義史のB型ワールド

2016年11月23日

久々に行った伊勢海老料理のお店”中納言”で、ちょっと珍しい”伊勢海老の土瓶蒸し”を筆頭に”活造り”や”ステーキ”等を食べた!やっぱ伊勢海老は海老の王様だ!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 8:50 午後
 
代理人記録
 
ちょっとした訳があって、以前から甥っ子に『伊勢海老料理 中納言』で、ご馳走してくれると言う話が出来た。が、しかしお店が神戸方面まで行かないと駄目と言う事もあって、中々行く機会が無く延び延びになっていた。そんな我々の心の内を察したかの様に『中納言』から創業感謝祭のDMが届いた。最近は数年に一回食べに行く程度なのだが、個人的には20年来の『中納言』会員なので、年に数回DMが送られて来るのでそれ自体は珍しくは無いが、何時もは見開くタイプのハガキサイズなのに、今回は何とA4のチラシサイズでしかも広げるとA3になる巨大な案内だった。更に感謝祭の内容を見ると、個人的にメチャ興味を惹き付けられる”伊勢海老の土瓶蒸し”があったり、更には5000円の割引券も付いていた。日頃から”かつやの100円の割引券”や”吉野家の50円の割引券”ですら大事にしている節約家or倹約家?である私なので5000円の割引は結構大きい!この折角のチャンスを逃すのは勿体無い!と話がまとまったので久々に食べに行ってみた。
 
活伊勢海老料理中納言/神戸ハーバーランド店
こちらが久々に行って来た『活 伊勢海老料理 中納言/神戸ハーバーランド店』で、このお店がある『神戸ハーバーランドumie』は数年前にリニューアルしてから結構賑わっていて、流石にこの時は土曜日のディナータイムと言う事で、少しお高目のお店な割に店内は結構賑わっていた。ま、そんな事もあるかと、昼頃に予約の電話を入れていたので、一応窓際の席(と言っても窓の外はハーバーランドのビルが見えるだけだが・・・)に案内されたのだが、何時の間にやら窓際の席は全部埋まり、中央のテーブル席も結構な割合でお客さんが居た程だった・・・。
 
活伊勢海老料理中納言創業感謝祭2016メニュー活伊勢海老料理中納言創業感謝祭2016メニュー
そしてこちらが、8月の終わり頃だったかに『中納言』から送られて来た”創業感謝祭2016”の案内のDMで、先にも書いた様に見開くとA3サイズになる巨大なチラシだ。で、その内容を見ると前半と後半でそれぞれの特別コースが登場するらしいのだが、この中で一番気になったのが、前半に登場するコース料理は”伊勢海老の土瓶蒸し(並)”が含まれているし、更には追加で注文出来る一品料理の中には特大サイズもあって中々悩ましい内容だ!
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)1
ちなみにこちらがDMの下の方に乗っていた”伊勢海老の土瓶蒸し”のメニュー部分で、ご覧の通り特大と並では見た目にかなりの差があるようだ・・・。そんな事もあって、前半に登場する”伊勢海老の土瓶蒸し(並)”付きのコースに含まれる並を特大に変更出来ないのか?とか、そもそも特大が付くコース料理は無いのか?と無理難題を言ったからなのか、一旦オネエサンはお店の奥に引っ込んで、戻って来た後で言う事には”この写真はあくまでイメージなので、実際に出て来る料理は・・・”と、我々が過度の期待をしない様に?釘を刺された・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄メニュー写真活伊勢海老料理中納言萌黄おしながき
それは兎も角として、食べるだけならば並で十分なのだが、ブログのネタ的?に特大の実物が見てみたい!しかも先にも書いた様にDMに5000円分の割引券が付いていたので、言い換えると?”伊勢海老の土瓶蒸し”の特大が無料で食べれるとも取れる・・・。そんなこんなで長考する事約10分・・・、”伊勢海老の土瓶蒸し”の特大サイズを1つだけ追加する事にして、メインのコースは通常メニューの中から”伊勢海老の活造り”や”伊勢海老のステーキ”等が食べれる”萌黄(もえぎ)”と言うコースを食べる事に決定!!!
 
活伊勢海老料理中納言萌黄食前酒
で、先ず最初に運ばれて来たのが毎度お馴染みの”食前酒”で、今回は絶対にアルコールが欲しくなるだろうと思ったので、電車で来たので気兼ねなく飲める・・・。ま、メニューの内容を見ると沢山の料理が出て来るので、飲み過ぎると食べ切れなくなるので、どちらかと言うとそちらの事がちょっと心配だったけど・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の冷製活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の冷製
そして先に運ばれて来た”食前酒”に続いて、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”伊勢海老の冷製”で、何年か前にも同じネーミングの”伊勢海老の冷製”を食べた事があるのだが、その時は伊勢海老の身が少し入っただけの創作料理っぽい感じの物だったのだが、今回はご覧の通り伊勢海老を半身丸ごと使った料理のようで、表面にタルタルソースがたっぷりと塗られていてメチャウマそうだ!
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の冷製
で、早速この”伊勢海老の冷製”の身を殻から外して食べてみると、しっかりと火が通った状態ではあるがプリプリとした食感でメチャウマい!今年食べた伊勢海老と言えばエイプリルフールの日の少し後に”はなまるうどんで食べた伊勢海老うどん”以来なのだが、やっぱ伊勢海老は何回食べても超ウマい
 
活伊勢海老料理中納言萌黄海老の冷製活伊勢海老料理中納言萌黄海老の冷製
そんなこんなでコース料理の一品目である”伊勢海老の冷製”を食べ終えて暫くすると、続いてまたまた似たようなオードブルっぽい感じの料理が運ばれて来た・・・。料理を運んで来たスタッフの方の話に寄ると、こちらが今回食べた”萌黄(もえぎ)”コースの本来の前菜である”海老の冷製”で、先に出した”伊勢海老の冷製”は間違いでした・・・との事・・・。そんな事は我々はつゆ知らず・・・だったので、別にこちらは無くても良かったのだが、律儀に?あるいは作ってしまった?からなのか、こちらも出してくれたようだ・・・。でも、やっぱ先に食べた”伊勢海老の冷製”だけで十分だった気はするが・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の活造り活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の活造り
そしてその次に運ばれて来たのがコースの前半のメイン、あるいは伊勢海老料理には欠かす事の出来ない一品とも言えるこちらの”伊勢海老の活造り”で、例に寄ってこの写真だけではちょっと判り辛いが結構な大きさの伊勢海老だ!で、当り前の如く殻から身は取り出しているのだが、未だ頭の部分は動いている正に”活け伊勢海老”だ!
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の活造り3
ちなみに伊勢海老の頭部分・・・と言うのか顔側を見てみるとこんな感じで、この後で私が身を食べている間中もずっと顔や脚やヒゲがピクピクと、何と無く恨めし気に?最後の最後まで動いていた・・・。やっぱ活造りはこうで無いとね、みたいな・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の活造り4
そしてこちらが実際に食べた”伊勢海老の活造り”の身の部分で、先にも書いたように今年は”伊勢海老うどん”を、あるいは昨年は”伊勢海老の姿蒸し”を食べたのだが、”お造り”で食べたと言えば4年近く前に長島温泉で宿泊したホテルのディナーで食べた時以来の事だ。で、その時は割としっかりした食感のプリプリとした身だった気がするが、今回は正に”活造り”と言う事もあってか、何と無くモフモフ?としたような物凄く柔らかい独特の食感の甘みのある身でメチャウマい!やっぱこれからも何年かに一回は”伊勢海老の活造り”を食べに来ないとあかんなあ・・・と思った一瞬でもあった。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の甲羅揚活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の甲羅揚
それはさて置き、続いて運ばれて来たのは『中納言』でコース料理を食べると必ず付いている?ような気がする、毎度お馴染みのこちら”伊勢海老の甲羅揚”で、パッと見た感じは伊勢海老を丸ごと揚げた感じに見えなくも無いが、実際は身を外した後の殻に解した身やカボチャっぽい野菜を詰めて揚げた料理だ。ちなみにこの”伊勢海老の甲羅揚”は他に”伊勢海老のクリームコロッケ”を選ぶ事も可能だったけど・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の甲羅揚
で、折角なので”伊勢海老の甲羅揚”の中身を紹介するとこんな感じで、詳しい調理方法は定かでは無いが先に書いたようにカボチャをたっぷりと使った感じの甘い味で、普通に美味しいのだが、この日食べた伊勢海老料理の中では一番影の薄い一品だったかも・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)
そしていよいよ満を持して運ばれて来たのが、ある意味この日のメインとも言えるこちらの”伊勢海老の土瓶蒸し(特大)”で、例に寄って写真だけでは大きさが判り辛いと思って、今回は土瓶とiPhone6を並べて撮ったのだが、確かに大きな土瓶ではあるがDMを見て想像した雰囲気と比べると・・・、何と無く微妙なサイズのような気もしないでは無い・・・。てか、この時にも話題になったのだが、このボリュームなら一人ずつ頼んでも十分食べれたかなと言う気がした・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)
ちなみに折角?の”伊勢海老の土瓶蒸し(特大)”なので、反対側から見た様子とか、あるいはメインの具である伊勢海老の身部分等を見てみるとこんな感じで、当然の如く土瓶蒸しなので松茸やハモ等の定番の具もたっぷりと入っていて内容的には結構豪華だし、何より見ただけでも楽しげだ!これから先、何回土瓶蒸しを食べるかどうかは定かでは無いが、きっとこれ以上の豪華な土瓶蒸しに出会う事は無い様な気がする・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の土瓶蒸し(特大)
それはさて置き、早速この”伊勢海老の土瓶蒸し(特大)”を一人分ずつ取り分けて食べてみると、具は先にも書いた様に伊勢海老の他に松茸とハモも入っていて、ハモの身は他の具の影に隠れて?存在感は薄かったが松茸は1本を四等分したような大きさで中々ウマい!当然の如く、出汁の中に伊勢海老や松茸から浸み出た旨み成分が含まれているのか、それ以上に美味い!そう言えば残った土瓶蒸しの出汁は最後に出て来る”炊き込みご飯”にかけて食べても美味しい?とか言う説明があった気もしたが・・・、その後どうして食べたかは記憶にない・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄季節の一品活伊勢海老料理中納言萌黄季節の一品
そんなこんなでこの日一番食べたかった”伊勢海老の土瓶蒸し”を食べていると同じタイミングで運ばれて来たのがこちらの”季節の一品”の小鉢で、蓋を開けて中身を見てみると、一応は伊勢海老の身も入ってはいるが、どちらかと言うと魚がメインの様な内容だ。で、その魚の身も例に寄って種類は不明だが、私の苦手な青魚系の風味・・・。”伊勢海老の土瓶蒸し”に入っていたハモは普通に美味しかったのだが、この小鉢の中の魚はどちらかと言うと無くても良かったかな・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のお吸い物活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のお吸い物
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”伊勢海老のお吸い物”で、こちらは何時もは美味しくいただけるのだが、流石に今しがた”伊勢海老の土瓶蒸し”を食べたばかりだったのと、お吸い物と言いつつも赤出汁の様な結構濃い目の味な事もあって、今回ばかりは何時もの様な美味しさは感じ無かったかな・・・。ある意味、ちょっと贅沢な悩み?とも言えるかも知れないが・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄お口直しの氷菓
それはさて置き、お吸い物も出て来た事だしいよいよコース料理も終盤か?と思いきや、最初に紹介した”おしながき”を見れば判る様に、此処までが未だコースの中盤で、この後もまだまだ料理が出て来るのだが、先ずはその前にと運ばれて来たのがこちらの”お口直しの氷菓”で、その内容はと言うとご覧の通りのメチャ冷たいシャーベットだった。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄彩り新鮮野菜サラダ
そしてここからコース料理の後半・・・と言う事で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”彩り新鮮野菜サラダ”で、こちらもパッと見た感じは中々お洒落な雰囲気なのだが、流石にこちらには伊勢海老は入って無かった・・・。次に食べる機会があれば久々に”伊勢海老のサラダ活伊勢海老料理中納言伊勢海老のサラダを食べてみたいと思う・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のステーキ活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のステーキ
そしてその次に運ばれて来たのが”萌黄(もえぎ)”コースのメイン料理であるこちらの”伊勢海老のステーキ”で、メイン料理はこの”伊勢海老のステーキ”の他に”伊勢海老の季節の焼物”のどちらかが選べたので、折角なので私と甥っ子で別々の物を頼んで、それぞれをシェアして食べてみようと両方の料理を選んだのだった。それにしてもステーキと言うネーミングを聞いて想像した”伊勢海老の鉄板焼き”とか”伊勢海老の姿焼き”の様な料理とは全然異なる見た目だ・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のステーキ活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のステーキ
それはさて置き、早速に私が食べる分の”伊勢海老のステーキ”を更に取り分けてみるとこんな感じで、殻から外した伊勢海老の身に衣を付けて焼いた様な感じの料理になっていて、この日これまでに食べた伊勢海老とはまた違った味わいがあってこちらもウマい!気持ち的にはステーキハウス屋さんで食べる様な”伊勢海老の鉄板焼き”みたいな物を期待していたのだが、これはこれで中々楽しかったかな
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の季節の焼物活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老のステーキ
それともう一つ、こちらが選べるメイン料理のもう一つである”伊勢海老の季節の焼物”で、ご覧の様にこちらは殻付の姿焼き風になっていて、身に付いているソース?と言うのかタレは異なるが、最初に食べた”伊勢海老の冷製”の別バージョンのような料理だ。それにしてもステーキと焼物と言う料理名だけで、これだけ見た目が異なるとはちょっと不思議だ・・・(ある意味、洋風と和風と言うような区別かな?でも箸で食べ易そうなのはステーキの方だけど・・・)。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄伊勢海老の季節の焼物
で、こちらは身が殻に付いたままと言う事で、箸やフォーク&ナイフを使って身を解してみるとこんな感じで、先にも書いた様に食べ易さと言う点では面倒臭いが、如何にも伊勢海老を食べていると言う実感があって、中々美味しい”伊勢海老の季節の焼物”だった。ま、これまた”伊勢海老の焼物”と言えば、20数年前に伊勢鳥羽方面へ良く行っていた頃に旅館の夕食に出て来た、生きた伊勢海老をそのまま網の上に乗せて焼いて食べる料理が、一番美味しかった気はするが・・・。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄炊き込みご飯
そしていよいよコース料理も終盤、〆のご飯物で運ばれて来たのがこちらの”炊き込みご飯”で、セットで吸い物を香の物が付いている。ちなみに、こちらも他に”だし茶漬け”と言う選択種があったのだが、この日は”伊勢海老の土瓶蒸し”を食べた事もあって出汁入りの物は避けたのだった。で、”炊き込みご飯”と言う事もあって残念ながら伊勢海老の身は全く入って無かったが、味的には十分美味しかったかな
 
活伊勢海老料理中納言萌黄デザート活伊勢海老料理中納言萌黄デザート
で、〆の”炊き込みご飯”を食べた後で一息ついていると、最後の最後に運ばれて来たのがこちらの”デザート”で、ご覧の様にメロンとキウイ、それにヨーグルト?みたいな物が盛りあわせになっていて、最初に見た時はメロンが何と無くカボチャに見えたのだが、全体的に派手さは無いが普通に美味しい”デザート”だった。
 
活伊勢海老料理中納言萌黄食後の香り(レモンティー)
その他にも”食後の香り”と銘打ったドリンクも付いていてコーヒーか紅茶が選べたのだが、カフェインと伊勢海老料理を食べた興奮とで夜に眠れなくなったら困るので、無難にレモンティーを飲んだのであった!
 
てな事で、以前から食べに行く話になっていた『中納言』から偶々巨大なDMが送られて来て、その中にメチャ気になる”伊勢海老の土瓶蒸し”があったり、お得な5000円の割引券も付いていたので、折角のチャンスだと思い久々に食べに行ったのだが、ご覧の通りの盛り沢山で、更におまけで”伊勢海老の冷製”も食べれたしと、大満足のディナーだった。やっぱ年に一回位は『中納言』に行ってみたいなあ・・・と思っていたら、最近もまた大き目サイズのDMが送られて来たのだが・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。