義史のB型ワールド

2016年10月18日

飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーその6!宿泊した飛騨高山温泉ひだホテルプラザはこんな感じの処だった。

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:24 PM
 
代理人記録
 
飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーの初日、先ずは高山到着後に”高山ラーメン”を食べた後”飛騨の里”や”高山陣屋”を観光したり”飛騨牛にぎり寿司”を食べたりして取り敢えず計画通りの行程を一通り終えたので、いよいよこの日の最終目的地でありお楽しみの温泉&飛騨牛会席が待っている?ホテルへ向かう事になった。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
で、先にも書いた様に高山は割りとこじんまりした街なので高山城跡から車で10分もかからない程度の道程で到着したのがこちらの『飛騨高山温泉 ひだホテルプラザ』で、初日は前を通らなかったのだが高山駅から徒歩5分程の処にある結構大きなホテルだ。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
ちなみにこちらは翌日のホテルを出立する前に撮ったホテルの外観で、写真の正面にあるのが我々が泊まった部屋がある喜多館(きたかん)で、その左端に見えるのが東館で、更に写真には写って無いがその向こうには皆美館 (みなみかん)がある。で、この後で紹介する展望大浴場・飛天の湯はこの喜多館の屋上にあって市内を一望出来るようになっている。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
そしてこちらはこの写真を撮った時に部屋の中に居るご主人様ファミリーを撮影した写真で、流石にスマホカメラのズーム写真なので、当然の如くクッキリした映像では撮れなかったが、それでも思っていたよりは誰が誰なのか判る程度には写っていた。後から思うと、ちゃんとしたカメラを借りてそちらで撮れば良かったかも・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ館内
それはさて置き、ホテル到着後に玄関から中へと入って行くとロビーの一角にはこの様な”からくり屋台 匠龍台「射手童士」”が置いてあって、何と無く高山祭の雰囲気が味わえたような・・・。ちなみにこの”匠龍台”は高山各所で行われるイベントで使われる事があるので、運が悪いとロビーに置いて無い時があるらしい・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ館内
更にロビーの中を散策していると壁からこの様な金属の虫?みたいな物が突き出て?いた。ホテルの説明に寄ると”1985年 金属造形作家 大隅秀雄 氏が手懸けた代表作『WIND OF HIDA』”で、”春夏秋冬の『飛騨の風』をイメージ”した展示物らしい・・・。こう言った芸術作品は中々奥が深い・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザm飛騨高山温泉ひだホテルプラザn
折角なので序でに紹介して置くと、レストランがあるフロアとかお土産売場?等にはこの様な高山祭で登場する神輿や屋台等のミニチュアも飾ってあった。中々、高山祭の時期に合わせて旅をする事は出来ないと思うが、また機会があれば一度見に行ってみたい気もする・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
そしてこちらが実際に宿泊した部屋の室内の様子で、今回は宿泊費の都合もあって10畳と4.5畳の和室が連なった、何と無く旅館っぽい感じの部屋だ。ちなみに部屋は7Fだったのだが、窓の向こう正面は高山市役所の建物だったので残念ながら市内の夜景?を楽しむ事は出来なかった・・・。ま、市内の様子は屋上の展望風呂から見えるのでそれで十分と言う気もするが・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
それともう一つ・・・、こちらは部屋に用意されていた定番の茶菓子で、その内容は”ひだホテルプラザのオリジナル商品のお茶菓子「生きんつば」”との事。で、みなさんは早速に口にしていたが、私は今食べると後のディナーに差し障るかも知れない?と思い、夜か翌朝にでも食べようと置いていたのだが、最終的にはお嬢様のおやつになってしまったのであった!
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ大浴場のご案内
それはさて置き、部屋で一服した後、先ずはホテルのお楽しみの一つである温泉に浸かる事に・・・。で、先ほどから何度か書いているように?このホテルには屋上にある展望大浴場と地下にある浮世風呂の二つがあるのだが、浮世風呂の方は昼行っても夜行っても景色は変わらないので先ずは未だ入浴客がそれ程いない?であろう展望大浴場・飛天の湯に行ってみる事に決定!
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ温泉飛騨高山温泉ひだホテルプラザ温泉
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ温泉飛騨高山温泉ひだホテルプラザ温泉
そしてこちらが屋上にある展望大浴場で、全体的には思っていた程の広さは無い様な印象だったが、外には露天風呂や屋上ジャグジー、それに大浴場の一角にはミストサウナもあるので色んなタイプのお湯があって中々楽しい!残念ながら入浴のモデルがお嬢様方では無くご主人様なのが悲しいが、取り敢えず旅の疲れ?を癒すには十分な温泉だった。ちなみにディナーの後に地下にある”床は畳敷きで温かみがあり和風感を演出した能登ひばの漆塗りで仕上げた大浴場”にも行ったのだが、その時は他のお客さんで一杯だったので流石に風呂場の様子を写真に撮る事は出来なかった。興味のある方は公式サイトを参考に・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
ちなみにこちらは大浴場の外にある露天風呂から見た高山の街並の様子で、ホテルの案内では”天気が良い日はアルプスの山々が一望できる”と書いてあったので、もしかしたら若かりし頃に何度か行った乗鞍岳が見えるかな?と思ったのだが、この日も翌日も天気は良かった物の雲が多かった事もあり、残念ながら今回は一度も乗鞍岳の姿を拝む事は出来なかった・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
それともう一つ、こちらは大浴場があるフロアの廊下から見た東館と皆美館(みなみかん)で、ご覧の様に皆美館の方は少し離れている。で、何時もであればそちらの方にも探検しに行くのだが、この日は何だかんだしていてすっかり忘れてしまっていた・・・。ま、連絡通路は2Fと地上階しか無い様だったので、行った所で何も無かったかも知れないが・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
そしてこちらは”飛騨の味覚、工芸から旅先の必需品まで取り揃えている”と言うお土産売場の”ひだ小路”で、最初ロビーから見た時は小さな売場が一つあるだけかと思ってしまったのだが、実際に売場の方に行くと”古い町並みの賑わいをそのままに堀割に木橋、植込みに格子戸と、雰囲気のある小路風のお土産名店街”になっていて、手前の池には大きな鯉がゆったりと泳いでいたりと、中々楽しげな売店だった。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ赤かぶら甘酢漬
ちなみにどうでもエエ話だが、この後のディナーで少し話題になった?のがこちらの”赤かぶら甘酢漬”で、どうやら飛騨の名物?らしいのだが、若かりし頃に”おんたけ山スキー場”へ行った時に宿で出して貰った”赤かぶら”がメチャウマかった事もあり、個人的には大好きな漬物だ。が、後で紹介するディナーの時に出て来た”赤かぶら甘酢漬”は、ちょっと酸っぱくて若いお嬢様方には不評だった様な・・・。
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
それはさて置き、折角なので序でにディナーを食べた後で部屋に戻って来た様子を紹介するとこんな感じで、何と無くであるが日頃のご主人様の一家団欒の御様子を垣間見たような・・・、ちょっと違うような・・・。で、この後、私は地下にある大浴場・浮世風呂の方へ行ったのだが、ご主人様はちょっと疲れたと言ってお風呂には行かず、結局この日は早目の就寝となったのであった!
 
飛騨高山温泉ひだホテルプラザ
最後に・・・、こちらは翌朝のホテル出立前にロビーの一角にあった茶屋風の椅子で寛ぐお嬢様方の御姿・・・。前日にホテルに到着した時もそうであったが、この時のロビーは様々な言語が飛び交う欧米人らの団体客が多分ツアーのバス待ちをしていて、ごった返してちょっと賑やかだったかな・・・。
 
てな事で、先に就寝前の寛いだ部屋の中や出立前の様子を紹介してしまったので話が前後するが、この後はいよいよ待ちに待った飛騨牛三昧ディナーが始まる・・・。が、その話はまた明日・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。