義史のB型ワールド

2017年4月30日

私用で大阪に行ったので久々に北新地まで行って”割烹焼肉 松永牧場”で”ビフカツ定食”を食べてみた!デミグラスソースの味がちょっと好みと違ったかな。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
数年前までは仕事の関係もあって年に何回か大阪方面へ行く事があったのだが、最近は滅多にそう言う機会が無い。が、この日は個人的な用事で久々に大阪へ行く事になった。で、最近大阪へ行くと阪急うめだ百貨店のイベント会場レストラン街に行ったり、あるいは大阪駅ビルのルクアにあるレストラン街に行ったりしていたのだが、この日は私用なので時間の調整は何とでもなる。そんな事もあって久々に北新地まで行ってお得なランチを食べてみる事にした。
 
割烹焼肉 松永牧場/北新地店
で、大阪へ向かう途中の電車内で何時もの如く肉系のお店&ラーメン屋さんをググっていたら何やら楽しげなネーミングの『割烹焼肉 松永牧場』と言うお店を発見!!!冠通りお店的には焼肉がメインっぽいがランチメニューを見ると北新地にしては割とお手軽なメニューが並んでいたので、物は試しと行ってみたのがこちらのビルで、場所は北新地から更に淀屋橋方面の、丁度1年位前に豪華な串カツを食べた『串かつ 凡』から更に南に行った辺りだ。
 
割烹焼肉 松永牧場/北新地店割烹焼肉 松永牧場/北新地店
それはさて置き、こちらがそのナカニシビルの3Fにある”~島根県益田市種村町直送、松永黒牛~”がご自慢の『割烹焼肉 松永牧場/北新地店』と言うお店で、エレベーターを降りると真正面にはこの様な牛肉の販売コーナー?とか、あるいはエレベータの横には”牛の顔をした達摩”も置いてあって中々雰囲気は本格的。ちなみに店内は土足厳禁で更に全て個室?になっているのでメチャゆったりと食事が楽しめたのだが、その半面室内が薄暗くて写メるには若干光量が足り無いと感じる程であった・・・。
 
割烹焼肉 松永牧場/北新地店ランチメニュー割烹焼肉 松永牧場/北新地店ランチメニュー
そしてこちらがこのお店のランチメニューで、お店の案内に”松永和牛を1頭買いして上質な肉を希少部位まであますことなく提供し、破格値を実現するというスタイルでお客様に好評を博しています。ランチはとてもお得です♪”と書いてあった通り、北新地にあるお店の割りには中々リーズナブルな価格設定だ。てか、最初に書いた様に北新地は高級なイメージが強いが、ランチタイムは結構この様な低価格のランチを提供するお店が多いのも事実だ。で、何を食べようかと思案した結果、相も変わらずあちらこちらで食べている”ビフカツ定食”を食べる事に決定!!!
 
割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”松永ビフカツ定食”で、メインの”ビフカツ”の他に味噌汁・香の物・小鉢・サラダ等が付いてお値段は税込価格1050円也。ちなみに御飯と味噌汁はおかわり自由となっていたので、おかわりしようかと思っていたら店内がメチャ混み出した雰囲気(個室なので様子は見えないが周辺の声は良く聞こえる・・・てか隣の部屋の会話は丸聞こえだし・・・)だったので、呼び出しボタンを押すタイミングを失ってしまった・・・。
 
割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食
そしてこちらが”松永ビフカツ定食”のメインである”ビフカツ”で、メニューの説明に寄ると”松永牛モモ120g使用”との事。で、ご覧の様にたっぷりのデミグラスソースがかかっていてメチャ美味そうなのだが、このソースが若干酸味のあるタイプで私の好みの味とは少し違う・・・。明らかに昨年の夏にこの界隈に来た時に堂島地下街で食べた『牛カツ専門店 京都勝牛』の方が美味しい・・・と言うか、あちらのお店に行った方が良かったかな・・・と若干後悔したのだが・・・。
 
割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食
ちなみに”ビフカツ”のお肉の断面はこんな感じのレアな揚げ具合で見た目はそこそこ旨そうだったのだが、これまた期待していた程の肉の柔らかさが無い・・・。最近他のお店で食べた”ビフカツ”がヘレ肉を使った物が多かった事もそう感じた要因の一つかも知れないが、洋食屋さんなら兎も角、牧場直営の肉料理専門店なのでもうちょっと頑張って欲しかったかな
 
割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食
そしてこちらは”松永ビフカツ定食”に付いていた小鉢で、先に書いた様に室内が薄暗いので最初見た時は何か全く判らなかったのだが、実際に食べてみると”牛モツのカレー煮込み”っぽい感じの物で、そのまま食べたりあるいはライスの上に乗せて食べるとカレーライス風にもなってメチャウマい!メインの”ビフカツ”のソースよりも、こちらの美味しさの方が印象に残った様な・・・。
 
割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食割烹焼肉松永牧場松永ビフカツ定食
それともう一つ、こちらも”松永ビフカツ定食”に付いていた味噌汁だが、実際に食べてみると具に”しじみ”が入っていて何と無く”しじみ汁”風でこちらも中々ウマい!それに健康にも良さそうだったので、おかわりをしたかったのだが先にも書いた様にお店が混んで来たので諦めたのだった・・・。
 
てな事で、この日は私用で大阪へ行ったので久々に北新地まで足を延ばして『割烹焼肉 松永牧場』と言うお店で”松永ビフカツ定食”を食べてみたのだが、期待が高過ぎた事もあってか少し物足りない味だったかな。そう言えば”北新地でビフカツ”と言えば、10年位前に行った『割烹 はな矢』がメチャウマかったのだが、この時も周辺を散策しながらお店を探してみたが見つからなかった・・・。ま、見つかったとしても今はランチはやって無いはずではあるが・・・。

久々に姫路手柄山中央公園に行ったので昔懐かしい姫路モノレールの展示館へ行ってみた!正に昭和感満載!

Filed under: 観光 — 代理人 @ 8:14 PM
 
代理人記録
 
昨日の記事をアップした後、やっぱ何か一つ”昭和の日”に因んだ話を書いて置きたいと思ってネタを探していたら、ちょっと前に姫路手柄山中央公園へ行って、正に昔懐かしい昭和の香りが漂う姫路モノレールやら、当時開催されて私も父に連れられて観に行った記憶がある姫路大博覧会のジオラマの事が頭に浮かんで来たので、写真を用意して記事を書き始めたら睡魔に襲われて寝てしまったので、”昭和の日”に1日遅れで御紹介・・・。
 
姫路手柄山中央公園
こちらが久々に行って来た姫路手柄山中央公園で、この周辺は月に一回は車で通っているのだが、手柄山を目的にしてやって来たと言えば彼是と20年近く前の夏に、管理人さんファミリーや30番さんファミリーらと一緒に同じ敷地内にあった姫路市民プールに来た時以来だ。で、暫くの間公園内を散策した後、久々に手柄山中央公園へ来たので昔懐かしい姫路モノレールが展示されている手柄山交流ステーションに行ってみる事に。
 
姫路手柄山中央公園
で、手柄山交流ステーションの館内に入って行くと先ず目に留まったのがこちらの姫路大博覧会のジオラマで、個人的にも幼き頃に父に連れられて行った事がある思い出深い博覧会で、確か私が生でプロレスを見たのもこの時が最初だった様な気がするのだが、余りにも幼かったので記憶は定かでは無い。ちなみに、今では姫路花火大会も安全性を考慮して姫路港で開催されているが、当時はこの手柄山で花火が行われていて、これまた土日は何時でも超満員だった山陽電車に揺られて花火も観に行ったものだった。
 
姫路手柄山中央公園
そしてこちらが手柄山交流ステーションの館内に展示されている姫路モノレールの車両で、イミテーションでは無く当時実際に運行されていた車両そのままらしいのだが、その割りにはメチャ綺麗な姿で残っている(てか、このフロア全体が当時の姫路モノレールの手柄駅だったかな?)。で、当然私もこの車両に乗った?はずなので、何十年かぶりに乗り込んでみたが、流石に当時の記憶もあいまいだし、中々父がこのモノレールに乗せてくれなかった(確か、山陽電車に乗った方が早いし安い?と言う理由だったような・・・)ので、車内に入っても大した感慨は無かったかな。
 
姫路手柄山中央公園
そしてこの展示フロアの一番奥には当時のモノレールを再現したジオラマがあって、鉄道模型の如くボタンを押すとモノレールが姫路駅と手柄駅を行ったり来たりして、これを見ているだけで数時間は過ごせる?みたいな・・・。
 
姫路手柄山中央公園
ちなみにこちらがその中にあった、残念ながら遂最近に解体されてしまった大将軍駅で、偶に大阪の阪神高速道路がビルの中を走っている・・・と言う事が話題になるが、その元祖?とも言えるのが、この大将軍駅ではなかろうか・・・。流石に私がこの駅で乗車も下車もした事は無いと思うが、モノレールに乗った時は何と無くトンネルに入ったかの様な雰囲気があって楽しかった?ような気がした記憶があるが・・・、覚えて無いと言った方が正しいかも・・・。
 
てな事で、少し前に久々に姫路手柄山中央公園へ行って、正に昭和の姫路を代表するような姫路モノレールを観て来たのだが、流石に記憶は断片的ながらメチャ懐かしい思いは込み上げて来た。とは言え、この姫路手柄山の一番の思い出はと言うと、高校の将棋同好会で何故か毎年夏になるとやって来た姫路市民プールで、水中サッカー?をしていた事かも知れない・・・。

WordPress.com Blog.