義史のB型ワールド

2016年11月26日

姫路飾磨の祭り見物の後、姫路駅前にある”ミライザカ”で”岩手みちのく清流若鶏”の”モモ一本グローブ焼き”と”モモ一本グローブ揚げ”を食べてみた!どちらも超ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く10月上旬の頃の話題・・・。いよいよ播州地方に秋祭りシーズンが到来したので先ずは姫路飾磨の祭り見物へ行った後、この日は運転手に甥っ子が居たので久々に姫路駅前まで飲みに行く事になった。で、向かった先は今年の夏頃?にお店が誕生した直後から一度は食べに行ってみたいと思っていた”モモ一本グローブ揚げ”が名物の居酒屋さんで、お店前は何度も通った事があるのだが当然の如く夜しか営業して無いし”モモ一本グローブ揚げ”の他に”モモ一本グローブ焼き”もあったので、どうせなら両方食べてみたいと思っていたので甥っ子が居た方が心強いと思ってこの日に行こうと思ったのだった。
 
旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ/姫路店
で、こちらが今回行って来た姫路駅前近くにある『旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ/姫路店』で、お店がある場所はOSビル横の大手前筋からみゆき通りへ抜ける駅前だが意外と人通りの少ない通りなので若干存在感は薄い気がする。ちなみに、最近になって明石駅前にもお店が出来たらしいのだが、その時の情報ではどうやら居酒屋チェーンのワタミ系列のお店らしい・・・。
 
旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ/姫路店のメニュー
そしてこちらがこのお店のオススメメニューの一覧で、ご覧の様にこのお店は”みちのく清流若鶏の唐揚げ”が名物のお店らしく”モモ一本グローブ揚げ”があったり”モモ一本グローブ焼き”もあったりと中々楽しげなお店だ。そう言えば”岩手みちのく清流若鶏”と聞くと、何年か前に同じ様に祭り見物の後に飲みに行った岩手切炭焼き鳥 火の鶏』と言うお店の事が頭に浮かんだのだが、関係があるのかどうかは知らないし、そちらのお店はもう無いのでどうでもエエか・・・。
 
で、置き、早速この”モモ一本グローブ揚げ”と”モモ一本グローブ焼き”を頼もうとしたら、店員のオネエチャンが結構ボリュームがあるので大丈夫ですか?みたいな事を仰る・・・。一人で二本を食べる訳では無いし、そもそも以前からあちらこちらのお店で”骨付鳥”を食べているので、全然平気な気がしたのだが、単にあの子がちょっと心配症だったのかも知れない・・・。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカつきだしのキャベツ
それはさて置き、”モモ一本グローブ揚げ”と”モモ一本グローブ焼き”を始めとして何品かの料理を注文した後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”つきだしのキャベツ”で、ちょっと変わった味噌ダレ?みたいな物が付いている。これを見ると、またまた何と無くであるが『岩手切炭焼き鳥 火の鶏』で出て来た”ばっけ味噌”とかに似てる様な気もしたのだが・・・。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカうずらのニンニクたまり漬け
で、一足先に運ばれて来た”つきだしのキャベツ”をつまみに生ビールを飲みつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”うずらのニンニクたまり漬け”で、お値段は税抜価格399円也。ご覧の通り小鉢の中に”うずらの玉子”の上に刻み葱をトッピングしただけのシンプルな内容だが、商品名通りにニンニク漬けされていて当然の如くニンニク風味満載で、これはこれで中々ウマい!でも後半ちょっと飽きて来たので、普通に串カツで食べた方が美味しいような気もしたが・・・。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ秘伝の鶏モツ味噌煮込み
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”秘伝の鶏モツ味噌煮込み”で、お値段は税抜価格499円也。実物を見る前はスジコンとか牛肉のモツ煮込みの鶏モツ版?みたいなイメージをしていたのだが、具の中に豆腐が入っている事もあって何と無く”モツ鍋”っぽい印象で、こちらも普通に美味しいのだけど、そう言った点?で驚く程の味では無かったかな
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ焼き
そんなこんなしていると、いよいよ運ばれて来たのがこちらの”岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ焼き”で、お値段は税抜価格999円也。運ばれて来るなり店員さん自らの手でカットしてくれたので、何時ぞやこのお店の近くにある『骨付き阿波尾鶏 一鴻』へ行った時と同じく、カットされる前の巨大な”若鶏モモ一本肉”の姿の写真が撮れなかったのだが、パッと見た感じは中々の迫力だ。ちなみにお店の商品案内に寄ると”揚げと並ぶミライザカ名物!「岩手みちのく清流若鶏」のモモが、一本まるごと鉄板焼に。パリッと香ばしい皮とジューシーなお肉、そしてガーリックが効いた特製ダレの味わいは、やみつきになること間違いなし!”との事。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ焼き旨唐揚げと居酒メシミライザカ岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ焼き
そしてこちらがカットされた後の”岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ焼き”で、店内の照明が若干暗めだったので取り敢えずそのまま撮ったのと、スマホのライトを照らして撮った二枚の写真を並べてみたのがこちらで、偶にこの手のグルメ写真で話題になるが、照明の当て方に寄って美味しく見える場合とそうで無い場合があるらしいのだが、雰囲気的には右側の写真の方が実際の色に近い気がする・・・。それはさて置き、カットしてあるので偶に”手掴みで食べる骨付鳥”のような丸かじりの豪快さは無いのだが、鶏肉自体はジューシーで中々ウマい!味の要となるタレは”高砂ご当地博で食べた丸亀骨付鶏”の方が美味しい気がしたが、その点は各自の好みの問題なので・・・。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ9_thumb
で、未だ先の”モモ一本グローブ焼き”を食べている途中で運ばれて来たのがこちらの”岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ揚げ”で、お値段は税抜価格999円也。先の事?があったので今回は運ばれて来た時に自分達で適当にカットして食べるので・・・と定員さんに告げたので今回は正に”若鶏モモ一本肉”のまんまだ!ちなみにこれまた商品案内に寄ると”大自然で育った「岩手みちのく清流若鶏」のモモを、まるごと一本唐揚げにしました。秘伝のタレに漬け込んだお肉を、これまた秘伝の揚げ方で衣はカラッと、中身はしっとりジューシーに。相性抜群のハイボールを片手に、豪快にどうぞ!”との事。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカa[1]_thumb
それはさて置き、こちらも別の色合で”岩手みちのく清流若鶏 モモ一本グローブ揚げ”を紹介するとこんな感じ。で、流石にこちらも丸かじりする事はせずに自分達の手で食べ易いサイズにカットして食べると、基本的には”鶏の唐揚げ”に近いが商品説明通りのジューシーな鶏肉で、それにタレの味が浸み込んでいるのかメチャウマい!流石にお店の看板商品だけの美味しさだった!
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ馬刺しの握り旨唐揚げと居酒メシミライザカ馬刺しの握り
そんなこんなで取り敢えず”モモ一本グローブ揚げ”と”モモ一本グローブ焼き”を食べたのでお腹も十分満ち足りて来たので、そろそろ〆のご飯物でも・・・と思い頼んだのがこちらの”馬刺しの握り”で、お値段は税抜価格599円也。個人的に少し前に飛騨高山へ行った時にも食べたような”牛肉の握り寿司”も大好きでお店のメニューの中で見つけると良く食べているが、残念ながらこのお店には”牛肉”は無くて”馬肉”のみだった。で、”馬刺し”と言えば偶に当ブログで書いている様に、若かりし頃に2泊3日で熊本県南阿蘇国民休暇村に行った時に夕食の後の接待?でご馳走になったのが初めて食べたのだが、それ以来結構好きになった。とは言え、この近辺にあるお店で食べると如何にも冷凍物の馬肉・・・が多いのだが、今回食べたこちらの”馬刺しの握り”はとっても柔らかで”牛肉の握り寿司”に負けず劣らずの中々美味しいお寿司だった。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカひとくちハムカツ串
それはさて置き、私は生ビールやお店オススメのジムビームハイボール等を飲んだ事もあって既に満腹状態だったのだが、甥っ子が未だ食べたいと言うのでお手軽な料理なら・・・と思い追加したのがこちらの”ひとくちハムカツ串”で、お値段は税抜価格450円也。ご覧の通りハムを一口大にカットして揚げただけのシンプルな串カツで、これに添付のソースや辛子を浸けて食べると普通にウマい!思っていた通りのお手軽なおつまみで、これはこれで中々楽しかったかな。
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカ特製こだわりつくね(卵黄添え)旨唐揚げと居酒メシミライザカ特製こだわりつくね(卵黄添え)
それともう一品、シェアして食べれる料理なら・・・と思って追加したのがこちらの”特製こだわり つくね(卵黄添え)”で、お値段は税抜価格299円也。ご覧の様な焼き鳥屋さんで食べる”串に刺した鶏のつくね”とか、あるいは鍋等に入っている”団子状のつくね”とも違う、何処かのお店で食べた”手ごねハンバーグ”の様な割と大き目の棒状になっている。これをドーナッツ状に丸めると少し前に”ココイチで食べた半熟タマゴ鶏つくね”に似ている様な気もしたが、添付の卵黄を絡めて食べると中々ウマい!ちょっとタレが濃い目な印象だったけど、”焼鳥屋のつくね”とはまた違った味わいがあって中々美味しかった
 
旨唐揚げと居酒メシミライザカふんわり雪どけかまくらプリン旨唐揚げと居酒メシミライザカ濃厚ガトーショコラ
そしていよいよ帰る段になったのだが、甥っ子が未だ食べたいと言うので手伝ってくれるのであれば・・・と私が頼んだのがこちらの”ふんわり雪どけかまくらプリン”で、お値段は税抜価格350円と、甥っ子が食べた”濃厚ガトーショコラ”で、お値段は税抜価格599円也。甘い物は苦手ではあるが、プリンは結構好きな事もあってこの”ふんわり雪どけかまくらプリン”は中々美味しかった!とは言え途中で飽きて来たので半分は甥っ子に食べて貰ったのだけど・・・。
 
てな事で、姫路飾磨の祭り見物の後で姫路駅前にある『旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ』に行って”モモ一本グローブ揚げ”とか”モモ一本グローブ焼き”を食べてみたのだが、期待通りにどちらも超美味しかった!流石に一人で二本は要らないが、どちらか一本だけなら軽々と食べれそうな気がする。それは兎も角として先にも書いた様に明石の駅前にもお店が出来たらしいので、今度はご主人様と忘年会で明石店に・・・行くような事があるかな?
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.