義史のB型ワールド

2017年1月5日

毎度お馴染みの”スシロー”の”生本まぐろ一本勝負”とか”かに場所”フェアで”ジャンボ生本まぐろ味比べ6貫”や”濃厚かに味噌ラーメン”を食べてみた!大とろが・・・蟹が・・・。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
今日は朝から築地のマグロ初競りで1本7420万円で落札されたニュースが世間を賑わしているので、それに便乗して少し前に『スシロー』で食べた”200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ6貫”のお話・・・。
 
個人的に魚は余り好きでは無いのだが”鮪の大とろ”は大好きなので、偶に回転寿司チェーンの『スシロー』で開催される”国産生本鮪6貫盛り”とか”とろかに豪華6貫盛り”等は食べに行く事がある。そんな『スシロー』で、今度は”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ6貫”や、あるいは”スシローの大一番!かに場所”と言う何と無く響きが楽しげな期間限定のフェアが始まったので食べに行ってみた。
 
スシロー/加古川野口店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーンの『スシロー/加古川野口店』で、この日も少し早目の時間帯に行ったのだがご覧の通り、駐車場には既に沢山の車が停まっていて当然の如く店内も超大賑わい!てか、別の日にお店が開店する前の午前11時前にお店の前を通ると開店待ち客の行列が出来ていた程・・・。パチンコ屋さんの開店じゃあるまいし、『スシロー』にそこまでして食べに行くとは、正に恐るべし回転寿司チェーンだ!
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べフェアメニュースシローの大一番!かに場所フェアメニュー
そしてこちらがこの時に期間限定で開催されていた”200kg超 生本まぐろ一本勝負!”と”スシローの大一番!かに場所”のフェアメニューで、以前開催されていた”ジャンボ生本まぐろフェア”の時と同様にネタがジャンボと言う訳では無く、元の鮪がデカイだけの様だ。とは言え折角なので、この”200kg超 生本まぐろ一本勝負!”と”スシローの大一番!かに場所”の中から”ボイル本ずわい蟹2貫”を食べる事に決定!!!
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ4
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ6貫”で、お値段は税抜価格980円也。基本的には以前食べた”近大まぐろを使った国産生本鮪6貫盛り”とか”天然インド鮪の7貫盛り”と似た様な内容のセットだ。ちなみに『スシロー』の商品説明に寄ると”地中海から体重200kgを超える本まぐろを生のまま空輸!漬け、中とろ、そして大とろ。それぞれの味わいが堪能できるこれ以上ない渾身の一皿”との事。それにしても、私の大好きな”大とろ”の姿が・・・。
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ
そしてこちらがどうやら”大とろ”の様で、”200kg超 生本まぐろ一本勝負!”のメニュー写真と見比べると全く異なる色艶だ・・・。てか、私には普通の”鮪の赤身”にしか思えない・・・。てか全体的にこの日食べた”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”に入っていた”ジャンボ生本まぐろ”は全て”赤身”っぽかった気がする・・・。そんな事もあって実際に食べた味の感想は割愛・・・。
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ
そしてその次に紹介するのは”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”の中にあったこちらの”漬け赤身”で、ご覧の様に普通の”赤身”と比べると一段と鮮やかな赤い色をしている。で、この手の”漬け赤身”は以前から何度か食べているので特に何を感じると言う程では無かったが、ある意味無難な味だった気はする・・・。
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ
そしてこちらは”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”の中にあった”中とろ包み”で、雰囲気的には以前食べた”とろ包み”と同じ様な感じだが、”中とろ”と言う割には何と無く”赤身”に近かった様な味だった。
 
スシロー200kg超! 特上ジャンボ生本まぐろ味比べ
ちなみにこちらは”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”の中にあった”中とろ”で、ネタは先に紹介した”中とろ包み”と全く同じ感じなので、今回の”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”の6貫の内、4貫が”中とろ”だったと言う事のようだ。個人的な思いで言うと”中とろ”の数よりも”大とろ”の質を上げて欲しかった様な・・・。
 
スシローボイル本ずわい蟹2貫スシローボイル本ずわい蟹2貫
そしてこちらが”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”と一緒に頼んだ”ボイル本ずわい蟹2貫”で、お値段は税抜価格100円也。商品説明に寄ると”ボイルすることによってギュッと凝縮された蟹の旨味をご堪能ください。しかも思い切って2貫100円でご提供いたします!”との事。で、”思い切って2貫”と大々的に書いてあるのだが、ご覧の通り2貫合わせても脚肉1本に満たない様なボリューム感だ・・・。そんな事もあって以前から偶に食べている”ボイル本ずわい蟹”の方がエエような気もしたが、蟹の味はそれなりにあったので普通に美味しかったかな。
 
スシロー新味!濃厚かに味噌ラーメンフェアメニュー
それはさて置き、ライバルチェーンの『くら寿司』では”シャリカレー”や”牛丼”に力を入れている様だが、『スシロー』と言えばラーメン!って事で”スシローの大一番!かに場所”のフェアメニューの中に”新味!濃厚かに味噌ラーメン”ってのがあったので、〆でそちらを食べる事に決定!!!話は変わるが、ライバルチェーンの『はま寿司』でも何年か前まで毎年この季節になると”かにラーメン”が販売されていて、内容や味は兎も角として冬の風物詩の一つとして楽しみに待っているのだが、今年も今の処販売される気配が感じられない・・・。
 
スシロー新味!濃厚かに味噌ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”新味!濃厚かに味噌ラーメン”で、お値段は280円也。パッと見た感じは『はま寿司』で食べた”かにラーメン”とは全く異なるビジュアルだが、”かにみそ”もトッピングされていてこれはこれで中々ウマそうだ!ちなみに商品説明に寄ると”うまさの決め手は、西京味噌でコクうまに仕上げたかにの出汁たっぷりのスープ!トッピングのかにみそを溶かせば、さらに濃厚な味わいが楽しめます”との事。西京味噌を使っている事もあって、どちらかと言うと味噌ラーメンのスープのようだ。
 
スシロー新味!濃厚かに味噌ラーメン
そしてこちらが”新味!濃厚かに味噌ラーメン”にトッピングされていた、蟹の脚肉と解し身とかにみそで、更には肩肉も入っていたのだが、残念ながら一番の楽しみである脚肉がメチャ細目だ。何年か前にロシア産のズワイガニを箱買いしていた頃は、正に蟹が食べ放題状態だったので、その時ならば食べずに残っていた時の細い脚肉だ・・・。ま、『はま寿司』の”かにラーメン”もそれ程大きい蟹が入っていた訳では無いが、ちょっと寂しい内容だったかな。
 
スシロー新味!濃厚かに味噌ラーメン
ちなみにこちらは”新味!濃厚かに味噌ラーメン”の中に入っていた蟹の肩肉で、こちらもそこそこ身が詰まっていたので、箸でほじって食べてみるとお出汁を吸っている事もあってか中々の味わいがあって意外と旨い。そう言えば、トッピングの”かにみそ”はウマそうだったので、スープに溶かす前に食べてしまった事もあって、スープのコクは控え目だったので、次回食べる機会があれば”かにみそ”をしっかりとスープに混ぜて食べてみたいと思う・・・。
 
スシロー新味!濃厚かに味噌ラーメン
最後に・・・、どうでも良いが”新味!濃厚かに味噌ラーメン”の麺はこんな感じで、何時もの”スシローのラーメン”で使われている物と同じような、違うような・・・、そんな麺だった。
 
てな事で、またまた行った『スシロー』で今回は”特上ジャンボ生本まぐろ味比べ”とか”新味!濃厚かに味噌ラーメン”を食べてみたのだが、どちらも期待した程の内容では無かったなあ・・・。それはさて置き、この後も”濃厚のどぐろ白湯ラーメン”に釣られて食べに行ったのだが、割と早目の期間中だったが既に販売終了していた・・・。何と無く最近流行りの”売り切れ”で注目を集める”売って無い商法”の様な臭いがプンプンするし・・・。そろそろ私も『スシロー』から卒業する時が来たのかも・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。