義史のB型ワールド

2016年11月18日

毎度お馴染みの”なか卯”で”ローストビーフ重(ミニ)”と”小そば冷やし”を食べてみた!どちらも以前食べた時と全く同じ味だったが中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
あれこれと紹介したい話が山ほど溜まって来たが、取り敢えず牛丼チェーンネタが未だ残っていたので、先にそちらを消化しておこう・・・
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』にしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている(此処までは前回の記事を丸々コピペ・・・)。そんな『なか卯』から”ローストビーフ重”が登場したので、早速食べに行ってみたら何と何と玉子はトッピングされて無く、その代わりに次回訪問時に使える”こだわり卵”の無料券をくれた。”ローストビーフ重”は一回食べたので、もう十分かな?と思いつつも玉子をトッピングしたバージョンも食べてみたくなったので、またまた『なか卯』に行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、この日はちょっとした事情でディナータイムとしても少し遅めの午後8時近くの訪問だった事もあり店内は空いているだろうと思っていたのだが、意外や意外!店内に数組の先客が居たし、あるいはこの写真を撮っている時も続々とお客さんが入っていた。最近このお店に来ると、何時もそれなりに流行っている様だ。
 
なか卯ローストビーフ重(ミニ)と小そば冷やしなか卯ローストビーフ重(ミニ)と小そば冷やし
で、普通サイズの”ローストビーフ重”は前回食べたばかりだったので、それでは芸が無さ過ぎると思い今回はサイズが小さい”ローストビーフ重(ミニ)”と、流石にそれだけでは食べ足り無いだろうと思いセットで”小そば冷やし”を食べてみた。ちなみにそれぞれのお値段は490円と180円なので合計金額は税込価格670円也。最初は気が付かなかったのだが、食べてる途中で何かちょっと足りないなあ・・・と思いチェックしてみたらどうやら今回は”山わさびクリームソース”が付いて無いようだ。多分、小鉢が一杯だったので忘れられた様な気がする・・・。
 
なか卯ローストビーフ重(ミニ)
そしてこちらがメインの”なか卯のローストビーフ重(ミニ)”で、正確な量は定かでは無いが雰囲気的には前回食べた”ローストビーフ重(並)”の丁度半分位のボリュームのようだ。で、当然ながら味は全く同じなので、今回は食べた感想は割愛するが、先にも書いた様に”山わさびクリームソース”が無かったので、代わりに”小そば冷やし”に付いていた”北海道産の山わさび”を入れて食べると、それはそれでまた違った風味があって意外と美味しかったかな。
 
なか卯ローストビーフ重(ミニ)なか卯こだわり卵
それはさて置き、今回の最大の目的?は前回出来なかった”ローストビーフ重”に玉子をトッピングして食べる事・・・。が、今回はミニサイズだったので”こだわり卵”を全て入れるとバランスが悪い様な気がしたので、取り敢えず卵黄だけをトッピング!ご覧の通り『なか卯』ご自慢のオレンジ色した濃厚な色艶の卵黄で、これに”ローストビーフ”を絡めて食べると中々ウマい!玉子は無くても美味しいと思うが、やっぱあった方が色んな味わい方が出来て楽しい気がする・・・。
 
なか卯小そば冷やしなか卯小そば冷やし
そしてこちらが”ローストビーフ重(ミニ)”だけでは食べ足り無い気がしたので併せて注文した”小そば冷やし”で、お値段は180円也。『なか卯』と言えば元々が”京風うどん”が専門のお店なので、個人的にも余りこちらで”そば”を食べた記憶が無いのだが、パッと見た感じは中々美味しそうだ。ちなみに商品説明に寄ると”本格ニ八そばを使用し、風味が強く、のどごしが良いのが特徴です。薬味として添えられた北海道産の山わさびを加えてお召し上がりください”との事らしい・・・。
 
なか卯小そば冷やし
それはさて置き、早速この”小そば冷やし”を食べてみると、商品説明に書いてあったように割としっかりしたコシの麺で、ちょっと濃い目の出汁に浸けたり、あるいは麺に直接山わさびを付けて食べると中々ウマい!関西人な事もあって、普段はあまり蕎麦を食べないのだが、やっぱ昔懐かしい”山陽そば”とは次元の異なるしっかりとした麺だった。
 
てな事で、またまた行った『なか卯』で、今回は以前に貰った”こだわり卵”無料券を使って”ローストビーフ重(ミニ)”と、それに合わせて”小そば冷やし”を食べてみたのだが、どちらも以前に食べた事のある味と言う事もあって特に目新しさは無かったが中々美味しかった。最初に書いた様に、若かりし頃に良く食べに行っていた”吉野家のパチモンのような雰囲気”は一切無くなったが、その代わりに他の牛丼チェーンとは一線を画すメニューが登場するので、それはそれで楽しいかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.