義史のB型ワールド

2016年11月8日

毎度お馴染みの”和食さと”でも”ローストビーフ丼”があったので食べてみた!普通に美味しかったけどボリュームは少な目だったかな。

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2年位前の夏に神戸三宮へ行った時に、今では1~2時間待ちが当り前になった『レッドロック』と言うお店(但し私が食べに行ったのは『三宮東店』なので『元町本店』ほどの行列が出来ているかどうかは定かでは無い・・・)で”ローストビーフ丼”を食べて以来、あちらこちらのお店で食べていて、遂には回転寿司チェーンの『くら寿司』牛丼チェーンの『なか卯』や『大阪王将』でも食べたのだが、今度は『和食さと』でも”ローストビーフ丼”が販売されていたので食べてみた。
 
和食さと/加古川尾上店
こちらが久々に行って来た『和食さと/加古川尾上店』で、訪問時間はランチタイムには少し早目の午前11時半頃だったのだが、土曜日と言う事もあってか窓際の席は既にほぼ埋まっている状態!そんな事もあって、今回は店内中央辺りの厨房から割と近い席に案内された・・・。『和食さと』は滅多に利用しないのだが、意外と流行っているのね・・・。
 
和食さとローストビーフ丼のメニュー和食さとローストビーフ丼のメニュー
それはさて置きこちらが『和食さと』からも何時の間にやら登場した”ローストビーフ丼”のメニューで、ご覧の様に大盛とか特盛があり、更には単品か赤だしが付くセット等もあって選択種が沢山ある。とは言え、他店と比べる意味では並盛で無いと比較にならないし、赤だしは以前にも食べた事があるので、今回は赤だしを”茶碗蒸し”に変更して注文!!!
 
和食さとローストビーフ丼と茶碗蒸し
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ローストビーフ丼”と”粗挽き玉ねぎソース”が入った小鉢、それに”茶碗蒸し”のセットで、それぞれの税込価格は961円と108円なので合計金額は1077円なのだが、今回はJAFの会員証提示で5%引きとなって1024円也。何時もの如く写真だけでは中々伝わり難いが、パッと見た感じは思った程のボリューム感は無いと言う印象・・・。
 
和食さとローストビーフ丼
それは兎も角として、こちらがメインの”ローストビーフ丼”で、真ん中にトッピングされた温玉の大きさと比べてみると判る様に”ローストビーフ”もライス自体も何と無く少な目で、更に添付されている追加用の”粗挽き玉ねぎソース”の中にはワサビが入っているので何と無く和風っぽい印象。ちなみに商品説明に寄ると”しっとりと柔らかいローストビーフを、贅沢に使用した丼です。お肉と相性抜群の粗挽き玉ねぎソースでお召し上がりください”との事。
 
和食さとローストビーフ丼
そしてこちらが”ローストビーフ丼”の命とも言える”ローストビーフ”なのだが、他のお店と比べるとメチャ薄切りだし枚数も少ない・・・。確かに量に関しては先にも書いた様にメニューの中に大盛とか特盛等があるので、沢山食べたければそちらの方を頼めばしまいなのだが、それでも値段を考えてももうちょっと欲しい気がする。ま、薄い分?肉自体も柔らかく”粗挽き玉ねぎソース”を絡めて食べると中々美味しかったけど、今となってはそれだけではちょっとインパクトに欠けるかも・・・。
 
和食さとローストビーフ丼
で、”ローストビーフ”を何枚か食べた後で、丼の真ん中にあった温玉を割ってみるとこんな感じの限りなく生の状態で、後半は”ローストビーフ”が足り無く?なって来た事もあり、残り気味のライスをこの温玉を混ぜて”玉子かけごはん”風にして食べたら、それはそれで結構美味しかった
和食さと茶碗蒸し
それともう一つ、こちらは”ローストビーフ丼”とセットで頼んだ”茶碗蒸し”で、値段が100円なので内容はそれなりであるが、一応海老や鶏肉等の具が入っていて、当然の如く蒸したて熱々で普通に美味しい・・・。他の”ローストビーフ丼”専門店へ行くとスープ系が付いて来る場合が多いが、このようにセットで”茶碗蒸し”が食べれるのは流石和食屋さん・・・と言えるのかも知れない。
 
てな事で、毎度お馴染みの『和食さと』に久々に行ったらメニューの中にローストビーフ丼”があったので、思わず食べてしまったのだが、”ローストビーフ”自体は普通に美味しかったが値段の割にボリュームは少な目で内容的にもこれと言った大きな特徴は無かったような・・・。そんな事もあって今まで”あちらこちらのお店”で食べて来た”ローストビーフ丼”の中では順位は低い方かな・・・。
広告

WordPress.com Blog.