義史のB型ワールド

2017年3月28日

毎度お馴染みの”スシロー”の”黒うま祭”で”新味!ぶりブラックラーメン”とか”国産黒毛和牛ロッシーニ風”等を食べてみた!フォアグラのテリーヌがメチャウマい!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
最近は寿司を食べると言うよりかラーメン目的で食べに行く事の方が多い回転寿司チェーンであるが、その中でも『スシロー』と『はま寿司』は定期的に新商品のラーメンが登場するので、それに釣られて毎回食べに行っていて、特に『スシロー』の方は3年位前に”出汁入り鶏がら醤油味のスシローのラーメン”が初登場して以来全種類を制覇して来た。が、この冬に”新味!濃厚かに味噌ラーメン”に続いて登場した”濃厚のどぐろ白湯ラーメン”を食べに行ったら、何と時既に遅しで販売が終了していた。そしてその次に私の好きな”ブラックラーメン”に似た”新味!ぶりブラックラーメン”とやらが登場したので、今度は食べ逃さないように早い段階に食べに行ってみた。
 
あきんどスシロー/加古川野口店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーン店の『あきんど スシロー/加古川野口店』で、前回”濃厚のどぐろ白湯ラーメン”を食べに行ったのは『高砂店』だったのだが、雰囲気的にこちらの方がカウンター席も多いし店内も明るいので、どちらかと言うと最近はこの『加古川野口店』方へ来る事が多い・・・。ちなみに、場所的な事もあるのか、このお店は正午前には必ずと行って良いぐらい満席になる人気店だ・・・。
 
スシロー黒うま祭フェアメニュースシロー三重尾鷲のトロぶりフェアメニュー
そしてこちらがこの時に『スシロー』で開催されていた”黒うま祭”と”三重尾鷲のトロぶり”のフェアメニューで、先にも書いた様にこの日の訪問目的は”新味!ぶりブラックラーメン”を食べる事にあるのだが、それ以上に関心を持ったのが、これまた私の大好きなフォアグラ”を使った”国産黒毛和牛ロッシーニ風”!偶に他の回転寿司チェーンで”フォアグラの寿司”は食べた事があるが、今回は”黒毛和牛”の上に乗っているらしい・・・。って事で、この”黒うま祭”メニューの中から適当に何品か注文!!!
 
スシロー国産黒毛和牛ロッシーニ風
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”国産黒毛和牛ロッシーニ風”で、お値段は税抜価格280円也。ご覧の通り”国産黒毛和牛”の上に乗っている昔懐かしい給食のマーガリンの様な形をした物が”フォアグラのテリーヌ”だ。ちなみに商品説明に寄ると”国産黒毛和牛の切り身にフォアグラのテリーヌを乗せ、トリュフ風味のソースをかけた1品”との事。そしてそのお味であるが、肉も柔らかくそれに”フォアグラのテリーヌ”の旨味が合わさってメチャウマい!これまた”牛肉の握り寿司”もあちらこちらのお店で食べているのだが、それらと比べても決してひけを取らない美味しさだ
 
スシロー黒うま祭うな肝黒軍艦
そしてその次に運ばれて来たのが、こちらも”黒うま祭”のメニューの中にあった“うな肝黒軍艦”で、お値段は税抜価格100円也。商品説明に寄ると”うなぎの肝を特製のたれと絡め、酢飯と合うように工夫が凝らしてある”との事。流石に”たかさご万灯祭”の日に買って食べた焼き立て熱々の”浜名湖鰻の肝焼き串”や、夏頃に鰻料理屋さんで食べた”きも煮”程の旨さは無いが、それでも結構ウマい!雰囲気的にはライバルチェーンの『くら寿司』で食べた”うな肝”よりも美味しいかったかも・・・。
 
スシロー黒うま祭ほたるいか黒づくり
そしてこちらは”黒うま祭”のメニューを代表するかの様な正に真っ黒な”ほたるいか黒づくり”で、お値段は税抜価格100円也。商品説明に寄ると”富山の郷土料理「黒作り」をイメージした新作すし。濃厚なイカ墨のコクと、生のほたるいかならではのとろっと食感が楽しめる逸品”との事。個人的には”ほたるいか”も”イカ墨”も好きなので、ちょっと楽しみにしていたのだが、見た目もさる事ながら何と無く少しクセのある味だった・・・。
 
スシロー黒うま祭新味!ぶりブラックラーメン
そしていよいよ運ばれて来たのが、本日の訪問目的の一つでもあるこちらの“新味!ぶりブラックラーメンで、お値段は税抜価格280円也。ご覧の様にスープ自体も黒いがその上に海苔も沢山トッピングされていて、正に真っ黒なラーメンだ。ちなみに商品説明に寄ると”ぶりのアラを炊き出したすし屋ならではのスープに、鶏ガラと豚骨スープをプラスした深い味わいが自慢のラーメン!風味豊かな海苔の香りが、ふわっと広がります”との事で、”脂身たっぷりの尾鷲産養殖ぶりと揚げネギ、焼きのり、刻みネギ”等の具がトッピングされている。
 
スシロー黒うま祭新味!ぶりブラックラーメン
そしてこちらが”新味!ぶりブラックラーメン”にトッピングされていた”ぶりの切り身”で、個人的には魚は苦手だが、鰤は毎年正月に食べていた事もあって普通に食べれる(てか、何だかんだ言いつつも”生鯖”以外は結構食べている気もする・・・)のだが、何と無くそんな懐かしさもあって中々ウマい!そう言えば何で”ぶり”で”ブラックラーメン”なのかは定かでは無いが、スープ自体も思った程の魚っぽさも無く全体的に中々美味しいブラックラーメン”だった!
 
スシロー黒うま祭新味!ぶりブラックラーメン
ちなみに”新味!ぶりブラックラーメン”の麺はこんな感じの若干平打ちっぽい中太ちぢれ麺で、雰囲気的には以前食べた”新味!濃厚かに味噌ラーメン”の時と同じような麺で、最近はこの味にも馴染んで来たからか普通に美味しい麺であった!
 
スシロー黒うま祭ジャンボブラックタイガー
それはさて置き、”新味!ぶりブラックラーメン”を食べ終えて暫くしてから店員さん自らの手で運ばれて来たのがこちらの”ジャンボブラックタイガー”で、お値段は税抜価格100円也。商品説明に寄ると”鮮やかな色と、肉厚な食感が楽しめるブラックタイガー。えび好きにはたまらないボリュームです”との事。実はこの”ジャンボブラックタイガー”は一番最初に”国産黒毛和牛ロッシーニ風”と同時に注文したのだが、レーンを廻って来たのはこの海老とは似ても似つかぬ”生海老の握り”だった・・・。流石にこれはおかしいだろうと、店員さんを呼んで確認すると何故か”ジャンボブラックタイガー”を用意するのに30分かかる・・・と言う事で、結局一番最後になったのだった。ま、そんな事もあって味がどうのこうのと言うよりも、そちらの印象だけが残ってしまったのだが・・・。
 
スシロー黒うま祭三重尾鷲の大トロぶり
で、30分待って”ジャンボブラックタイガー”も運ばれて来たのでそろそろ帰ろうかと思ったのだが、もう一つのフェアメニューも気になって最後に注文したのが、こちらの”三重尾鷲の大トロぶり”で、お値段は税抜価格180円也。またまた商品説明に寄ると”美しいぶりで知られる三重・尾鷲から、全ての身が“とろ”のぶりが入りました!とにかく脂のりが抜群。それでいてぎゅっと引き締まっているのが自慢です”との事。実は”大トロ”と言う部分に思わず釣られたのだが、それは脂のノリでは無く大きさの事の様で、味的には至って普通に”ぶり”だった様な・・・。
 
てな事で、またまた行った『スシロー』で今回は”国産黒毛和牛ロッシーニ風”とか”新味!ぶりブラックラーメン”を食べてみたのだが、ラーメンの方は兎も角として”国産黒毛和牛ロッシーニ風”は期待通りメチャウマかった!実際、最後にもう一回食べて帰ろうかと思った程なのだが、二回目は割とがっかりするパターンも多いので、今回は自重したのだった。それはさて置き、”スシローのラーメン”シリーズ全制覇は前回の”濃厚のどぐろ白湯ラーメン”を食べ逃したので途切れてしまったが、また次回新たなラーメンが登場した暁には凝りもせずに食べに行ってみたいと思う。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。