義史のB型ワールド

2017年4月11日

リニューアルしたニッケパークタウンに後からオープンした”とんかつ かつ喜”で”かつ丼ランチ”を食べてみた!やっぱ私には毎度お馴染みの”かつや”の方が好きかも・・・。

Filed under: — 代理人 @ 10:28 PM
 
代理人記録
 
とある2月中旬頃の某日、この日は朝一番からご主人様が某所で作業・・・。何時になるか断言は出来ないが昼前後には終わるだろうと言う話だったので、それを待って少し遅めのランチを御一緒する事になった。で、この日向かった先は、最近良く利用している加古川ニッケパークタウンのレストラン街の一角に年末頃に誕生した『とんかつ かつ喜』と言うお店で、以前も一度入ろうとした事はあったが、その時は向い側にある『ごはん de カフェ』の方へ行ってしまったので次に来た時はこちらのお店に行こうと思っていたのだった。
 
とんかつ かつ喜/加古川店
こちらが今回行って来た加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の一角に年末頃にオープンした『とんかつ かつ喜/加古川店』で、以前にもチラッと書いたがこのお店は隣に同時オープンした『釆なりうどん きらく』と同じ会社が経営している姉妹店の様だ。で、入口真正面から見た時は正面奥しか見えなかったので割と狭いお店かと思いきや、入って右手へ進むと広々としたテーブル席が何卓もあって結構広い店内だった。
 
とんかつかつ喜お昼のサービスランチメニュー
それはさて置きこちらがこのお店の前に置いてあった”お昼のサービスランチ”のメニューで、今回が初訪問なので素直に”ロースかつ定食”でも食べようかとか、あるいは”日替わりランチ”でもエエかとか色々思案したのだが、最近もあちらこちらのお店で”カツ丼”を食べているので、それらと味比べ&食べ比べをしてみたくなったので”かつ丼ランチ”を食べる事に決定!!!
 
とんかつかつ喜かつ丼ランチ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”かつ丼ランチ”で、別途お替り自由の”キャベツ”と”しじみ汁”が付いて、お値段は税込価格950円也。日頃『かつや』を愛用している私に取っては、お替り自由の”キャベツ”や”しじみ汁”が付いているとは言え中々エエお値段だ。私的には”キャベツ”は要らないから値段を少し下げてくれた方が嬉しい気はしたが・・・。
 
とんかつかつ喜かつ丼ランチ
そしてこちらが”かつ丼ランチ”のメインである”かつ丼”で、丼鉢が大きい事もあって何と無くボリュームが少な目に見えたのだが、実際は結構ご飯は詰まっていて他のお店と比べても何ら遜色の無い量はあった。で、そのお味であるが玉子の半熟加減は申し分無く、”ロースかつ”にもしっかりとお出汁が浸み込んでいて普通に美味しいのだが、少しショッパイと言うのか甘さ控え目な感じで全体的な印象としては食べ慣れた”かつやのカツ丼”の方が好きな味かも・・・。
 
とんかつかつ喜かつ丼ランチ
ちなみに”かつ丼”の命とも言える”ロースかつ”を見てみるとこんな感じで、これまた慣れ親しんだ”かつやのロースカツ”や、最近店舗拡大中の”とんかつ松乃家のロースかつ”と比べると、大きさは兎も角として肉厚は薄い印象だった。
 
とんかつかつ喜かつ丼ランチ
そしてこちらは”かつ丼ランチ”に付いていた”しじみ汁”で、とんかつ屋さんの”しじみ汁”と言えば『とんかつ 和幸』や『とんかつ いなば和幸』等でもお馴染みだが、それらと比べると”しじみ”のボリュームが少ない・・・、あるいは”すき家のしじみ汁”と比べても少ない様な印象・・・。それに肝心のお出汁も期待した程の味では無かったので、今回は珍しくお替りをしなかった・・・。そう言った点では年末に明石駅前で食べた”伝助穴子W丼”に付いていた”貝汁”はメチャウマかったなあ・・・と、あらためて思った・・・。
 
とんかつかつ喜かつ丼ランチとんかつかつ喜かつ丼ランチ
それともう一つ、こちらも”かつ丼ランチ”に付いていた”千切りキャベツ盛り”で、テーブルの上に2種類のドレッシングが用意されていたので、試しにそれぞれを少しずつかけて食べてみたが、こちらも至って普通の味だったかな。
 
とんかつかつ喜海老ヒレカツランチ
ちなみにこちらはご主人様が食べた”海老ヒレかつランチ”で、これを見てご主人様が発した一言は”何かちょっと少ない・・・”みたいなお言葉・・・。雰囲気的に私が以前に『とんかつ いなば和幸』で食べた”日替わりランチ”と似た様な内容なのだが、それと比べると”海老フライ”が細身と言う事もあってか、何と無く迫力に欠ける様な・・・。てか、メニューの写真と比べても・・・と言う話にもなったのだが・・・。
 
てな事で、この日は昨年の秋頃にリニューアルした加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の中に少し遅れて年末にオープンした『とんかつ かつ喜』に行ってみたのだが、雰囲気的には加古川駅にある『とんかつ 和幸』とか姫路山陽百貨店にある『とんかつ いなば和幸』のライバルチェーンと言う印象であるが、何と無く負けている・・・と言うのか、私には『かつや』や『とんかつ 松のや』と比べても・・・。

以前に日本列島絶品うまいもの大会で食べた鹿児島ラーメン”五郎家”が監修した”五郎家しょうゆ豚骨味カップめん”が売られていたので買ってみた!キャベツ入りで中々楽しい!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:56 PM
 
代理人記録
 
姫路山陽百貨店で明日から開催される”日本列島絶品うまいもの大会”のチラシを見ていたら、その中に『鹿児島ラーメン 五郎家』の特設茶屋を発見!『五郎家』と言えば丁度一年前に開催された”日本列島絶品うまいもの大会”の時にも出店していたので食べた事があるのだが、九州系の豚骨スープとは全然違うかったし具にキャベツが入っていたりで中々美味しいラーメンだった。そんな事もあって今回も食べに行こうと思っているのだが、そう言えば年末だったか年始だったかにコンビニで『五郎家』が監修したカップ麺を食べた事があったので、遅まきながらご紹介!
 
五郎家監修渡辺製麺五郎家しょうゆ豚骨味カップめん
こちらが少し前にコンビニで買って食べた”五郎家監修 渡辺製麺 五郎家 しょうゆ豚骨味 カップめん”で、商品案内に寄ると”一般的な監修商品は「店の味に近づける」というものが多いなか、本商品は「店の味をベース」にコンビニ向け商品として、「五郎家」の特徴である「豚骨に鶏ガラなどをあわせた深みある旨味のしょうゆ豚骨ラーメン」という個性を最大限に活かした商品”との事。
 
五郎家監修渡辺製麺五郎家しょうゆ豚骨味カップめん
そしてこちらが”五郎家監修 渡辺製麺 五郎家 しょうゆ豚骨味 カップめん”の中身で、以前にもチラッと書いたがこのカップ麺の最大の特徴でもある氷結乾燥ノンフライ麺と言えば、当ブログでも散々紹介した事がある十勝新津製麺の専売特許?だったのだが、その会社が倒産した後に渡辺製麺が買い取って?存続しているようだ。ちなみに商品の詳しい内容を紹介すると
麺 :氷結乾燥したノンフライ麺【特許出願中】は生めんに近いもちもち感が楽しめます。
● スープ:しょうゆベースに豚骨、チキンエキス、赤みそなどを合わせた深みのあるしょうゆ豚骨味のスープです。​にんにくの効いた調味油が更に旨味を増します。
● 具 :叉焼、キャベツ、ネギ、揚げネギ が入っています。
との事。
 
五郎家監修渡辺製麺五郎家しょうゆ豚骨味カップめん
で、お湯を注いで4分程経って完成した”五郎家監修 渡辺製麺 五郎家 しょうゆ豚骨味 カップめん”はこんな感じで、流石に姫路山陽百貨店の特設茶屋で食べた本物の”五郎家の鹿児島ラーメン”とは全く異なるビジュアルだが、意外とさっぱりしたスープで中々美味しいカップ麺だった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.