義史のB型ワールド

2016年11月5日

毎度お馴染みの牛丼チェーン”松屋”で”牛とじ丼”を食べてみた!牛丼の具を玉子でとじただけの様なシンプルな他人丼だが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな『松屋』から、”牛めし”と同系統な”牛とじ丼”とやらが登場したので食べに行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た『松屋/加古川平岡町店』で、この日は小雨が降る日曜日の午後1時近くの訪問だったので、きっとガラガラなのでは?と思いつつ入店すると、意外や意外カウンター席にもテーブル席にもチラホラとお客さんがいる・・・。で、カウンター席が若干狭苦しそうに感じたので、この日も隅っこのテーブル席を利用する事に・・・。
 
松屋牛とじ丼のメニュー
そしてこちらが『松屋』から新登場した”牛とじ丼”のメニューで、公式サイトには”プレミアム牛とじ丼”が大きく宣伝されているのだが、残念ながらこの界隈?ではそもそも”プレミアム牛めし”自体も販売しているお店が無いので、当然の如くどちらもプレミアムでは無い・・・。その代わりに値段が少し安いのだが、一度は”プレミアム牛めし”を食べてみたい気がする・・・。それはさて置き、毎度の事ながら単品で良いと思いつつ、今迄『松屋』で”お新香”を食べた事が無い気がしたので、今回は”お新香セット”を注文してみた。
 
松屋牛とじ丼お新香セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛とじ丼のお新香セット”で、他に『松屋』定番の”みそ汁”が付いてお値段は税込価格540円也。前回このお店に来た時はJAFのチラシに付いていたクーポンを使った事もあり”牛めし”と”生野菜(サラダ)”と”みそ汁”のセットで290円だった事を考えると、若干割高な気がするのだがビジネスマンのランチ価格としては安い方なのかも・・・。
 
松屋牛とじ丼
そしてこちらがメインの”牛とじ丼”で、先にも書いた様に”他人丼”のそのまんまに近いような内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”柔らかく煮あげた牛肉を特製のタレを使い、ふわふわの卵でとじた松屋の新メニュー”との事。で、そのお味であるが少し濃い目の甘辛い味付けながら、玉子のふんわり感牛肉が相まって中々ウマい!”牛めし”単品で食べると、その時々に寄ってタレが煮詰まった味に感じる事があるが、玉子とじになっている分、全体的にマイルドになっていてタレの影響は少ないのかも知れない・・・。
 
松屋牛とじ丼お新香セット
そしてこちらは”牛とじ丼お新香セット”に付いていた”お新香”で、先にも書いた様に今迄『松屋』で余り”お新香”を食べた事が無いので、何時もと同じ味なのかどうかは定かでは無いが、『すき家』や『吉野家』と比べるとメチャあっさりした漬かり具合の”お新香”だ。で、”牛とじ丼”の味が濃いから余計にそう感じたのかも知れないが、個人的にはもうちょっとしっかり漬かった味の方が好きかな。
 
松屋牛とじ丼お新香セット
それともう一つ・・・、どうでも良いが何時も通りの『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”も付いていた。で、ふと思い出したのが一度”みそ汁”を”豚汁”に変更してみようと思いつつ・・・、この日もすっかり忘れていた・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回は”牛とじ丼”を食べてみたのだが、商品名を聞いた時から大体イメージしていた通りの”他人丼”風に近い内容だったが中々美味しかった!で、この時は牛丼チェーンでは初めて食べた・・・と思っていたのだが、帰って来てから当ブログの過去記事を検索してみると『なか卯』でも”牛とじ丼”を食べた事があったようだ。でも今はメニューに無い事を考えると、余り人気は無かった?って事なのかも・・・。
広告

毎度お馴染みの”カレーハウスCoCo壱番屋”で”手仕込牛メンチ勝つカレー”を食べてみた!序でにビーフソースの牛尽くしにしてみたが、期待した割には・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 7:55 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に20数年前の私が京都に住んでいた頃に、店内に置いてあった週刊の漫画雑誌を愛読?する為、約3年間に渡って毎週の如く『CoCo壱』に食べに行っていた事もあり、私の好きな肉系のトッピングのカレーはほぼ全て制覇した!で、こちらに戻って来た時は流石に余り食べに行く事は無くなっていたが、偶に登場する様になった”月刊ココイチメニュー”とか”夜ココメニュー”に釣られてまたまた食べに行く様になっていた。が、最近はこれと言って食べてみたいカレーも登場しなくなったし、以前に登場した物ばかりになってしまったので、またまた食べに行く事が減った・・・。と思っていたら、流石に『CoCo壱』の方もそれに気が付いた?のか久々に新メニューで”手仕込牛メンチ勝つカレー”が登場したので食べに行ってみた(ほぼ前回の記事のコピペ・・・)。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、数年前に店内が若干改装されて以来、ほとんどこの『高砂北インター店』ばかりを利用しているのだが、先にも書いた様に以前に”夜ココメニュー”があった頃も良く食べに来ていた支店だ(『加古川平岡店』では”夜ココメニュー”はやって無かったので・・・)。
 
CoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーメニュー
そしてこちらが今回食べた期間限定で登場した”手仕込牛メンチ勝つカレー”のメニューで、確か昨年までのこの時期は”キャベツ入りのメンチカツ”を使ったカレーが登場していたのだが、今年は野菜が高騰?している影響があるのか、”キャベツ入り”では無く”牛メンチカツ”になっているようだ。とは言え『CoCo壱』で”牛メンチカツ”を食べるのは初めて?な気がするので、取り敢えずこちらの”手仕込牛メンチ勝つカレー”を食べる事に決定!!!ちなみに折角の”牛メンチカツ”なので序にカレーも”ビーフソース”に変更してみた!
 
CoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーwithビーフソース
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”手仕込牛メンチ勝つカレー with ビーフソース”で、お値段は税込価格1045円也。若干値段が高くなってしまったが、先ずは久々に食べる”ビーフソース”から食べてみると、確かに何時もの”CoCo壱定番のポークカレー”とは全く異なった味わいがあるのだが、旨いかどうかと聞かれると若干微妙・・・。ちなみに商品説明に寄ると”ビーフの旨味が凝縮された深みとコクのあるカレーは、もうひとつの定番カレー”との事なのだが、値段も少し高い事を思うと普通のポークソースで十分かも・・・。
 
CoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーwithビーフソース
そしてこちらが”手仕込牛メンチ勝つカレー”のメインの具である”肉のうまさがGYU(ギュッ)とつまった牛メンチ!”なのだが、何かこの日は提供時間が長いなあ・・・と感じていたように?裏面を見ると少し揚げ過ぎて衣が焦げている様子・・・。そんな事もあってか、あるいはキャベツが入って無いからか今一つジューシーさを感じ無い牛メンチ”だ。
 
CoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーwithビーフソース
ちなみにその”手仕込牛メンチ勝つ”の断面を見てみるとご覧の通りで、揚げ過ぎと言う事もあって肉汁は一切無く正に肉自体がギュッと固まった様な感じだ。やっぱお店が忙しい時間帯に食べに来ると、調理が雑になる?って事なのかも・・・。
 
CoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーwithビーフソースCoCo壱番屋手仕込牛メンチ勝つカレーwithビーフソース
それはさて置き、今回食べた”手仕込牛メンチ勝つカレー”は毎度お馴染みの”手仕込みシリーズ”!って事で、何時も通りに”芳醇ソース”も付いて来たので折角なので後半は”芳醇ソース”をかけて食べてみたのだが、ジューシーさが無い分、ソースをかけて食べた方が美味しかった気がする・・・。
 
てな事で、京都に住んでいた頃からざっと数えて20数年の間利用している毎度お馴染みの『CoCo壱』で、今回は”手仕込牛メンチ勝つカレー with ビーフソース”を食べてみたのだが、”手仕込牛メンチ勝つ”自体も、あるいは久々に選んだ”ビーフソース”自体もどちらも今一つパッとしなかったなあ・・・。てか最近登場するフェアメニュー自体にも面白味が無いし・・・。そろそろ私も『CoCo壱』を卒業する日が近づいて来たって事なのかも・・・。

WordPress.com Blog.