義史のB型ワールド

2017年3月27日

久々に行った加古川プラザホテルの中にある”懐石料理 東京田村”で”かつめし膳”を食べてみた!”かつめし”の他に前菜や造りが付いた正に日本料理風だった!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:24 午後
 
代理人記録
 
最近ちょっとした用事もあって某先輩と食事に行く事が多い。で、この日も朝一でちょっとした打合せをした後、例に寄ってランチを食べに行く事になったので、何を食べに行くか相談した結果久々に”かつめし”を食べに行こうと言う話になった。ご存じの様に加古川界隈には”かつめし”のお店が数多の如くあるのだが、ふと以前時々食べに行っていた『懐石料理 東京田村』のランチメニューの中にも”かつめし”があった事を思い出したので、この日はそちらのお店に行ってみる事にした。
 
懐石料理東京田村
こちらが久々に行って来た加古川プラザホテルの4Fにある『懐石料理 東京田村』で、個人的には7~8年前までは偶にランチで利用する事があったのだが、此処数年は全然利用する事は無かった・・・。そう言えば加古川プラザホテルの1Fにあるレストランにも最近全然行って無い・・・てか、ここんところリニューアルした加古川ニッケパークタウンにばかり行っている気もするが・・・。
 
懐石料理東京田村ランチメニュー
それはさて置きこちらが『懐石料理 東京田村』のランチメニューで、ご覧の様に和定食や天ぷら膳、それに寿司御膳と和食定番の料理がずらっと並んでいるのだが、先にも書いた様に今回の訪問目的は”かつめし”を食べる一点!って事で、メニューの一番下に載っている”かつめし膳 清流 -せいりゅう-”とやらを早速注文!!!
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
で、”かつめし膳 清流 -せいりゅう-”を注文した後、雑談しながら待っていると食前酒に続いてこの様な”前菜、造り、野菜サラダ、茶碗蒸し”等が運ばれて来た・・・。そう言えばメニューを見た時に”かつめし”の他にも何やら色々付いているな・・・とは思ったのだが、それはきっと”かつめし”と一緒に出て来るサラダ赤出汁と思っていたのだが、ご覧の通りちょっとした懐石料理風の前菜だ。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
そしてこちらが前菜の手前側にあった料理で、ご覧の通り内容的には和食定番の八寸で特にこれと言って印象に残る様な料理は何一つ無かったのだが、例に寄って一人ビールのお供には丁度良い料理だったかな。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
そしてこちらも最初に運ばれて来た御膳の中にあった”造り”で、こちらはシンプルに”鯛の刺身”のみの様だ。で、こちらも特筆する点の無い割りと一般的な”鯛の刺身”ではあったが、これまた生ビールのお供にはピッタしではあった・・・。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
ちなみにこちらも最初に運ばれて来た御膳の上にあった”野菜サラダ”で、以前にこのお店で食べた”和風テイストなサラダ”とは違い、ちょっとお洒落なグラス風の器に入った何と無く洋風テイストな雰囲気のサラダだ。味的には大体想像通りではあったが、個人的には以前食べた”和風テイストなサラダ”よりはこちらの方が好きかも・・・。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
それともう一つ、御膳とは別にこの様な和風料理店定番の”茶碗蒸し”も付いていて、具は鶏肉と海老と椎茸?のシンプルな内容ではあったが、当然の如く蒸し器から出したばかりの様な超熱々で、玉子もトロトロで中々美味しかったかな。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
そんなこんなで先に運ばれて来た”前菜”や”お造り”や”茶碗蒸し”を食べ終えた後、間も無くしてメインの”かつめし”が運ばれ来た。ちなみに今回食べた”かつめし膳 清流 -せいりゅう-”は、メイン料理の”かつめし”の他に先に運ばれて来た”前菜、お造り、野菜サラダ、茶碗蒸し”の他に”赤出汁”、更に食後にデザートが付いてお値段は税込価格2100円也。”2000円以上のカツメシ”と言えば、偶に利用する『ステーキレストラン・グルメ吉翔』でも食べた事があるが、それとはまた違うコース料理風なので単純に比べる事は難しい・・・。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
そしてこちらが”かつめし膳”のメイン料理である”かつめし”で、ご覧の通り見た目は超が付く程オーソドックスで、その脇にはこれまた”かつめし”定番の”ボイルドキャベツ”が添えられている。で、そのお味であるが、要となるタレが割と甘さ控え目ながら、かと言って酸味が強いわけでも無く思いの他至って普通・・・。何と無くであるが全体的な印象としては1Fにある”カジュアルダイニングの牛かつめし”の方が遥かに美味しいような・・・。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
ちなみに”かつめし”のお肉はこんな感じで、これまた”かつめし”の王道の如く叩いて薄くしたような肉厚で、肉の味自体もこれまた極々普通・・・。以前からこのお店に来た時は”和牛網焼き”とか”牛肉西京焼き”等、懐石料理店にも関わらず毎回お肉を食べているが、それらは肉厚もあって中々美味しかった印象が残っていたのだが、流石に今回は期待した程では無かったかも・・・。
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
そしてこちらは”かつめし”と一緒に運ばれて来た”赤出汁”で、具は豆腐やワカメや三つ葉等が入ったこれまたオーソドックスかつシンプルな内容で、特に印象に残る物では無かった
 
懐石料理東京田村かつめし膳清流-せいりゅう-
で、食事を終えた後、御膳が片付けられその後に運ばれて来たのがこちらのデザートの汁粉?と日本茶で、最初の前菜と同様に如何にも和食料理屋さんと言う〆の一品であった。
 
てな事で、久々に行った加古川プラザホテルの中にある『懐石料理 東京田村』”で”かつめし膳 清流 -せいりゅう-”を食べてみたのだが、ご覧の通り前菜や造り等が付いたちょっとしたコース料理で雰囲気は中々楽しかったのだが、肝心の”かつめし”の味は期待した程では無かったかな。その辺りは好みの問題なので何とも言い難いが、機会があればまたこのお店に来て今度は違うメニューを食べてみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.