義史のB型ワールド

2016年12月11日

毎度お馴染み、姫路山陽百貨店の秋の北海道大物産展で”富良野とみ川”の”石臼挽き中華そば2016”を食べてみた!以前食べた時と同じく蕎麦の麺みたいなラーメンだ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:30 PM
 
代理人記録
 
播州秋祭りシーズンの最中、姫路方面の祭り見物の前に毎年このシーズンに合わせて開催?されている姫路山陽百貨店の秋の北海道大物産展の会場へ行ってラーメンを食べようと思って行ってみたら、流石に土曜日と言う事もあってか特設茶屋が満席!ラーメン如きなので回転は早そうな気はしたのだが、待って食べる程でも無いし混んでる店内も嫌だったので、その時はレストラン街の中にある和食屋さんへ行って”松茸の土瓶蒸し&松茸ご飯がメインの御膳”を食べたのだが、やっぱ一度は食べておきたかったので後日食べに行ってみた。
 
富良野とみ川特設茶屋案内広告
ちなみにこちらは山陽百貨店で開催されていた秋の北海道大物産展のチラシに紹介されていた『富良野 とみ川』の広告案内で、ご覧の通りこのお店は”ミシュラン北海道ビブグルマン”を受賞したらしい・・・。そんな事もあって少し前に食べに来た時は大盛況していたのかも知れない・・・。
 
富良野とみ川特設茶屋
それはさて置き、こちらが姫路山陽百貨店の6Fで開催されていた秋の北海道大物産展の会場の一角にあった『富良野 とみ川』の特設茶屋で、この日は少し早目の時間に来た事と、既に北海道物産展が始まってから日が大分経っていた事もあってか、流石に前回程は賑わって無い・・・。ま、座席数もそれ程に多くは無いので、ちょっとお客さんが来ると一気に満席になってしまう気もするが・・・。
 
富良野とみ川特設茶屋メニュー富良野とみ川特設茶屋案内
そしてこちらがこの特設茶屋のメニューと壁に貼ってあったこのお店の紹介記事で、個人的には3年位前の夏にこのお店が出店していた時にも来た事があってその時は”石臼挽き中華そば”を食べたのだが、ご覧の通り今回は2016バージョンらしい・・・。とは言えこれだけでは何がどう違うのか全く判らない気もしたが、このラーメン屋さんで”石臼挽き中華そば”以外を食べる意味が無い様な気がしたので、素直に”石臼挽き中華そば2016”とやらを食べる事に決定!!!
 
富良野とみ川石臼挽き中華そば2016
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”石臼挽き中華そば2016”で、お値段は税込価格1080円也。パッと見た感じは3年位前に食べた”石臼挽き中華そば”と何ら変わりが無い様な気がしたが、どうやらチャーシューの数が多い様だ。先ほどの広告の画像に寄ると”ふらの産小麦を石臼で挽き、日本一小麦の香りがする麺に、ふらの山桜でスモークしたチャーシューを添えた”のが特徴らしい・・・。で、その時と同じく”丸鶏に数種の魚介だしを加えたスープ”らしく、麺の見た目もあってラーメンと言うよりも何と無く日本蕎麦を食べている様な気になるのも以前食べた時と同じだ。
 
富良野とみ川石臼挽き中華そば2016
そしてこちらが”石臼挽き中華そば2016”にトッピングされていたチャーシューで、二種類の部位を使った豚肉のチャーシューの他に、今回は鶏肉のチャーシューがプラスされているようだ。で、確かにそれぞれに違った味わいがあって中々ウマいチャーシューだ!何と無くであるが、今回はスープや麺よりもこのチャーシュー一番印象に残ったかな
 
富良野とみ川石臼挽き中華そば2016
それはさて置き、こちらが”石臼挽き中華そば2016”の最大の特徴とも言える”石臼で挽いた全粒粉の麺”で、お店の説明に寄ると”富良野産小麦を石臼で三度挽きし、さくら卵を練り込む麺においしさの秘密がある。ラーメンだが蕎麦に似た喉越しで、何ともいえない食感を持つ”との事。この麺が好きか嫌いかは人それぞれの様な気もするが、このお店に来たからには、この麺を食べない事には始まらない・・・とも言えそうな・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの姫路山陽百貨店でまたまた開催されていた”秋の北海道大物産展”に行って、3年位前にもこの会場で食べた『富良野 とみ川』で今回は”石臼挽き中華そば2016”を食べてみたのだが、”ミシュラン北海道ビブグルマン”を受賞する程の味?かどうかは別として中々個性的なラーメンだった。それは兎も角として、最近この山陽百貨店の”北海道物産展”は2週連続で開催される事が多く、前半と後半で違うラーメン屋さんが登場する時もあるのだが、後半もこの『富良野 とみ川』が出店していて、しかもこれまた一風変わった”ふらのトマトベジヌードル”とやらが販売されていたので、食べてしまったのだがその話はまた後日・・・。

松屋の冷凍の牛めしの具を買ったら、すき家の冷凍の牛丼の具と同じくミニサイズだった・・・。折角なので”牛めし”と”カレギュウ”の2回に分けて食べたら意外と美味しかった!

Filed under: — 代理人 @ 8:28 PM
 
代理人記録
 
スーパーの冷凍食品売場へ行くと必ずと言って良い程に”すき家の冷凍の牛丼の具”が売られている。最近は別バージョンの”すき家の冷凍の豚丼の具”も売られているのだが、スーパーでは余り見掛ける事は無いが通販とかコープさんの宅配で”吉野家の冷凍の牛丼の具”も販売されていて、以前は偶に買って食べていたのだが、ライス代を考えるとお店に行って食べる方がお得な気がしたのと手間を考えても、そちらの方が便利なので最近は全然買わ無くなった。が、少し前にスーパーへ行くと、多分今迄一度も買って食べた事の無い?”松屋の冷凍の牛めしの具”が売られていたので買ってみた。
 
松屋牛めしの具冷凍食品
こちらが実際に買って来た”松屋の牛めしの具”の冷凍食品で、ご覧の通り何年か前に当ブログで紹介した事がある”すき家の冷凍の牛丼の具”と同様に”お茶碗サイズ”の袋が3つ入った内容で、しかも1袋の容量も70gなので”すき家の冷凍の牛丼の具”と比べても少ない様な・・・。ちなみに発売元の日本ハムの商品説明に寄ると”お茶碗かるく一杯分の小分けパックにした松屋 牛めしの具”との事。そう言えば『松屋』の通販サイトで販売されているものは”松屋の国内自社工場製造品”と書かれてあるので、1袋の量は兎も角として味や内容にも違いがあるのかも知れない・・・。
 
松屋牛めしの具冷凍食品
ちなみにこちらが”松屋の牛めしの具”の冷凍食品の中身で、先にも書いた様に1袋70gに小分けされている。ちょっと気になったので、『松屋』の通販サイトで販売されている商品の容量を見てみると、1パック135gとなっていた・・・。単純計算で行くとスーパーで買った物は2袋で約1人前?と言う事になるのかな?
 
松屋牛めしの具冷凍食品
そしてこちらが実際に温めてご飯の上にかけて食べた”牛めし”で、お店で食べる時と比べるとご飯の量は少な目な代わりに、冷凍の具は2袋使ったのだが、思った程のボリューム感は無い・・・。更に実店舗で食べる味とも少し違うような気もしたがこれはこれで中々ウマい!ちなみに日本ハムでは無く『松屋』の通販サイトの商品説明に寄ると”松屋秘伝の丼タレを使用、肉と国産限定玉ねぎ本来の味が充分に引き出されています。安全・安心な豪州牛肉を100%使用。玉ねぎは国産限定。タレは、無添加の天然だしですっきりとした味わいとなっており、後味に自然な旨味が余韻として残る本格ダレです。化学調味料・人工甘味料・合成着色料・合成保存料を使用しておりません”との事。これが日本ハム製のこちらの商品にあてはまるのかどうかは定かでは無いが、また機会があれば公式通販サイトの冷凍の具も買ってみたいと思う・・・。
 
松屋牛めしの具冷凍食品
ちなみに先にも書いた様に今回買った”松屋牛めしの具”の冷凍食品は3袋入っていたので、残りの1袋は『松屋』の人気メニューの一つである”カレギュウ”にして食べてみた・・・。カレーは別メーカー製のレトルトカレーなので、こちらこそお店の味とは全く事なるが、こちらも普通に美味しかったかな。そう言えば、今の”カレギュウ”はセパレートタイプに変っているので、また近い内に実店舗でも食べてみたいと思う・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.