義史のB型ワールド

2017年5月13日

姫路山陽百貨店の”うまいもの大会”で鹿児島ラーメンを食べた後、お土産で”和風ローストチキンまるっぽ鶏”を買ってみた!私好みの骨付鳥でメチャウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:28 PM
 
代理人記録
 
姫路山陽百貨店で開催されていた日本列島絶品うまいもの大会に来て『鹿児島 五郎家』の特設茶屋で”おなじみラーメン”を食べた後、折角なので会場内を散策しながら何か美味しい物は無いかと物色していると、何と無く私の大好きな”骨付鳥”に似た様な”和風ローストチキン”を販売しているブースを発見!当然の如く?この日も山電と山陽百貨店がコラボしたお得な買物切符を利用して来ていたので、商品券が未だ残っている事もありその”和風ローストチキン”を買って帰る事にした。
 
和風ローストチキンまるっぽ鶏ちきん館
こちらが日本列島絶品うまいもの大会の会場の一角にあった”和風ローストチキン まるっぽ鶏”の垂れ幕が掛かった『ちきん館』と言うお店で、高知県四万十市にある”創業50年 鶏と共に歩んだ伝統の味を食卓に”をコンセプトにしたお店らしい・・・。そう言えば四万十市と言えば若かりし頃に原チャリに乗って四国一周の旅をした時、足摺岬へ行く途中で通過はした(あるいは海岸線が崖っぽくて山道に入った時?)事はあるが、当時はバイクで走るだけでこれと言ったご当地グルメは食べた記憶が無い・・・。今思うとちょっと勿体無い話だ・・・。
 
和風ローストチキンまるっぽ鶏和風ローストチキンまるっぽ鶏
それはさて置き、こちらがこのブースで販売されていた商品で、大きく分けると”和風ローストチキン まるっぽ鶏”と”四万十骨付もも焼”の2種類のみだ。で、右側にある”四万十骨付もも焼”が、私の大好きな”丸亀名物骨付鶏”にそっくりだったので、何と無くそちらの方が食べてみたい気がしたのだが、垂れ幕にもあるようにこのお店は”和風ローストチキン まるっぽ鶏”が自慢の様なので、先ずはその味を確かめるべく”和風ローストチキン まるっぽ鶏”のハーフサイズを買って帰る事に決定!!!
 
和風ローストチキンまるっぽ鶏
で、こちらが実際に買って来た”和風ローストチキン まるっぽ鶏”のハーフで、お値段は税込価格1053円也。パッと見た印象はローストチキンでは無いが、以前に食べた”小樽なると屋の若鶏半身揚げ”や”小樽食堂の若鶏半身揚げ”に何と無く似ている・・・。ちなみにお店の商品説明に寄ると”ローストチキンのおいしさは、肉質とタレで決まります。日本最後の清流四万十川のふる里で育った風味豊かな若鶏と、四万十川伏流水仕込みで作られた調味料を用いて丹精込めて作りました。肉質はやわらかく、お子様からご年配の方までお楽しみ頂けるように仕上がっています”との事。
 
和風ローストチキンまるっぽ鶏
そしてこちらがお店の公式サイトに載っている食べ方の図解を見ながらさばいた”和風ローストチキン まるっぽ鶏”で、見た目は若干美しく無いが、レンジでチンした効果もあってか鶏肉はジューシーだしタレも私好みの味でメチャウマい!流石にむねやササミの白身部分は若干のパサパサ感はあったが、全体的にはメチャ美味しいローストチキンだった!
 
てな事で、姫路山陽百貨店で開催されていた日本列島絶品うまいもの大会の会場で『ちきん館』の”和風ローストチキン まるっぽ鶏”を買って帰って食べたのだが、期待通りにメチャ美味しかった!で、公式サイトを見るとこの”和風ローストチキン まるっぽ鶏”は通販もやっていて今回は食べなかった”四万十骨付もも焼”も買えるみたいなので、今年の夏のそうめん流しの時にでもお取り寄せして持って行こうか?と思案中・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。