義史のB型ワールド

2016年10月17日

飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーその3!念願の高山ラーメンを食べた後、先ず一つ目の市内観光は20年ぶりの”飛騨の里”だ!!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 8:25 PM
 
代理人記録
 
取り敢えず無事に到着した飛騨高山で念願の”高山ラーメン”を食べた後、街中の散策はホテルの駐車場に車を停めてから・・・と言う計画だったので一旦街中を離れて?これまたこんな機会でも無い限り滅多に行く事は無いだろうと思われる、でも個人的には雰囲気的に結構好きな観光スポットの『飛騨の里』に行ってみる事にした。が、その前に高山へ着く直前に自動車道上から見えた煌びやかな建物を見に行ってみると、それは『崇教真光世界総本山』の建物だった。その時は道路から建物を見ただけだったのだが、後で知った話に寄ると自由に見学も出来たらしい・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨民俗村・飛騨の里
それはさて置き、その『崇教真光世界総本山』から車で3分も走ったかどうかぐらいの距離で到着したのが、こちらの『飛騨民俗村・飛騨の里』で、電車で高山へ観光に来るとちょっと不便な場所の様な気もするが、車だと駅からでも10分程度で来れる、そこそこ人気の観光スポットだ。個人的にも高山へ観光で来た時には必ず立ち寄る場所で、今回は約20年ぶり&3回目の訪問だ・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里
そしてこちらが『飛騨の里』の入口を入って直ぐ目の前の風景で、個人的な感想を書くとこの景色を見るだけで価値がある!と言うのか、この景色だけ見たらある意味十分な気もする。ちなみに公式サイトの案内に寄ると”飛騨高山の集落博物館「飛騨の里」には、合掌造りをはじめとした、飛騨の古い貴重な民家が移築復元され、なつかしい農山村の暮らしや、昔から飛騨に伝わる季節の行事を再現し、未来へ伝えています”との事。何と無く20年位前に来た時と比べて建物が増えている様な気もする・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里 
で、この後入口の直ぐ近くにあった遊び場コーナー?に竹筒の水鉄砲が置いてあったので、全員が童心に帰ったかの様に水遊びをしたのだった。てか、水を前に飛ばせずに自分自身にかけていたお嬢様の御姿も・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里
そんな水鉄砲三昧を楽しんだ後、折角なので『飛騨の里』の集落内を散策して行くと先ず最初に出て来たのが、何と無く30番さんが立っていたらお似合い?な気がするポンプ庫が出て来た・・・。今でも使われているとか?書いてあった様な無かった様な・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里
それはさて置き『飛騨の里』の中を順路に従って時計回りで散策していると先ず最初に登場したのがこちらの”旧新井家”で、公式サイトの案内に寄ると”江戸時代後期に建てられた代表的榑葺き民家”との事。先にも書いたが当然の如く移築した民家なのだが、何と無くであるが、どの様にして移築復元したのか?と言う事の方が気になる・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里
ちなみにこちらはこの古民家の中にあった囲炉裏の前で黄昏る少女の姿・・・。決して古民家に巣くう座敷童ではありません・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里旧若山家飛騨高山市内観光飛騨の里旧田口家
飛騨高山市内観光飛騨の里旧西岡家飛騨高山市内観光飛騨の里旧冨田家
それはさて置き、この後約1時間に渡って『飛騨の里』内を散策して廻ってその中にある古民家の写真も沢山撮ったのだが、ネット上にはもっと綺麗な写真が沢山出廻っているので、取り敢えず思い出として残して置く為に代表的な物だけ数枚紹介するだけに留めて置こう・・・。
 
飛騨高山市内観光飛騨の里
で、最後に・・・『飛騨の里』の終盤にはこの様な遊園地とか公園にある様な遊具を置いたエリアがあったのだが、それに反応したのが保母をやっている御嬢さん・・・。てか、保母さんなのか、園児なのか良く判らん様な気もするが・・・。
 
てな感じで、取り敢えず高山観光の一つ目で『飛騨の里』の園内を1時間程散策した後、再び高山市内中心部へと戻って行くのだが、未だ旅は始まったばかりなので、この後も暫くは旅の話が続くのであった!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。