義史のB型ワールド

2017年4月5日

毎度お馴染みの”吉野家”で新メニューの”豚スタミナ丼”を食べてみた!”伝説のすた丼屋”みたいなこってりかと思っていたら、意外とさっぱり風味だった様な・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに割引券が付いているのと、以前入れたスマホのアプリ”TAMECCO”に釣られて、最近は月に1回以上は食べに行っている牛丼チェーンの『吉野家』であるが、流石にカツ丼ととんかつチェーンの『かつや』の様に毎月新しいメニューが登場する事も無かったので、此処何回かは”スパイシーカレー豚丼”とか”四川麻婆豚丼”等の”豚丼アレンジメニュー”を食べる事が多かったのだが、そんな中、今まで有りそうで無かった?”豚スタミナ丼”が登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この日は日曜日の正午半近くと言う時間帯と言う事もあって、店内は入れ替わり立ち代わりで大賑わい!更にお店の前のドライブスルーにも次々と車が列を続ける程・・・。TVや新聞のニュースを見ていると、『吉野家』は売上で苦戦・・・とか話題に上がる事があるが、このお店の活況を見ているとそんな片鱗は微塵も無い・・・
 
吉野家豚スタミナ丼のメニュー
そしてこちらが『吉野家』から新登場した”豚スタミナ丼”のメニューで、ご覧の様に”にんにく増しサービス”何てのもあるし、見た目も何と無くであるが『伝説のすた丼屋』の”すた丼”に似ている様な気がする・・・。それはさて置き、先にも書いた様に最近は『吉野家』に来ても定番の”吉牛”では無く”アレンジ豚丼”を食べる事が多いので、今回も迷う事無くこちらを注文!!!
 
吉野家豚スタミナ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”豚スタミナ丼”で、お値段は通常税込価格450円の処、今回はスマホアプリのTAMECCOに届いた50円引券利用で400円也。メニューの写真を見ててっきり玉子はトッピングされた状態で出て来るものだと思っていたら、ご覧の通り”豚スタミナ丼”と生卵は別々での提供だ。以前に『すき家』で食べた”お好み牛玉丼”と同じ様な黄身と白身を分けるスプーンが付いているので、それはそれで良かった。
 
吉野家豚スタミナ丼
それはさて置きこちらがメインの”豚スタミナ丼”で、パッと見た感じは”復活した豚丼”にゴマを振りかけただけの様だが、どうやらタレが”にんにく風味”になっている様だ。ちなみに商品説明に寄ると”定番の「豚丼」を’にんにく’を利かせた特製タレで和えました。甘辛いタレとにんにくの風味、玉子のまろやかさは、食も進み、まさにスタミナをつけるのにぴったりです”との事らしい。
 
吉野家豚スタミナ丼
で、個人的には”玉子かけご飯”を食べる時にも黄身だけをトッピングする派なので、今回も黄身だけトッピングした後の”豚スタミナ丼”がこちらで、こうやって見るとメニューに写っていた写真も同じく黄身だけをトッピングしただけなんだろう・・・。それはさて置き、肝心の味はと言うと確かに”にんにく風味”はするのだが、意外と控え目なマイルドな感じでイメージしていた”伝説のすた丼”程の豪快さは全く無い・・・。それに並盛と言う事もあってボリューム感も大した事は無かったかな。
 
吉野家豚スタミナ丼
ちなみに”豚スタミナ丼”を食べつつトッピングの黄身を潰して混ぜて食べると、更に味がマイルドになって、これまた以前食べた”豚半熟玉子丼”に限りなく似た様な雰囲気になって来たが、これはこれで中々美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』で新メニューの”豚スタミナ丼”を食べてみたのだが、イメージしていた”伝説のすた丼”程の豪快さは感じ無かった。雰囲気的には少し前に『ラーメン 丸十』で食べた”スタミナ丼”の方が美味しかった気もするし・・・。最期に・・・以前にも書いた様にTAMECCOを使う客は世の中に少ないからか、この日も帰り際のレジで店員さんが処理に困って、店内が混んでいる中で他の店員さんを呼んで会計をしたので精算するだけで5分近く待たされた・・・。更に普段はGPSをOFFにしているので、入店してからGPSをONにしたら電波掴まずでこの日はTAMECCOのポイントが貰えなかった・・・。やっぱTAMECCOは失敗だよなあ・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。