義史のB型ワールド

2016年11月29日

またまた行った姫路駅前の”キュエル姫路”で今度は6Fにある”焼酎・黒豚 芋蔵”で”和牛ローストビーフ丼”を食べてみた!セットに”特製豚汁”も付いていてどちらも超ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今日は11月29日と言う事で、年に一回の”いいにくの日”だ(”いいふぐの日”と言う話もあるが・・・)。個人的にお肉大好きと言う事もあって、相変わらず肉を食べる日は多いのだが、”良いお肉”と言われると今年の春頃に食べた”黒毛和牛ヘレのステーキ”以来、これと言って食べて無い・・・。ま、飛騨高山&白川郷ツアーで食べた飛騨牛や、お盆に食べた但馬牛もある意味”良いお肉”と言えなくも無い気はするが・・・。とは言え折角なので、最近食べたお肉の中では一番美味しかった和牛ローストビーフ丼”のお話・・・。
 
キュエル姫路
こちらが今日紹介する”和牛ローストビーフ丼”を食べたお店がある姫路駅前の、以前は神姫バスのターミナルだった場所に今年の4月末に誕生した全フロアに飲食店が入った『キュエル姫路』で、以前から時々書いている様にブルース・リーの映画『死亡遊戯』の様に、下から順番に攻略して全フロアの飲食店を制覇しようと目論んでいたのだが、2Fは超人気の”本格ピッツァ、イタリアンのお店”で何時行っても客で一杯なので、仕方無く初訪問は5Fにある『天ぷら海鮮 神福』からだった。が、その後は4Fにある『あなご料理 柊』、その次は3Fにある『肉グリル&イタリアン SORAIRO KITCHEN ソライロキッチン』と訪問して来たので、いよいよ今回こそ2Fのお店に・・・と思ってエレベーター前に行ってみると、以前は夜から営業のみだった6Fと7Fにあるお店が何時の間にやらランチを初めたと言うポスターが貼ってあるので、見てみると・・・。
 
igu&peace(イグアンドピース)ランチ&カフェメニュー
先ず目に留まったのがこちらの7Fにある『igu&peace(イグアンドピース)』のランチ&カフェメニューの左上にある”ボルケーノ”の写真で、写真が小さくて判り難いが何やら私の大好物である肉が山の様に高くそびえ立っている様に見えるのだが、どうやらこれは”ローストビーフ丼”らしい・・・。で、最近も相変わらずあちらこちらのお店で”ローストビーフ丼”を食べている事もあって、このお店に行こうと思ったのだが、ふと6Fのお店のランチの案内を見ると、そちらにも”ローストビーフ丼”があって、更に6Fのお店は土日祝しかランチをやって無いと書いてあったので、折角なので6Fにあるお店の方へ行ってみた。
 
焼酎・黒豚芋蔵
こちらが今回行ってみた『キュエル姫路』の6Fにある『焼酎・黒豚 芋蔵』と言うお店で、公式サイトの案内に寄ると”全国から集めた200種類の焼酎と鹿児島産黒豚の盛り合わせや博多のもつ鍋等、九州のうまいもんがギッシリつまった焼酎ダイニング”との事。で、先にも書いた様に4月の末に『キュエル姫路』が誕生した時は夜営業のみだったのだが、何時の間にやら土日祝のみランチを始めたらしい・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵
ちなみに『焼酎・黒豚 芋蔵』の店内はこんな感じで、エレベーターを降りて直ぐの正面から見た表側の雰囲気は、以前に行った他のフロアと良く似た造りだったのだが、流石に店内はお店毎にアレンジされているようだ。とは言え、この時は入口入って直ぐの席に案内されたので、この店の奥の方の様子は伺う事は出来なかった・・・。後から来た予約のグループ客は奥の方へと案内されていたので、もしかすると個室とかがあるのかも知れない・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵お昼の献立
それはさて置き、こちらが『焼酎・黒豚 芋蔵』が土日祝のランチタイムのみで最近始めたと思われる”お昼の献立”で、最初にこのメニューを見た時は、外がメチャ寒い日だったので”鹿児島産黒豚の黄金 ねぎしゃぶしゃぶランチセット”を食べてみようと思ったのだが、残念ながらそちらは二人前からの注文になっている・・・。仕方が無いので、同じくお店のご自慢である黒豚を使った”黒豚肩ロース 鉄板ステーキセット”を食べようかと思ったのだが、そもそもその前に7Fのお店に行こうと思ったきっかけの・・・、あるいは最近もあちらこちらのお店で食べている”ローストビーフ丼”を食べる事に決定!それにこのメニューは、私の弱点とも言える”数量限定”とも書いてあったし・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”和牛ローストビーフ丼  ~温泉玉子添え~”で、他に”がめ煮”が入った小鉢、”特製豚汁”のお椀、”香物”の小皿がセットになってお値段は税込価格1280円也。例に寄って写真を見ただけでは全体のボリュームが判り難いのだが、メインの”和牛ローストビーフ丼”の器も”特製豚汁”が入ったお椀も結構大き目サイズなので、実際に食べてみるとかなりの量があった・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
そしてこちらがメインの”和牛ローストビーフ丼  ~温泉玉子添え~”で、このお店が和食&居酒屋さんと言う事もあってか、”ローストビーフ丼定番のヨーグルトソース”の様な物は無く自家製特製ソース”のみの様だが、丼鉢の一角にはワサビが添えられているし、トッピングのネギも長めにカットされている辺りが、ちょっと珍しい・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
更に”和牛ローストビーフ丼”の反対側を見てみるとトッピングの”温泉玉子”の脇にはこの様な、多分”ローストビーフ”の切れ端の部位?の様な肉もあった。試しに先にこちらを箸で摘まんで食べてみるとしっかり目の食感だが肉の旨味もたっぷりでメチャウマい!何と無くこれだけでも酒のあてになりそうな味だ。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
そしてこちらが”和牛ローストビーフ丼”の命とも言える”和牛肉のローストビーフ”で、ご覧の通り私好みのレア状態のエエ色艶をした肉で、更に中々の厚みもある。で、これにどちらかと言うとあっさりした感じの”自家製特製ソース”を絡めて食べるとメチャウマい!流石に和牛を使っていると言う事もあって、やはり”牛丼チェーンのローストビーフ重”や”回転寿司チェーンのローストビーフ丼”とは一味も二味も違う美味しさだ
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
ちなみに、こちらは”和牛ローストビーフ丼”にトッピングされていた”温泉玉子”で、ご覧の様に卵黄自体は結構固目ではあったが、その代わり丼鉢の底の方に流れてしまう事も無く、そのまま”ローストビーフ”や白いご飯と一緒に食べるとこれまたウマい!やっぱお肉と玉子のコンビネーションは抜群だ!
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
それともう一つ、先にも書いた様に”和牛ローストビーフ丼”には他にもワサビも添えられていたので、”ローストビーフ”に乗せてご飯と一緒に食べてみると、何と無く”肉の握り寿司”っぽい味わいがあってこれまたウマい!”ローストビーフ”にワサビと言う組合せは以前にも”ながさわ”、”加古川プラザホテル”、”和食さと”等でも食べた事があるが、ソースとの相性もあってか今回が一番美味しかったかな・・・。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
そしてこちらは”和牛ローストビーフ丼”に付いていた”特製豚汁”で、最初に見た時はこのお店が九州の郷土料理をメインにしている事や、スープ自体にも透明感があったので”さつま汁”なのかな?と思いつつ食べたのだが、これが結構具沢山で中々ウマい!”和牛ローストビーフ丼”のセットで食べるよりも、どちらかと言うと白いご飯と一緒に食べてみたい気がした。
 
焼酎・黒豚芋蔵和牛ローストビーフ丼
ちなみにこちらも”和牛ローストビーフ丼”に付いていた”がめ煮”と”香物”で、これまた最初のメニューを見た時に”がめ煮”って何だろう?と思っていたのだが、パッと見た感じは鶏肉や小芋や椎茸等を煮た様な、何処と無く良くある和食の惣菜みたいな内容だ。気持ち的にはこう言った小鉢はセットでは無く、先にこれだけ出してくれたら生ビールのあてに最適だったのだけど・・・。
 
てな事で、この日は久々に4月末に姫路駅前に誕生した『キュエル姫路』に行ってみたら6Fと7Fにあるお店が何時の間にやらランチを初めていたので、試しに6Fにある『焼酎・黒豚 芋蔵』で”和牛ローストビーフ丼”を食べてみたのだが、最近もあちらこちらのお店で食べている”洋風テイストなローストビーフ丼”とは少し違った感じながら、中々ウマかった!それにセットで付いていた”特製豚汁”も美味しかった。そんな事もあって今度はランチメニューの中にあった”黒豚肩ロース 鉄板ステーキセット”を食べに行こうと思うのだが、その前に7Fにあるお店で”ボルケーノ”を食べるのが先かな・・・。

WordPress.com Blog.