義史のB型ワールド

2017年3月22日

毎度お馴染みの”醤油中華そばいせや”でトッピングのチャーシューが無料だったので食べてみた!確かにこれだけでお腹一杯になったが、半面背脂は薄目だったかも。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
今から3年位前に神戸西区に誕生した『濃厚醤油中華そば いせや本店』は中々美味しかったので、偶に明石大久保方面へ行った時に少し足を延ばして食べに行ったりしていたのだが、2年位前の年末に加古川ホームランスタジアムの中に『加古川店』が出来たので、それ以降はその『加古川店』にしか食べに行って無い。で、この『加古川店』は所謂フランチャイズ店で『いせや本店』とは異なるサービスをやっていて、少し前に”ポイントカードに入会すればラーメン1杯100円”で食べれると言うチラシが入っていたので、それに釣られて入会したら偶にお得な割引券が付いたハガキが届いたのだが、今度は新聞の折込チラシに”焼豚無料券”が付いていたので、またまた食べに行ってみた。
 
濃厚醤油中華そば いせや/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ホームランスタジアム(今はパチンコマルハンの併設店と言う方が合ってる様な・・・)の一角にある『濃厚醤油中華そば いせや/加古川店』で、参考までに書いて置くと一番最初は『希望軒ラーメン』で、その後『らぁめん工房 ホープ軒』、『らぁめん工房 御三家』と変遷はして来たが、ずっとFC店ばかりだったので(関係者では無いので細かい突っ込みはご容赦)何れも同じ会社が運営・営業しているお店でもある。
 
醤油中華そばいせやトッピングチャーシュー無料チラシ醤油中華そばいせやトッピングチャーシュー無料チラシ
そしてこちらが新聞の折込チラシに入っていた”焼豚無料(チャーシュートッピング無料)”のチラシで、それに寄ると”豚肉を大量に仕入れてしまったから、今だけ無料・・・”みたいな事が書いてあって、裏面を見ると”チャーシュートッピング無料”とか”おつまみチャーシュー無料”等の割引券が付いている。特に”おつまみチャーシュー”は単品価格500円もするので、それが無料なのはメチャお得な気はしたのだが、取り敢えず無難に”チャーシュートッピング”で食べる事に決定!!!
 
醤油中華そばいせや加古川店のメニュー
ちなみにこちらがこの時に店内に置いてあった通常のメニューで、それに寄ると”中華そば + チャーシュー”のお値段は税抜き価格で900円となっているので、今回は約200円の割引と言う計算だ。ちなみに”ミニチャーハン”の無料券も付いていたのだが、そちらだと150円の割引・・・みたいな感じ・・・。
 
醤油中華そばいせや中華そばトッピングチャーシュー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”中華そば トッピング チャーシュー”で、お値段は税込価格756円也。ご覧の様に”秘伝のタレが中まで染みこんだチャーシュー”とやらが、ラーメン鉢の淵に一杯引き詰められていて中々豪快だ!ちなみに以前『らーめん2国』で食べた”チャーシューめん”はもっと多かった気もするし、そもそも神戸で有名な『中華そば もっこす』は”チャーシューメン”では無くても、結構な枚数のチャーシューがトッピングされているので、気持ち的にはもうちょっとあっても良い気もするが・・・。
 
醤油中華そばいせや中華そばトッピングチャーシュー
それはさて置き、先に紹介した写真ではネギやモヤシに隠れて見えないが、その下を見ると何時も通り沢山の”チャーシュー”が入っていて、味的には何時も食べている”チャーシュー”と同じなので大きなインパクトは無いが、確かにこの”中華そば”だけでお腹一杯になったかな。
 
醤油中華そばいせや中華そばトッピングチャーシュー
ちなみにこの日食べた”中華そば”のスープは何時もと同じく半コテを指定したのだが、背脂の量は何と無く少な目な印象。それと麺もこれまた何時も通りのストレート細麺で、こちらもすっかり食べ慣れているので可も無く不可も無くであった。
 
てな事で、新聞の折込チラシに”焼豚無料(チャーシュートッピング無料)”が付いていたので、またまた『濃厚醤油中華そば いせや』に食べに行って来たのだが、味的には大きなインパクトは無い物のボリューム満点で確かにお腹は満腹になった!で、未だ手元には”おつまみチャーシュー無料”とか、その他の券も残っていたのだが結局今回は”焼豚無料”を使っただけで終わってしまった・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。