義史のB型ワールド

2017年3月25日

毎度お馴染みの”大戸屋”のポイントカードが満タンになったので”四元豚のヒレかつ重”を食べてみた!出汁も自慢の一つなお店な事もあって中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に利用している各定食チェーンであるが、その中の一つに関東方面で超有名な『大戸屋』がある。この界隈でも2015年の6月頃にイオン明石店、7月の下旬にはテラッソ姫路店と続けてオープンしたので、私も時々食べに行っているのだが、そのお店には500円毎にスタンプを押してくれて15個溜まると好きな定食や丼等が一品無料となるポイントカードがあって、年末頃に漸く満タンになったので遅まきながら食べに行ってみた
 
大戸屋 ごはん処/テラッソ姫路店
こちらがまたまた行って来たテラッソ姫路の4Fのレストラン&映画館フロアの一角にある『大戸屋 ごはん処/テラッソ姫路店』で、この時は午前11時半頃のランチタイムとしては少し早い目の時間帯の訪問だったのだが、何故か既に満席に近い位の賑わい・・・。何時もであれば、この時間は空いているのでテーブル席に案内されていたのだが、そんな事もあってこの時はお店の一番奥の大きな相席用のテーブル席に案内された・・・。コロンボの・・・では無いが厨房近くの店員さんの出入りが激しい辺りの席は、個人的に余り好きでは無いのだが・・・。
 
大戸屋ポイントカード
それはさて置き、こちらが先に紹介した”大戸屋ポイントカード”で、『大戸屋』を利用し始めた最初の頃は”和牛のビフテキ定食”とか”炭火焼きビフテキ定食”等の1500円以上の商品を食べた事もあって、一回に3つのスタンプを押してくれる事が多く、順調にスタンプの数が溜まって行ったのだが、最近は1000円以下の商品ばかり食べていたので少し停滞気味だった。が、1年半の地道な活動の成果が実って年末近くに漸く満タンになったのだった。
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重のメニュー
で、この”大戸屋ポイントカード”は2015年の6月頃に『イオン明石店』が誕生した時は、満タンになるとメニューにある全ての商品の中から好きな料理が1品無料となるサービスだったのだが、その半年後位だったかにサービス内容が変更となって1000円以内の商品しか選べなくなってしまった・・・。そんな事もあって、以前からポイントが溜まった時は1000円以内の中で一番高い商品を食べようと思い決めていた”四元豚のヒレかつ重”を食べる事に決定!!!
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”四元豚のヒレかつ重”で、他に”味噌汁”と”お新香”が付いて通常税込価格965円の処、今回は”大戸屋ポイントカード”利用で無料!確かにメチャお得ではあるが、最初の頃であれば1600円程する”炭火焼きビフテキ定食”が無料で食べれた?と言う事を考えると、その頃にポイントを満タンにしたかった・・・と言う思いは残る・・・。
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重
それはさて置き、こちらがメインの”四元豚のヒレかつ重”で、メニューの商品説明に寄ると”さっくり揚げた四元豚のヒレかつを、お店でひいた出汁に昆布を合わせ、特製の割下とともにふんわり玉子でとじました”との事。で、ご覧の通り見た目は割とオーソドックスな”カツ丼”であるが、『大戸屋』の自慢の一つが出汁なのかシンプルな玉子とじの中にコクと深みを感じる味わいがあって中々ウマい!最近はすっかり『かつや』に毒されている事もあって、少し前に『豚屋とん一』で食べた”熟成豚のかつ丼”と同じくこちらもメチャ美味しかった!
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重
そしてこちらが”四元豚のヒレかつ重”の命とも言える”四元豚のヒレかつ”で、『大戸屋』では以前に”四元豚の生姜焼き定食”とか”四元豚ロース炭火焼き”を食べた事があるが、今回はヒレ肉と言う事もあってそれらとも全く違う食感だ。個人的に”カツ丼”にはロースの方が合っている気もするのだが、確かこのお店にはロースを使った”カツ丼”は無かった?はず・・・。
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重
ちなみに”四元豚のヒレかつ重”の中にはエノキや玉ねぎ等と一緒に出汁をとった昆布も入っていて、メニューの添え書きに”昆布は具材としてもお召し上がりいただけます”と書いてあったので、試しに少しかじってみると、結構歯応えがあったので途中で食べるのを止めた・・・。昭和世代の私には”都こんぶ”の様な柔らかさで無いと無理みたい・・・。
 
大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重大戸屋ごはん処四元豚のヒレかつ重
最後に・・・、先にも書いた様に今回食べた”四元豚のヒレかつ重”にも何時もの如く”味噌汁”と”お新香”が付いていた。これまた以前から何度も書いている様に、このお店のメイン料理は美味しいのだが、この”味噌汁”と”お新香”だけは何かイマイチ・・・。”お新香”は兎も角として和食がメインのお店なので”味噌汁”の内容はもうちょっと頑張って欲しい気がする・・・。
 
てな事で、2015年の夏頃に明石や姫路にもオープンした『大戸屋』で貰ったポイントカードが遂に満タンになったので、無料で”四元豚のヒレかつ重”を食べてみたのだが、シンプルな内容ながら出汁が自慢のお店と言う事もあって中々美味しかった!偶に書いている様に似た様な定食チェーンと言えば他にも『やよい軒』とか『街かど屋』とか『宮本むなし』等があるのだが、個人的にはやはり『大戸屋』が一番好きかも・・・。そんな事もあってこの後も定期的に登場するフェアメニューに釣られて食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。