義史のB型ワールド

2017年3月31日

高砂銀座商店街にある”高砂や”の中にオープンした”茶そば・穴子 そらまめ”で”穴子重”を食べてみた!ふっくらとした焼穴子がたっぷり乗って中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:05 PM
 
代理人記録
 
最近ちょっとした用事もあって某先輩と食事に行く事が多い。で、この日も朝一でちょっとした打合せをした後、例に寄ってランチを食べに行く事になったのだが、この時は若干時間が早くて未だ開店して無いお店が多い時間帯・・・。そんな事もあって、割と早い時間からオープンしている昨年12月頃に高砂銀座商店街の中にオープンしたばかりの『茶そば・穴子 そらまめ』に行ってみる事にした。
 
茶そば・穴子そらまめ
こちらがまたまた行って来た高砂銀座商店街の一角にある『茶そば・穴子 そらまめ』で、数年前に古民家再生プロジェクトの一環?で”高砂染発祥の地と言われる尾崎邸”を改装した旧家の中にある。ちなみにお店がある場所は、今や全国的にも問題となっているシャッター商店街の一つである高砂銀座商店街の中の真ん中から少し東へ行った辺りにある。それはさて置き、入店時は予想通り空いていたのだが、間も無くして予約の団体客等がやって来て一気に満席になってしまった・・・。
 
茶そば・穴子そらまめのメニュー茶そば・穴子そらまめのメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった『茶そば・穴子 そらまめ』のメニューで、昼間はお店の看板商品である”穴子や茶そば”がメインで、夜はそれらに加え造りや鯛のあら炊き、それに一人鍋等の一品料理も出来るちょっとした居酒屋さんっぽいメニュー内容になっている。で、お店のお姉さんは”穴子せいろ蒸し”が一押しだったのだが、今回は他のお店との食べ比べの意味も兼ねて”穴子重”を食べる事に決定!!!
 
茶そば・穴子そらまめ穴子重
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”穴子重”で、別途”茶そば”と”香の物”が付いてお値段は2000円也。メニューには別途”穴子丼”があったので、きっと”穴子重”の方は”鰻重”の様に、あるいは以前に『そば切り稲美』で食べた”あなご重”の様に”焼穴子”が丸々乗っていると想像していたのだが、ご覧の通り他のお店でもある様な一切れずつカットした焼穴子トッピングタイプだった。
 
茶そば・穴子そらまめ穴子重
そしてこちらがメインの”穴子重”で、ご覧の通り少し細身ではあるが、ふっくらした柔らかい身で、タレも穴子の風味を生かすあっさり風味で中々ウマい!このお店の直ぐ目と鼻の先に、高砂で超有名な『焼き穴子専門店 下村商店』があるが、それとはまた違った味わいがあって、流石にお店の看板商品と名乗るだけの美味しさだ
 
茶そば・穴子そらまめ穴子重
ちなみに店内の照明の関係で”穴子重”の色合が思った様に撮れなかったのだが、偶々”焼穴子”を並べて写メった1枚が実際に見た印象に近い気がしたので、折角なので御紹介・・・。で、ご覧の通り”焼穴子”自体も2~3匹分ぐらいは入っていたようで、結構ボリューム感もあったかな
 
茶そば・穴子そらまめ穴子重茶そば・穴子そらまめ穴子重
そしてこちらは”穴子重”に付いていた”茶そば”と”香の物”で、”茶そば”の方は前回訪問した時にフルサイズ版を食べたが、今回はご覧の通りのお椀入りのミニサイズ版だ。で、麺は当然の如く抹茶入り?の緑色をした麺で、出汁もあっさりした上品な味わいがあって、こちらも中々ウマい!余り世間で見かけた事が無いが、”穴子天入りの茶そば”なんてのもメニューで出したら面白いのでは?と言う気もする・・・。
 
てな事で、またまた行った『茶そば・穴子 そらまめ』で今回はお店の看板商品の穴子を使った”穴子重”を食べてみたのだが、ご覧の通り見た目はシンプルな内容ながら期待通りに中々美味しかった!そんな事もあって、次回はお店の方オススメの”穴子せいろ蒸し”の方も食べに行ってみたいと思う・・・。それにしても先に書いた様に完全にシャッター商店街になってしまった高砂銀座商店街ではあるが、このお店や『浜名湖鰻 うな髙』等もあって、中々楽しいエリアになって来た。こんな感じでどんどんとお店が増えて行って欲しいものだ。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。