義史のB型ワールド

2016年12月2日

久々に三宮へ行ったら”そごう”で北海道物産展をやっていたので屋上の”アサヒビール園羊々亭”で”ジンギスカン焼きそば”を食べてみた!シンプルながら中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に数年前までは仕事の関係もあって大阪や神戸方面へ出向く事が多かったのだが、最近はほとんど行く事が無くなった(と書いては見たが、お盆前に神戸&大阪に何度か行ったか・・・)。が、この日はちょっとした事情?で短い時間ながら真昼間に三宮へ行ったので、例に寄って何処かでランチを食べようと思っていたら『そごう神戸店』で偶々”北海道物産展”をやっていたので、折角なのでそちらの会場へ行ってみた。
 
アサヒビール園羊々亭ジンギスカン焼きそば
で、『そごう神戸店』の”北海道物産展”と言えば過去にも何度か来た事があって、以前は催事場のフロアで”富良野 自家製ソーセージ付きカレー”とか”帯広産 鉄板牛ステーキ”とか”北のあじ彩のかに三昧丼”等を食べた事があるのだが、今回は”第50回 北海道の物産と観光展”と言う節目の年?からなのか、あるいは以前もやっていたのか定かでは無いが、屋上で『アサヒビール園 羊々亭』と言うお店がジンギスカンが食べれるコーナーを出していると言うので見に行ってみたら、何と無くビアガーデン風で楽しそうな雰囲気だったので、こちらで何か食べてみる事にした。
 
アサヒビール園羊々亭ジンギスカン焼きそば
そしてこちらが屋上にあった『アサヒビール園 羊々亭』のメニューで、当然の如く北海道名物の”ラム肉を使ったジンギスカン”がメインなのだが、どうやらそちらは二人前からで無いと注文出来ないらしい・・・。仕方が無いのでその下にあった最近北海道のB級グルメとして売り出そう?と頑張っているらしい”ジンギスカン焼きそば”を食べる事に決定!!!で、折角の『アサヒビール園』なので、生ビールも飲んでみよう!と思ったら、特に北海道産では無く普通のアサヒスーパードライだった・・・。残念・・・。
 
アサヒビール園羊々亭ジンギスカン焼きそば
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ジンギスカン焼きそば”で、お値段は税込価格900円也。ご覧の通りパッと見た感じは、肉や野菜がたっぷりと入った一般的な焼きそば何ら変わりが無いと言う印象であるが、味付けに”ジンギスカンのタレ”を使っているらしく、普通のソースとは違う焼肉のタレ風の味わいがあって焼きそばとしても中々美味しい
 
アサヒビール園羊々亭ジンギスカン焼きそば
そしてこちらが”ジンギスカン焼きそば”のメインの具であるラム肉で、我々が若かりし頃に北海道へ行った時にサッポロビール園で食べたジンギスカンの肉はハム状(最近、それは”ラムロール”と呼ばれているらしい)だったのだが、ご覧の通りに普通の生ラム肉になっている。個人的には以前から駅弁大会で”ジンギスカン弁当”を買って食べたり、あるいは播磨町にある『小樽食堂』に行った時に”ジンギスカン鍋”で食べたりと、結構馴染んで来た事もあってか中々ウマい!とは言え、やっぱ普通にジンギスカンで食べたかった気がする・・・。
 
アサヒビール園羊々亭ジンギスカン焼きそば
ちなみに”ジンギスカン焼きそば”の麺はこんな感じで、こちらもパッと見た印象は極々普通なのだが、”ジンギスカン焼きそば”の定義の一つに”北海道産小麦100%小麦粉を使用した焼そばの麺であること”と言うのがあるので、もしかしたらそう言った特注の麺なのかも知れない・・・。
 
てな事で、ちょっとした事情で三宮へ行ったら『そごう神戸店』で偶々”北海道物産展”をやっていたので、その屋上にあった『アサヒビール園 羊々亭』で”ジンギスカン焼きそば”を食べてみたのだが、文字通り”ラム肉を使ったジンギスカンが具になったシンプルな焼きそば”だったが、中々ウマかった!とは言え、本来の北海道名物である”ジンギスカン”も久々に食べたくなって来たので、次回のバーベキュー?の時にスーパーで売っている冷凍の”ジンギスカン”の肉でも買って持って行く事にしよう!
広告

WordPress.com Blog.