義史のB型ワールド

2016年11月30日

播州秋祭りの終盤、ちょっとしたプチ同窓会で高砂駅近くに最近出来た”コリアンダイニング辛”に行ってみた!中々本格的な韓国料理で、何もかもウマかった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
播州秋祭りシーズンも終盤に差し掛かった頃(全体的に見れば未だ中盤なのだが、個人的に灘の喧嘩祭りが終わると終盤になった気になるもんで・・・)、あちらこちらの神社で出会う?同級生から飲み会の誘いを受けた。話に寄ると今年の6月の下旬頃にあった同窓会の日に九州に出張して参加出来なかった同級生が、帰省して来るので有志?だけでも集まってプチ同窓会を開こうと言う事らしい。で、最初は未だその時は祭り見物に行こうと思っていたので、参加しようかどうか思案していたのだが、既に今シーズンは十二分に祭り見物をしたし・・・と言う事で、そちらのプチ同窓会に参加する事になった。
 
コリアンダイニング辛
で、こちらがそのプチ同窓会の会場の場となった『コリアンダイニング 辛』と言うお店で、場所は山電高砂駅から徒歩で3分位?の、当ブログで毎度お馴染みの『生州割烹 輝高』とか以前は良く利用していた『魚亭やつか』等の直ぐ目と鼻の先にある。で、大分前は此処は喫茶店だったのだが、何度かお店が入れ替わった後、この夏頃?だったかにこの韓国料理のお店になったばかりなので、私も今回が初訪問だ。
 
コリアンダイニング辛サムギョプサル
それはさて置き、何時もであればメニューを見てあれこれとチェックするのだが、今回はあくまでおまけで参加した立場?なので、ただ座って出て来る酒を飲み、出て来る料理を食べるだけだったので、同窓会の時の様にほとんど写真を撮らずにひたすら飲み食いだけに徹しようと思っていたのだが、目の前にこの様なちょっと美味しそうな”サムギョプサル”?の肉や野菜等が運ばれて来たので、この写真を撮った事をきっかけに、取り敢えず私が食べた料理だけは後々の参考の為に撮って残して置く事に決定!!!
 
コリアンダイニング辛サムギョプサル
ちなみに、今回は対面に今でもお美しい容姿の女子?が何人も参加していたし、そもそも私自身も鍋奉行では無いので、ただ料理が出来上がるのをひたすら見ているだけ・・・。で、先ずは目の前の鉄板の上で”サムギョプサル”の豚肉と添付のニンニクを焼く事からスタート・・・。
 
コリアンダイニング辛サムギョプサル
そしてこちらがその豚肉が焼けて来た時の様子で、何と無くであるがこのまま食べても旨そうだ!そう言えばこのお店は韓国料理専門店なのだが、確か広島か何処だったかの国内産の豚肉とかで、味にも自信がある・・・と言う話だったかな。
 
コリアンダイニング辛サムギョプサル
で、豚肉にしっかりと火が通った後、ハサミを使って豚肉を一口大にカットして、別途用意された野菜に包んで更にニンニクやコチジャン等の薬味を付けて食べると、これがメチャウマい!普段は滅多に韓国料理を食べに行く事が無いのだが、意外と韓国料理も美味しいなあ・・・と思った瞬間でもあった。そんな事もあって、この後”サムギョプサル”を何度か追加オーダーして食べた程であった!
 
コリアンダイニング辛サムゲタンコリアンダイニング辛サムゲタン
そんなこんなで”サムギョプサル”を楽しんでいたら隣のテーブルで美味しそうな鍋を注文していたので、他のテーブルでも同じく注文したのがこちらの”サムゲタン”で、鶏肉はトロトロ柔らかだし、スープも鶏の旨み満載でメチャウマい!以前からJR姫路駅ビルのピオレ姫路の地下街にある韓国料理店で”サムゲタン”の一人鍋を食べてみようと思いつつ、全然行って無かったのだが、これをきっかけに早速食べに行ってみようと心に決めたのだった。
 
コリアンダイニング辛肉と野菜の炒めもの
で、懐かしい小中学校の昔話に花を咲かせ、美味しい料理を満喫していると、その途中で運ばれて来たのがこちらの”肉と野菜の炒めもの(プルコギ?)”で、パッと見た感じは偶に定食チェーンとかで食べる料理と似ているのだが、流石にこのお店は韓国料理専門店と言う事もあって、結構ニンニクの風味が強めの味だ。そんな事もあって、お酒のツマミと言うよりか、どちらかと言うと白いご飯が欲しくなって来た様な・・・。
 
コリアンダイニング辛チヂミコリアンダイニング辛チヂミ
そしてこちらは韓国料理の定番とも言える”チヂミ”で、この時点で結構満腹になっていたし、”チヂミ”自体は以前から偶に食べているので、取り敢えずワンカットだけを味見した程度であるが、オーソドックスな味ながら中々美味しいチヂミ”だった。
 
コリアンダイニング辛韓国冷麺コリアンダイニング辛韓国冷麺
そしていよいよ宴も終盤・・・。多分〆?で登場したのがこちらの”韓国冷麺”で、ご存じの様に”韓国冷麺”と言えばまるでゴムか?と思う様なしっかりとした噛み応えのある麺で、店に寄ってはハサミでカットしながら食べる場合もある位なのだが、このお店の麺はそこまでの硬さの無い食べ易い麺で、冷たいスープを絡めて食べるとこれがまたメチャ美味い!偶に食べる”ラーメン専門店の冷麺”よりも遥かに美味しかったかも・・・。
 
コリアンダイニング辛マッコリ
ちなみにこちらは宴の途中からずっと飲んでいた”マッコリ”で、何年か前に日本でもブームになった時や、あるいは最近も炭酸入りの”マッコリ”を飲んだりすることがあるのだが、その味も時と場合に寄って様々なのだが、このお店の”マッコリ”は口当たりが良く、また酒自体の癖も全然無い非常に飲みやすい”マッコリ”だ。そんな事もあって、終盤は結構酔っ払ってしまったような・・・、未だ飲み足り無かったような・・・。
 
コリアンダイニング辛博多土産の博多通りもん
最後に・・・、こちらは博多に単身赴任中の同級生がこの日の手土産で買って来てくれた”博多通りもん”で、そう言えば某Yちゃんが九州に住んで居た頃の九州土産と言えば”ひよ子”がド定番だったが、そちらは今では東京土産としても有名になってしまった事もあってか、最近はこの”博多通りもん”の方が人気らしい・・・。で、男子分?はこの一箱だけだったので、折角なので最後にみんなで分けて食べたのだが、甘さ控え目で確かに中々美味しいお菓子だった。
 
そんなこんなでプチ同窓会が終わったのが午後10時半近く・・・。で、お店を出た後一旦は解散となったのだが、駅へ向かっている途中で誰かがもう一軒行く?と言い出したので、じゃあ時間のあるメンバーだけでも・・・と言う事で男女6人が残り、駅前にある焼鳥屋さんで二次会をする事になった。
 
コリアンダイニング辛の後のゆ鳥のつきだし
とは言え、既に満腹状態だったので、私は最初に出て来たこちらの”つきだし”を食べただけ?だったはず・・・。ま、この時点では完全に酔っ払っていたし満腹だったので、余程の物が出て来ない限り食べる事は無かった気がするし・・・。
 
コリアンダイニング辛の後のゆ鳥の一品料理
ちなみにその他のメンバーも、それ程食べたいと言う訳では無く実際に頼んだ料理もこの程度だけだったかな・・・。
 
てな事で、今年の6月下旬頃にあった同窓会の日には博多に単身赴任中とかで参加出来なかった同級生が帰省しているので有志が集まってプチ同窓会をやるから・・・と誘われたので参加したのだが、何と無く半分以上は何時ものメンバー?と言う気がしないでは無かったが、何だかんだと盛り上がり同級生も終電に乗り遅れた事もあって、日付が変わった後もショットバーへ行って深夜まで宴が続いたのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.