義史のB型ワールド

2017年5月16日

またまた行った”博多一風堂”で期間限定の”コンソメ中華そば”を食べてみた!旨だし醤油、ビーフコンソメ、ローストビーフの3拍子揃ったラーメンでメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
偶に登場する期間限定のフェアメニューに釣られて年に数回は食べに行く事があるラーメンチェーンの『博多一風堂』であるが、少し前に書いた様に最近は何故か『姫路店』ではフェアメニューが登場しなかったので2年近くの間全然食べに行って無かったのだが、昨年の6月頃に久々に登場した”博多 細つけ麺”を皮切りに第二弾の”東京 太つけ麺”や、更には10月に登場した”博多淡麗中華そば”も食べに行った!偶にイメージしていた味とは違う場合もあるが基本的にはこのお店で登場する期間限定ラーメンは当り外れが少ない!そんな事もあって、その後も楽しみにしていたら冬場は定番の”味噌赤丸”だったので食べに行かず仕舞いだったのだが、3月の下旬頃から今迄食べた事の無い”コンソメ中華そば”ってのが登場したので食べに行ってみた!
 
博多一風堂/姫路店
こちらがまたまた行って来た『博多一風堂/姫路店』で、流石に書く事も無くなって来たので前回の記事からコピペすると、以前にも書いた様に個人的には16年位前に『博多一風堂』が大阪に初進出して来た時、京都大文字焼を見に行く途中で大阪に立ち寄って食べに行ったのをきっかけに、大阪梅田店、神戸元町店等が出来た際にも食べに行った事がある馴染のラーメンチェーン店だ。ちなみに大阪池田にある日清インスタントラーメン発明記念館の近くにチキンラーメンをイメージしたラーメンが食べれる?『麺翁 百福亭』(今は閉店し『博多一風堂』になっているはず)と言うお店にも行った事がある程の・・・『博多一風堂』通?かも・・・。
 
博多一風堂コンソメ中華そばのメニュー博多一風堂コンソメ中華そばのメニュー
そしてこちらが3月の下旬に登場した期間限定のラーメンで、それに寄ると”旨だし醤油 x ビーフコンソメの新感覚ハイブリッドラーメン”と言うキャッチコピーの”コンソメ中華そば”との事。しかもメニューを見ると私の大好きな”大判のローストビーフ”が2枚もトッピングされていると言う事で、今回は何時も以上に楽しみな内容だ!更にこの”コンソメ中華そば”を頼んだお客さんのみが注文出来ると言う”特製ミニローストビーフ丼”もあったので、当然の如くそちらも併せて食べる事に決定!!!
 
博多一風堂コンソメ中華そば
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”コンソメ中華そば”で、お店の商品説明に寄ると”鰹と昆布からとったダシとビーフコンソメに、福岡・糸島の「北伊醤油」の淡口醤油とポルチーニや昆布の旨みを配合したスープは、旨みが幾重にも重なり、すっきりとしながらもインパクトのある味わいです。そこに合わせるのは、主にフランスパンに使われる小麦粉を使った中細の平打ち麺。力強い小麦の風味と、もっちりとした歯ごたえが楽しめます。トッピングには、厳選したローストビーフ2枚と、味と見た目もメンマのような「エリンギメンマ」、そしてわさび菜やアーリーレッド、フライドオニオンなどの彩り野菜で、食感と見た目と風味にアクセントをつけました”との事。
 
それはさて置き、先ずは一口スープから飲んでみると上品であっさりした中に色んな複雑な味わいがあってメチャウマい!ラーメンを食べていると言うよりは、何と無くちょっとした高級レストランの前菜で出て来るスープを飲んでいるかのような気分・・・。個人的な印象としては今まで『博多一風堂』で食べた期間限定ラーメンの中では1番好きなタイプの味かも?と思う程のスープだった・・・。
 
博多一風堂コンソメ中華そばと特製ミニローストビーフ丼
そんな感動を味わいながら”コンソメ中華そば”にトッピングされている”ローストビーフ”を食べようと思ったら、少し遅れて”特製ミニローストビーフ丼”が運ばれて来て両品揃った様子がこちらで、それぞれのお値段は税込価格950円と190円なので合計金額は1140円也。最近は少食になったので、半チャンセットでもお腹が超満腹になるのだが、今回はどちらも私の大好きな”ローストビーフ”が入っていたので全然苦になる事も無く完食出来た・・・
 
博多一風堂コンソメ中華そば
そしてこちらが”コンソメ中華そば”にトッピングされていた”厳選したオーストラリア産の大判ローストビーフ”で、ご覧の通りのメチャレアなお肉で、これまた期待通りにメチャウマい!最近もあちらこちらで食べる事が多い”ローストビーフ丼”と比べても負けず劣らずの美味しさだ!ちなみにスープに長時間浸かっていると肉の中まで火が入ってしまい硬くなる・・・と案内されていたのでスープに浸からないようにレンゲで軽く浮き上がらせつつ食べたのだが、確かにみるみる間に肉の中に火が通って行くような感じだった。
 
博多一風堂コンソメ中華そば
ちなみに”コンソメ中華そば”の麺はこんな感じで、このお店の期間限定ラーメンでは昨年食べた2種類の”つけ麺”を始めとして、毎回色んな種類の麺が味わえるのだが、今回は”主にパンに使用される強力粉(ドヌール)を使用した、中細平打ち麺。力強い小麦の風味と、もっちりとした歯ごたえが楽しめる”との事。流石に今回はスープと”ローストビーフ”の影に隠れて印象は薄かったが、こちらも中々美味しい麺だった!
 
博多一風堂特製ミニローストビーフ丼
そしてこちらが”コンソメ中華そば”を食べた人だけが頼めると言う”特製ミニローストビーフ丼”で、またまた商品説明に寄ると”熱々のごはんにローストビーフの切り落としをのせ、西洋わさびを添えた「ミニローストビーフ丼」。余ったスープをかければ豪華なローストビーフ茶漬けの出来上がり”との事。流石にミニサイズと言う事もあって、想像していた通りにダイナミックさは無いが中々ウマそうだ
 
博多一風堂特製ミニローストビーフ丼
ちなみに、上で紹介した写真では判り辛いが、海苔の下からご覧の通り大きさは小さ目だがそこそこ肉厚がある”ローストビーフ”が2~3切れ程入っていて、肉巻きおにぎり風に”ローストビーフ”でごはんを包んで食べるとこれまたウマいセットで頼んで大正解だった!と思わず納得した瞬間であった!
 
博多一風堂特製ミニローストビーフ丼
それはさて置き、先ずは”特製ミニローストビーフ丼”をシンプルに味わった後は、メニューに書いてあった通りにラーメンのスープを入れてお茶漬け風にして食べると、これまた超ウマい!数年前に東加古川のカジュアルフレンチのお店(残念ながら昨年末に閉店)でも”ローストビーフ丼”にスープをかけて食べた事があるが、今回は更にスープとマッチしているのかその時以上の美味しさが有った気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った『博多一風堂』で、今回は”コンソメ中華そば”を食べてみたのだが、”旨だし醤油、ビーフコンソメ、ローストビーフ”の3拍子が揃った正にキャッチコピー通りの新感覚ハイブリッドラーメンでメチャ美味しかった!最初にも書いた様にこのお店の期間限定ラーメンは私の期待を裏切らない・・・。そんな事もあって次回も楽しみに心待ちしているのだが、逆に最近はお店の看板商品である”博多ラーメン白丸元味”を食べて無い気がするので、久々にそちらも食べてみようかな?と思うのであった!
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。