義史のB型ワールド

2017年5月23日

JR加古川駅近くに誕生した居酒屋・一品料理のお店”もんぶ”で”かつ飯”を食べてみた!見た目はオーソドックスながら、タレの味がちょっと甘かった・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
相変わらず4月前半頃の話が続いているのだが、新しいお店の話題だけは早目に紹介しないと価値が無いような気がして来たので、今回も割と最近のお話・・・
 
GWが終わった翌週だったかに久々に加古川駅前方面へ向かっていると、以前は『元祖いか焼き いか柳』だったお店が何時の間にやら”かつめし”やら”串かつ・焼きめし”等の看板を掲げた居酒屋・一品料理のお店『もんぶ』になっていた。で、その時はお店の様子を見ただけで駅前方面へ行ったのだが、”かつめし”のお店?と言う事もあってちょっと気になったので食べに行ってみた
 
もんぶ
こちらが今回行って来たJR加古川駅近くにある『もんぶ』と言うお店で、場所はニッケパークタウンからヤマトヤシキ方面に向かう途中・・・と言うのか、15~16年程前に管理人さんや30番さんのファミリー揃って”かつめし”を食べに行った『喫茶エデン』の直ぐ近くで、先にも書いた様に以前は『元祖いか焼き いか柳』だった店舗をそのまま居抜きで誕生した様な感じで、カウンター席が8席程度だけの小さな店内もそのままだった。
 
もんぶかつ飯のボード
そしてこちらがこの時にお店の前に置いてあったボードで、それに寄るとこの日はオープンして間も無い事もあって”かつ飯”しか出来ないらしい・・・。何れにしても今回はどうせ”かつ飯”を食べようと決めていたので、迷う事無く・・・と言うのか恐る恐る入店!!!
 
もんぶかつ飯
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”かつ飯”で、別途”味噌汁”が付いてお値段は税込価格850円也。付け合せに”かつめし”定番のボイルしたキャベツの他に茹でたスパゲティが添えられているが、ご飯の量も含め全体的には若干少な目な印象だ。
 
もんぶかつ飯
そしてこちらがメインの”かつ飯”で、ビフカツの上にはたっぷりのタレがかかっているが、見た目は至ってシンプル・・・と言うのかオーソドックスな感じ。で、そのお味であるがこのタレがこってりながらメチャ甘い。見た目の色のせいや、スイーツ系には縁の薄い私なのでチョコレートの甘さ位に感じる程だ。苦みのあるタレよりも甘い系の方が好きなのだが、個人的にはちょっと甘過ぎるような味だったかな。
 
もんぶかつ飯
ちなみに”かつ飯”に乗っているビフカツの肉厚をみるとこんな感じで、これまた”かつめし”の王道の如く叩いて薄く延ばしたような厚さで、当然の如く揚げたて熱々で普通に美味しいのだが、それ以上は特にどうって事の無い極々普通のお肉であった。
 
もんぶかつ飯
そしてこちらは”かつ飯”に付いていた”味噌汁”で、こちらもパッと見た感じはメチャシンプルな感じなのだが、具の中に玉ねぎが入っていて、それが何と無く昔懐かしい素朴で家庭的な味わいがあって、こちらは結構好きな味だったかも。
 
てな事で、JR加古川駅近くにあった『元祖いか焼き いか柳』が何時の間にやら『もんぶ』に変っていたので試しに”かつ飯”を食べてみたのだが、個人的な印象としてはタレがメチャ甘かった!雰囲気的に未だお店がオープンしたばかりで、あれこれと試行錯誤しているみたいなので、もしかするとその内にタレの味も変わるかも知れない・・・。何れにしてもまたメニューが一杯揃った頃に、他の料理を食べに行ってみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.