義史のB型ワールド

2016年12月12日

偶に利用する事がある播磨町の”小樽食堂”に行ったら”塩ビフカツ定食”ってのがあったので食べてみた!個人的にこってり好きなのでソースで食べた方が良かったかも・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前に三宮へ行った時に”北海道B級グルメのジンギスカン焼きそば”を食べたり、あるいはこの日の前後に姫路山陽百貨店で開催されていた北海道物産展でラーメンを食べたりしたので、何と無く気分は北海道・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、そう言えば神戸や姫路まで行かなくても、もっと近くで北海道料理が食べれるお店があるでは無いか・・・と思い、久々に播磨町にある『小樽食堂』に行ってみる事にした。
 
北海道ダイニング 小樽食堂/兵庫加古播磨店
こちらが久々に行って来た播磨町にある人口島からJR土山駅へ向かう途中にある『北海道ダイニング 小樽食堂/兵庫加古播磨店』で、偶に書いて置かないと忘れてしまうが10年位前迄は『ちゃんこ江戸沢』だったお店がこの『小樽食堂』に変ったのだが、その頃は夜のみの営業でランチはやって無かった。が、昨年の春頃だったかに、このお店でもランチが始まったので何度か食べに来たのだが、結構人気なのかこの日も先客万来で道路側の個室が埋まっていたので、一番手前の個室に案内された。更には広間の方ではヤンママ軍団が女子会?をやっている様で結構賑やかだったかな・・・。
 
北海道ダイニング 小樽食堂/のランチメニュー北海道ダイニング 小樽食堂/のランチメニュー
そしてこちらが店内に置いてあったランチメニューで、雰囲気的には前回の訪問時と同じ様なのだが、若干メニューの内容が変わっている。そんな事もあって、以前には無かった”牛とろろまぶし”に興味が沸いたのだが、個人的に”とろろ”はそれ程に好きでは無いのでパス・・・。で、通常のメニュー?を見ると、これまた以前には無かった”豚ジスカン”なる料理があって、そちらが一番食べてみたい気がしたのだが、残念ながら2~4人でお楽しみ下さいと書かれてあったので、一人用の定食には出来ないっぽい・・・。
 
仕方が無いので、再びランチメニューを見ると、これまた以前には無かった牛ヒレのレアカツ”をメインにした”塩ビフカツ定食”ってのがあったので、何か全然北海道っぽく無いなあ・・・と思いつつもそちらを食べてみる事に決定!!!
 
北海道ダイニング 小樽食堂/兵庫加古播磨店のおすすめランチメニュー
ちなみに、他にもこの様な”当店のおすすめランチメニュー”ってのもあって、ご覧の様に焼魚定食や煮魚定食、それにお造り定食等も出来るらしい・・・。そんな事もあってランチタイムでも結構お客さんが食べに来ているのかも・・・。とは言え魚が苦手な私なので、海鮮丼やマグロ二色丼は兎も角として、焼魚定食や煮魚定食を食べる事は無い様な気はするが・・・。
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”塩ビフカツ定食”で、メインの”塩ビフカツ”の他にお替り自由のごはん、味噌汁、香の物、それにセルフサービスで食後のコーヒーが付いて、お値段は税込価格990円也。実物を見る迄は、この夏に大阪へ行った時に食べた”京都勝牛の牛ロースカツ膳”とか、あるいは今年の初め頃に食べた”ワンカルGRILLのみすじ牛かつ”みたいな物をイメージしていたのだが、それらと比べると何と無くボリュームが少な目な印象・・・。
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食のメニュー
それともう一つ、この時に少し気になったのだが、通常のメニューに載っている”塩ビフカツ”を見ると単品価格は680円(税別?)なのだが、ランチタイムの定食だと990円(税込)なので、ごはんと味噌汁と香の物だけで300円位と言う計算・・・。でもメニュー写真を見比べると、単品の方には千切りキャベツが無い様にも見えるので、何とも言えない気もする・・・。
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食
それはさて置き、こちらが”塩ビフカツ定食”のメインである”塩ビフカツ”で、メニューの説明に寄ると”牛ヒレのレアカツです。シンプルに藻塩と山わさびで”との事。って事で、その通りに藻塩と自分で擦った山わさびを付けて食べたのだが、想像していた通り濃い味好きの私には物足りない味・・・。確かにエエお肉のステーキなら塩で食べるとメチャウマいのだが、今回は”ビフカツ”なので、やっぱ私にはソースとかカツメシのタレ味の方が良かったかな
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食
ちなみに”塩ビフカツ”の断面を見るとご覧の様な”牛ヒレ肉”で、確かに揚げ具合は”レア”なのだが、メニュー写真の様な鮮やかさは無い・・・。そう思うと夏頃に大阪で食べた『牛カツ専門店 京都勝牛』と言うお店が人気なのが、あらためて納得出来た様な・・・
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食
そしてこちらは”塩ビフカツ定食”に付いていた味噌汁で、ご覧の通り牛丼チェーンと同じく具はほとんど入って無いのと、個人的に以前から何度も食べに来た事もあって、特に何も感じる事は無かった・・・
 
北海道ダイニング小樽食堂塩ビフカツ定食
最後に・・・、このお店のランチにはセルフサービスのコーヒーが付いているので、折角なので食後に飲んだのがこちらのコーヒーで、これまた個人的にそれ程のコーヒー好きと言う訳では無いので極々普通と言う印象しか残らなかったが、コーヒーが付いたランチと言う点でお得感はあったかな。
 
てな事で、久々に行った『小樽食堂』で余り北海道料理とは関係無さそうな気がしつつも、個人的に肉が大好きと言う事もあって思わず”塩ビフカツ定食”を食べてしまったのだが、若干期待外れだったかな。ま、こんな事を書くとまたディスってるって言われるかも知れないが、これが正直な感想だしなあ・・・(何を食べてもマンセーと言える人がうらやましい・・・)。でも、お店自体は結構好き?なので、また他の北海道B級グルメを食べに行ってしまう気はするが・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.