義史のB型ワールド

2016年10月25日

待ちに待った?加古川ニッケパークタウンがリニューアルオープンしたので、早速一番気になるフードテラスをチェックしに行ってみた!中々楽しげな雰囲気に生まれ変わった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:40 PM
 
代理人記録
 
飛騨高山温泉&白川郷へ行った時の話が長く続いたので久々に新鮮な話題・・・。
 
加古川ニッケパークタウン数年ぶりの大改装をする為に6月の末頃に一時全店閉店となった・・・。そんな事もあって、その直後に開業した加古川中央市民病院へ行った客?が買物や食事をする為には加古川駅前まで行かないと駄目になったので、若干不便な状態だった事もありその復活が待ち望まれていた。で、遂にその加古川ニッケパークタウン装いも新たにリニューアルオープンしたので、私の一番関心処であるフードコートがどの様に生まれ変わったのか早々にチェックしに行ってみた!
 
ニッケパークタウンフードテラス
こちらが今回行って来た加古川ニッケパークタウンの2Fに新しく誕生したフードコートならぬフードテラスで、以前に1Fにあったフードコートは若干の草臥れた感があったが、今回は店舗数は多く無い物の、ちょっとした郊外型巨大ショッピングセンターの中にあるフードコート並の明るい雰囲気になっている。更に”子育て応援ショッピングセンター”をコンセプトにしている事もあって、南側の方には子連れ客が利用しやすいファミリーテーブル席や座敷風の席が完備されていた!
 
ニッケパークタウンフードテラス肉タレ屋
そしてこちらが一ヶ月程前にこのフードテラスに出店するお店のリストを見た時から一番最初に食べに行くと決めていた黒毛和牛ローストビーフと甘辛焼きすきの味わい丼が味わえるお店肉タレ屋』で、実際にこの後で”甘辛焼きすきと黒毛和牛のローストビーフの味わい丼”を食べたのだが、その話はまた後程・・・。
 
ニッケパークタウンフードテラス揚げ天まる
続いては先に紹介した『肉タレ屋』と、どちらで食べるべきか少し悩んだ、揚げたて天ぷらと天丼の専門店揚げ天まる』で、メニューをチェックすると今年に春頃に大阪で食べた”日本橋 天丼 金子半之助の江戸前天丼”とか、姫路で食べた”天ぷら海鮮 神福の大海老天丼”の様なインパクトのあるようなメニューは無かったが、これまた子育てファミリーを意識してか、一番安い天丼は税抜450円と中々リーズナブルなお店で、どうやら『焼肉でん』がプロデュースしているらしい・・・。実は現時点でこのお店でも既に食べたのだが、その話は未だ内緒・・・。
 
ニッケパークタウンフードテラスcafe & pancakes gram
ちなみにその『揚げ天まる』の隣にあったのが、”ご注文をいただいてから1枚1枚丁寧に焼く、素材にこだわったふわふわ食感”で人気のパンケーキ専門店『cafe & pancakes gram』で、私がこのフードテラスに到着した時は一番の長い行列が出来ていた・・・。とは言え写真を見ると判る様に、行列の半分ぐらが女子高生で何となく私には縁の無さそうなお店と言う雰囲気を感じたが・・・。
 
ニッケパークタウンフードテラスさぬき大名
そしてその次に目新しいお店をチェックしてみると、こちらがフードテラスの東側にあった、セルフ式自家製麺のさぬきうどんと、どんぶりの専門店さぬき大名』で、所謂『丸亀製麺』風な感じだ。で、最初は気が付かなかったので写真を撮り忘れたのだが、このお店の側面は『どんぶり一番』になっていて、そちらでは丼系のメニューが食べれるようだった
 
ニッケパークタウンフードテラスらーめん幸楽苑
そしてその『さぬき大名』の隣にあったのがこちらの『らーめん幸楽苑』で、『幸楽苑』と言えば当ブログでも再三登場しているすっかり同じみの格安ラーメンチェーン店なので、私があえてこのフードテラスに来て利用する事は無いかな?と思っていたのだが、何気にメニューをチェックすると一押し商品のはずの”醤油らーめん『司』”が無かったり、逆にこのお店限定のメニュー等があったりと少し内容が異なる・・・。そう思って改めて看板を見ると『中華そば 幸楽苑』では無く『らーめん 幸楽苑』となっているので、ちょっとコンセプトが違うお店になっているのかも知れない・・・。
 
ニッケパークタウンフードテラス長崎ちゃんぽんリンガーハット
更にその『らーめん幸楽苑』の隣には「長崎ちゃんぽんを世界の日常食に」を合言葉に全国展開する長崎ちゃんぽん専門店『長崎ちゃんぽんリンガーハット』があったのだが、こちらも割りと当ブログでお馴染みのお店で、数年前から全国的には超人気のチェーン店な割にこの界隈には余り店舗が無かったのだが、此処数年で姫路や加古川辺りにも雨後の竹の子の如くお店が増えた。とは言えメニューを見ても何ら変わり映えしない内容だったので、態々このフードテラスのお店を利用する事は無い様な気がする・・・。
 
ニッケパークタウンフードテラスロッテリア
で、このフードテラスの最後に紹介するのがこちらの『ロッテリア』で、それこそ『ロッテリア』には30年以上はお世話になっている?ので、こちらも私が態々このお店を利用することは無い・・・と思っていたのだが、この後何度かこのフードテラス内を散策したら、時間帯に寄っては行列が出来ている時があった・・・。思わず此処で並ぶぐらいならサンモール高砂に行って・・・と思ってしまったのだが・・・。
 
ニッケパークタウンレストラン街回転寿司 海鮮三崎港
それはさて置き、フードテラスから今度は1Fの方にあるレストラン街の方へ足を運ぶと、以前はマクドだった場所のそれ程広くは無い一角にこの様な『回転寿司 海鮮三崎港』が出来ていて、ご覧の通りお店の入口には溢れんばかり?と言うのか、入店待ちのお客さんがどどどどーっと並んでいた。ちなみにメニューをチェックすると全皿100円・・・の格安店では無く、そこそこのお値段がする回転寿司屋さんみたいだったが、結構人気なのが意外かも?
 
ニッケパークタウンレストラン街ごはんdeカフェ
そしてそのレストラン街の中で先の『回転寿司 海鮮三崎港』に続いて気になったのがこちらの『ごはんdeカフェ』で、お店の紹介文を読むと”カフェ風のロハスな食器雑貨で、バランスと栄養を考えたヘルシーな手作り和食を、オシャレなカフェスタイルでお楽しめるお店”との事。で、ショーケース内の料理を見ると、若干おじさんが好む様な内容では無い気がしたが、場所的に気軽に入れそうなお店なので、このお店は何度も利用する機会がありそうな気がする・・・。
 
ニッケパークタウンレストラン街サンマルクカフェ
そしてその『ごはんdeカフェ』の斜め前位にはこちらの『サンマルクカフェ』があったのだが、流石にこちらはあちらこちらで見掛ける巨大チェーン店なので、きっと私が利用する事は無い・・・と思ったけどメニューを見るとホットサンドが美味しそうだったので・・・。
 
ニッケパークタウンレストラン街かつ喜&きらく
ちなみにその他にも1Fのレストラン街には年内に『とんかつ かつ喜』と『大阪うどん きらく』と言うお店も出来るらしい・・・
 
Kiss Music Presenter 公開収録 at ニッケパークタウンKiss Music Presenter 公開収録 at ニッケパークタウン
最後に・・・、この加古川ニッケパークタウンのリニューアルオープンを記念して、少し前のイオン加古川リニューアルオープンと同じ様に“Kiss Music Presenter 公開収録 at ニッケパークタウン”の公開収録が行われていた!そしてその目玉は”悟の喝!と岬のおめでとう~!が合体した、岬と悟のおめ喝!”だったのだが、その模様は・・・、あ、今夜の放送だったっけ・・・
 
てな事で、約4か月間の休眠期間を経て漸くリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンに行ってみたのだが、30年前にこのニッケパークタンが誕生した時からずっとあった『カノコ系のお店』や『お好み焼はよし』、それに『城山うどん』等の姿は無かったが、その代わりに新しいお店が何軒も出来たので、当分の間このフードテラスとレストラン街だけで楽しめそうだ
広告

久々に行った定食チェーンの”ザめしや”で”牛すき鍋と松茸ごはん”を食べてみた!どちらも期待していた内容とはちょっと違っていた様な・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:29 PM
 
代理人記録
 
日中は兎も角として、朝晩は結構肌寒くなって来た事もあって牛丼チェーンの『すき家』からは毎年恒例の”牛すき鍋定食”が『吉野家』よりも先に今年も登場し、私も既に食べたのだが例に寄ってその話はもうちょっと先に紹介するとして、先ずはその前に20年ぶり位?に食べに行った『めしや』で食べた”牛すき鍋”と”松茸ごはん”のお話・・・。
 
ザめしや/姫路飾磨店
こちらが今回食べに入った『ザめしや/姫路飾磨店』で、『めしや』と言えば私が大阪に住んで居た若かりし頃や、あるいはその後頻繁に大阪方面へ仕事で出掛けていた頃に偶に昼飯を食べに利用していた結構古くからある定食チェーンで、この辺りでも明姫幹線沿いの加古川尾上や播磨町辺りにお店があったのだが、10年以上前にどちらのお店も閉店してしまったので久々の『めしや』の訪問だ。
 
ザめしや牛すき鍋フェアメニューザめしや松茸ごはんフェアメニュー
そしてこちらがこの時に開催されていた一人鍋や秋限定のメニューで、当初は”牛すき鍋”だけで十分かと思ったのだが、ご飯は別途頼む必要があったので折角なので”松茸ごはん”も併せて食べてみる事に決定!!!
 
ザめしや牛すき鍋と松茸ごはん
で、このお店は基本的にはカフェテリア形式?と言うのか、自分で好きな料理をセルフで選んで食べるスタイルのお店なのだが、例に寄って私が頼む料理は何時も注文してから作ってくれる場合が多く、今回も出来上がってから直接テーブルまで運んで来てくれたのがこちらの”牛すき鍋”と”松茸ごはん(レギュラー)”のセットで、お値段はそれぞれ税込価格648円と378円なので合計1026円也。牛肉と松茸の黄金のコンビ?と言う事もあって、ちょっと前に『吉野家』で食べた”松茸牛丼”よりも高い・・・。
 
ザめしや牛すき鍋
それはさて置き、こちらが『めしや』では初めて食べるような気がする”牛すき鍋”で、”毎年あちらこちらの牛丼チェーン店で食べる牛すき鍋”と比べると、メインの牛肉より、やけに青ネギの存在感を大きく感じる見た目だ。ちなみにノーマルのままだと鍋の中には”うどん”すら入って無いので、単純に価格だけで評価すると牛丼チェーン店で食べる方がコストパフォーマンスは良いような・・・。
 
ザめしや牛すき鍋
そしてこちらが”牛すき鍋”の命とも言える”自慢のだしで煮込んだと言う牛肉”で、産地は米国・カナダ産を使用との事。で、基本的には一般的な”すき焼風の甘辛い味”で普通に美味しいのだが、個人的な好みで言うと少し濃い目と言う気もしないでは無い。更にお肉の量も値段の割りには大した程では無かったので、そう言った点でも牛丼チェーンで食べる方がエエ気がする・・・。
 
ザめしや松茸ごはん
それともう一つ、こちらが”牛すき鍋”とセットで頼んだ”松茸ごはん”のレギュラーサイズなのだが、パッと見た印象はメニューの写真を見て感じたウマそう!・・・と言う思いが全然沸いて来ない見た目だ。更にご飯自体も少し固めの炊き加減だし、味も結構薄味で若干私が期待していた松茸ごはん”とも少し違ってたかな・・・。
 
ザめしや松茸ごはん
ちなみに”松茸ごはん”に入っている”松茸”を探してみると、取り敢えずはこんな感じの細かく刻まれた物が沢山入っていたが、これまた少し前に『吉野家』で食べた”松茸牛丼”のような、しっかりとした”松茸”の形が判るような物は一切入って無かった・・・。ま、値段を考えるとこれが限界なのかも知れないので、取り敢えずは納得しておこう・・・。
 
てな事で、20年ぶりぐらいに行った『めしや』で”牛すき鍋”と”松茸ごはん”を食べてみたのだが、値段の割には期待した程の内容では無かったなあ・・・。と言うのかやっぱもうちょっとお金を張り込んで『とけいや』の”すきやきセット”(これでも安い方か?)とか『生州割烹 輝高』の”松茸ごはん”を食べてみたいもんだ・・・。

WordPress.com Blog.