義史のB型ワールド

2016年12月25日

またまた行った家系の”横浜ラーメン 一心家”で、今度は新登場した”鶏白湯ラーメン”を食べてみた!甘口あっさりスープでこちらも中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
今日はクリスマスだが、チキンの話は昨日紹介したので、今夜は鶏繋がりで少し前に食べた”鶏白湯ラーメン”のお話・・・。
 
今年の7月の初め頃、明姫幹線加古川稲屋交差点の直ぐ近くに今まではこの辺りに無かった横浜家系の『横浜ラーメン 一心家』が誕生した。で、私もオープン直後からお店に行って”とんこつ醤油”と”とんこつ塩”の両方を食べてみたのだが、どちらのスープも美味しかったし麺も選べるし、何より横浜ラーメンと一緒に白ご飯を食べなくては・・・と思いつつも何時でも行けると思うと中々食べに行か無くなるもの・・・。が、相も変わらずお店の前だけは何度も通る事があるので、偶にお店の様子を伺っていると10月頃だったかに、”鶏白湯ラーメンはじめました!”と書いたボードが置いてあった。横浜ラーメンのお店で”鶏白湯ラーメン”ってのも何か不思議な気もしたが、偶にあちらこちらのお店で”鶏白湯ラーメン”を食べている事もあり味比べをする為に食べに行ってみた。
 
横浜ラーメン一心家
こちらがまたまた行って来た『横浜ラーメン 一心家』で、この日は午後1時近くのちょっと遅めのランチタイムの訪問だったので、入店した時は割と空いていたのだが、時間をずらして食べに来る客が多いのか、私が入店した後からも続々とお客さんが入って来て、あっと言う間に8割位の席は埋まってしまった・・・。明幹沿いでは無いから場所的に不利かと思っていたが、すっかりと人気店の仲間入りをしているようだ
 
横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメンのメニュー横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメンのメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”鶏白湯ラーメン”のメニューと商品案内で、それに寄るとどうやら横浜ラーメン定番の豚骨スープが苦手なお客さんの為様に出来たメニューの様だ。そう言えば某イーサン夫婦は豚骨スープが苦手とかで、豚骨ラーメンのお店には全く食べに行かないみたいだが、逆にこの界隈でもどちらかと言うと豚骨系スープのラーメン屋さんが多い気もするし・・・。
 
横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメンと唐揚げのランチ
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏白湯ラーメン”と、以前から甥っ子に横浜ラーメンを食べる時には白ご飯が必須!と言われていたので、今回は”横浜ラーメン”では無いが何と無く白ご飯が食べたくなったのと、この日は”鶏白湯ラーメン”と言う事もあり鶏には鳥を・・・と思い思わずセットで頼んでしまった”Bセットの唐揚げと白ごはん”で、 お値段はそれぞれ税別価格690円と230円なので合計税込価格993円也(だったと思う・・・)。写真の中にレモンも写っているが、それは”唐揚げ”用では無く好みで”鶏白湯ラーメン”に入れる為の物らしい・・・。
 
横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメン
そしてこちらがメインの”鶏白湯ラーメン”で、ご覧の通りスープの色を見ただけではこのお店定番の”横浜ラーメン”に似ている気はするが、トッピングに煮玉子や紫玉ねぎ、それにメンマやカイワレ等も入っていて内容的には全く事なる。ちなみに先ほど紹介した商品説明に寄ると”九州鹿児島の厳選された丸鶏を使用し、コク、深み、香りの全てにおいて限界まで挑んだ究極の鶏白湯”との事。で、そのお味であるが確かにアッサリ系のマイルドな優しい味わいがある甘目のスープで中々ウマい!確かにこのスープなら豚骨スープが苦手なお客さんにも喜ばれそうな味かも・・・。
 
横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメン
ちなみにこちらは”鶏白湯ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、若干形は異なるが以前に食べた”とんこつ醤油”や”とんこつ塩”にトッピングされていた物と同じ様な感じだが、何と無く炙ってあるようで気分的に?何時もより美味しい・・・。とは言え折角の”鶏白湯ラーメン”なので、此処も頑張って他のお店で偶にある”鶏チャーシュー”にして欲しかった様な・・・。
 
横浜ラーメン一心家鶏白湯ラーメン
それともう一つ、”鶏白湯ラーメン”の麺はこんな感じで、このお店では太麺か細麺か選べるので、確かこの時も太麺を選んだと思うのだが、以前に紹介した様に太麺と言っても他のお店で言う中太麺程度で細麺と余り大差無いので、大きなインパクトは無いが普通に美味しい麺だったかな。
 
横浜ラーメン一心家唐揚げ
そしてこちらは”鶏白湯ラーメン”とセットで頼んだBランチの”唐揚げ”で、割りと大き目サイズの”鶏の唐揚げ”が3個と、脇には千切りキャベツや”唐揚げ”に付けて食べる胡椒とマヨネーズが添えられている。で、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もジューシーで白いご飯との相性も良くメチャウマい!お得感を考えると時々書いているように”らーめん八角の唐揚定食”の方がボリュームもあって値段も安いのだが、今の私には3個位がちょうど良い量だった。
 
てな事で、またまた行った『横浜ラーメン 一心家』で今回は”鶏白湯ラーメン”を食べてみたのだが、内容的には”横浜ラーメン”と全く関連性は無かったが中々美味しいスープのラーメンだった。今の処、このお店で食べた三種類のスープのラーメンはどれも私好みの甘目な味?と言う事もあってか全て美味しかった。とは言え最近も”三宮で横浜ラーメン”を食べたので、また味比べの為にこのお店の看板商品である”横浜ラーメン”を食べに行かなければ・・・と思いつつ、直ぐ近くにある『東麺房』に”鶏白湯ラーメン”の幟が立っていたので、怖いもの見たさ?で遂そちらのお店に入ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。