義史のB型ワールド

2016年10月23日

飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーその11!ちょっと遅めのランチで北陸自動車の南条SAで”ボルガライス”ならぬ”ボルガラーメン”を食べた!正にB級グルメの王道!

Filed under: ラーメン,旅行 — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーもいよいよ終盤!『ひだ白川郷合掌村』を観光した後”白山白川郷ホワイトロード”を通って福井へと抜けたのだが意外と時間がかかった事もあって、この日は未だランチを食べていない!道中にこれと言って食べてみたい郷土料理?B級グルメが無かったからでもあるのだが、流石にみなさんお腹が空いて来たと仰るので最初は私の超オススメの福井B級グルメの代表格である”ソースかつ丼”を食べに『ヨーロッパ軒』へ行こうとナビをセットして向かっていたのだが、夜には兵庫県明石まで帰らないといけないので行程時間を考えるとそんな余裕が無い。そんな事もあって取り敢えず北陸自動車道に乗って最初に出て来るPAは飛ばして南条SAまで行って何か食べる事にした。
 
北陸自動車南条SA
で、こちらが遅めのランチを食べに寄った『北陸自動車の南条SA(サービスエリア)』の上り側で、個人的には京都在住の頃に何度か金沢まで車で行った事があるし、あるいは信州方面のスキー場へ行く時に偶に北陸自動車道経由で行っていた事もあり、この南条SAにも来た事がある様な気がするのだが、残念ながら写真も記録も残って無いので確かな事は判らない・・・。そう言った点でもこしてブログに書いて残して置くと、将来に頭がボケた時?の何かの参考になるような気がする・・・。
 
北陸自動車南条SA
それはさて置き早速『南条SA』の中へ入って行くと、”福井県が日本一の消費量を誇る「油揚げ」”、”福井県民の愛するB級グルメ、ソースカツ丼や、ボルガライス”、”絶品塩スープの中華そば”、”薄い琥珀色を泳ぐ関西風うどんとそば粉100%風味豊かな越前そば”等が食べれるお店が並ぶ結構広いフードコートがある。
 
北陸自動車南条SA海鮮レストラン越前地磯亭
更にその奥には”新鮮な海の幸を存分に味わえる本格海鮮レストラン”と言う『海鮮レストラン 越前地磯亭』もあって、最初はこのお店でもエエかな?とは思ったのだが、個人的にちょっと食べたいと思っていた蟹を使った料理メニューが未だ時期が早い事もあって残念ながら見当たら無い・・・。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華ボルガラーメンのメニュー
で、どうした物かと再びフードコートのメニューをチェックしていると何やら楽しげな”真夏のプレミアム ボルガラーメン”の貼り紙を発見!!!最初は何年か前に福井へ越前蟹を食べに行った時に食べた武生のご当地グルメ”ボルガライス”を食べようかとも思っていたのだが、こんなB級グルメを発見してしまったからには食べずには居られない!って事で私はこの”ボルガラーメン”を食べる事に決定!!!ちなみにお嬢様方は私がオススメした”ボルガライス”を、ご主人様夫婦は海鮮レストランの方へとそれぞれ分かれて?の食事となった!(ま、レストランは兎も角、フードコートは同じ席で食べたのだが・・・)。
 
北陸自動車南条SAボルガ食堂ボルガライスのメニュー北陸自動車南条SAボルガ食堂
で、こちらがお嬢様方が食べる事に決めた、その名も『ボルガ食堂』と言うお店で案内に寄ると”ボルガライスを日本一売るお店!?”なんだとか。更にこのお店のメニューには”ソースかつ丼”もあって、これまたお店の案内に寄ると”福井のソースかつ丼は、敦賀市の「ヨーロッパ軒」が発祥とされ、甘めのソースと薄くサクサクの食感が特徴”との事。てか、道中の車の中で散々”ソースかつ丼”と言えば『ヨーロッパ軒』!と連呼して来た事もあり、誰もこのお店で”ソースかつ丼”を食べる気にはならなかったけど・・・。ちなみに、私は福井にある総本店も敦賀にある支店?にも食べに行った事がある”ソースかつ丼”通?でもあったりする(どちらのお店も福井出身の同僚に連れられて行ったのだけど・・・)。
 
北陸自動車南条SAボルガ食堂ボルガライス
そしてこちらがお嬢様方が実際に食べた”ボルガライス”で、商品説明に寄ると”ケチャップライスを卵で包み、デミグラスソースをかけて、カツを載せた「ボルガライス」が味わえます。お子さまからお年寄りまで愛される福井県民のソウルフード”との事。で、3年ぐらい前に私が武生で食べた”ボルガライス”は最初からデミグラスソースがたっぷりとかかっていたのだが、このお店では客の好みでソースの加減が出来る様にか、自分でかけて食べるスタイルだった。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華
それはさて置き、私が食べた”ボルガラーメン”は『ボルガ食堂』では無くその隣にあったこちらの『越前塩中華』と言う名のラーメン屋さんで、このお店のご自慢は”絶品塩スープの中華そば”と書いてあったので、ラーメン好きの私としてはちょっとそちらも気にはなったのだが、折角の北陸方面!と言う事もあり先に書いたとおり”ボルガラーメン”を食べる事にしたのであった。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華ボルガラーメン
そしてこちらが実際に食べた”真夏のプレミアム ボルガラーメン”で、お値段は税込価格980円也。ご覧のように”ボルガライス”のケチャップライスをイメージしてか、トマトベースのスープのラーメン焼いた玉子やトンカツ等がトッピングされている。あらためてメニューの商品説明を読むと”越前市のご当地グルメ「ボルガライス」がラーメンに驚きの進化!福井県のブランド豚「ふくいポーク」を使用したやわらかいトンカツがさっぱりとしたトマトベースのスープと絶妙にマッチ!暑い夏だからこそ食べたいラーメン!”との事。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華ボルガラーメン
それはさて置き、早速この”ボルガラーメン”を食べてみると、商品説明に書いてある通り基本はトマトラーメンで、以前食べたと言えば東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』で”チリとまと麺”を食べて以来久々なのだが、こちらは至ってノーマルなトマトスープで想像通りの味だ。で、トッピングのトンカツやオムレツ風の玉子にはデミグラスソースがかかっていて、それにトマトスープを絡めて食べると確かに何と無く”ボルガライス”風の味になって、これはこれで中々ウマい!何と無く白いご飯にも合いそうな味だ。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華ボルガラーメン
ちなみに”ボルガラーメン”にトッピングされていたトンカツの豚肉はこんな感じで、ご覧の通り薄切りに近い厚さだが”福井県のブランド豚「ふくいポーク」”を使っていると言う事もあってか、豚肉自体にしっかりとした味わいがあって結構ウマい!隣の『ボルガ食堂』で使っているのも、この”ふくいポーク”かどうかは定かでは無いのだが、この”ふくいポーク”を使った”ボルガライス”とか”ソースかつ丼”をぜひ食べてみたい気がした。
 
北陸自動車南条SA越前塩中華ボルガラーメン
最後に一応紹介だけしておくと、”ボルガラーメン”の麺はこの様な割と良くあるタイプの麺で可も無く不可も無く・・・。そう言えば”もんどのチリとまと麺”の時に〆で残ったスープにライスを入れてリゾット風にして食べる・・・ってのがあったのだが、この”ボルガラーメン”にライスを入れるとそれこそ”ボルガライス”になって、それはそれで楽しかったのかも知れない・・・。
 
てな事で、飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーの二日目は午前中は”飛騨大鍾乳洞”へ行き、午後は”ひだ白川郷合掌村”を散策して廻った事もありちょっと遅めのランチ(時間的には早めのディナーっぽいが・・・)になってしまい、更にはぜひみなさんに味わって欲しかった『ヨーロッパ軒』の”ソースかつ丼”も食べに行けなかったが、それでも何とか福井武生のご当地B級グルメである”ボルガライス”や”ボルガラーメン”を食べれたので、それはそれで良かったかも知れない・・・。そしてこの後、一目散?に家路に向かうのだが、その前にこのSAでスイーツを食べてしまったのだが、その話はまた明日・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。