若干微妙な気はしたが、ヘルシーさを求める方にはオススメなお肉なのかも知れない・・・。
 
てな事で、今年も姫路城の桜見物に行った序に”第31回ひめじぐるめらんど”で”都一の元祖平焼き”とか”鹿汁”を食べたのだが、特に最初に食べた”都一の元祖平焼き”は大きなインパクトは無かったがメチャ美味しかった。そしてこの日の翌日数年ぶりの仲間内の花見をしたのだけど、余り写真を撮って無いし特に書く事も無い・・・と思いつつ多分?後で簡単に・・・。

WordPress.com Blog.