義史のB型ワールド

2016年10月16日

飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアーその2!ランチで飛騨高山中華そば専門店やよいそば本店で念願の高山ラーメンを食べた!見た目はシンプルだが奥深い味でメチャウマい!

Filed under: ラーメン,旅行 — 代理人 @ 10:40 PM
 
代理人記録
 
飛騨高山温泉&世界遺産白川郷ツアー初日、東海北陸自動車道から高山へ向かう高山清見道路は、これまた延々とトンネルが続くほぼ直線の道路と言う事もあり、多分その昔、福井の友人の家から高山へ抜けた時に通ったであろう山道の面影も無く、午前12時半過ぎには無事に飛騨高山へ到着!が、市内観光の前に先ずはランチ!と言う事で当初からの予定通り高山ラーメンのお店へ行く事になった。
 
ちなみに個人的に飛騨高山へは学生時代に1回、社会人になってからもスキーツアーを含めると3回は来た事があるのだが、何故か今まで一度も現地で高山ラーメンを食べた事が無く、私の中で高山ラーメンと言えば姫路山陽百貨店のレストラン街の中にある、その名も『飛騨の高山らーめん』ぐらいしか無く、以前から一度本場現地で食べてみたいと思っていたのだった!
 
飛騨高山中華そば専門店やよいそば本店
それはさて置き、こちらが今回行って来た『飛騨高山中華そば専門店 やよいそば本店』で、お店の案内に寄ると”なつかしい昭和の『中華そば』を守り続ける店”との事。このお店の直ぐ近くには『やよいそば角店』もあったのだが、そちらはカウンター席と大テーブル席しか無いと言う事だったので、こちらの本店を選んだのだった。で、このお店も数ある人気店の一つなので、混んでいるかも・・・と思ったが、流石に午後1時近くになっていた事もあり、一番奥のテーブルが空いていたので直ぐに席へ着く事が出来た。
 
飛騨高山中華そば専門店やよいそば本店のメニュー飛騨高山中華そば専門店やよいそば本店のメニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、店名が『やよいそば』なので日本蕎麦のお店と勘違いされそうだが、ご覧の様に”高山らーめん”・・・と言うのか”中華そば”の専門店だ。しかしメニューをみるとちょっと怪しげな”味あげ定食”とか、あるいは”味あげ中華そば”何てのもあって、ちょっと食べてみたい気もしたのだが、この後で”飛騨牛の握り寿司”も食べる計画?があったので、素直に”中華そば”の並盛を食べる事に決定!!!
 
飛騨高山中華そば専門店やよいそば並
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”中華そば”の並盛で、お値段は税込価格730円也。ご覧の通りパッと見た感じはメチャシンプルな昔長柄の”醤油スープの中華そば”だ!ちなみにお店の商品説明に寄ると1948年の創業以来、お店の看板料理。麺は自家製で、縮れた細麺を使用。スープは醤油味。鶏ガラとかつおだしで、塩分を減らし気味にしつつも仕込方法は創業時代のままつくっています。隠し味の魚醤がコクをプラス”しているとの事・・・。それはさて置き、そのお味はと言うと想像した通りの昔ながらの懐かしい味(と言っても本物?の高山ラーメンを食べたのは今回が初めてだが・・・)で、見た目からもっと醤油辛いかと思っていたが、意外とさっぱりした感じでメチャウマい!シンプルイズベスト!と言う言葉が似合う、確かにご当地ラーメンとして話題になるだけの事はある味だったかな。
 
飛騨高山中華そば専門店やよいそば並
ちなみにこちらは”中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の通りこちらも昔長柄の肉厚のある豚肉のチャーシューで、長時間煮込まれているかの様なしっかりとした味わいがあって、これまたウマい!ちなみにお店の商品説明に寄ると”1時間かけて茹でることで余分な脂肪と臭みをとり、2時間つけだれに漬け込んだチャーシュが口の中ではとろけてしまう”との事。こちらも至ってシンプルだったが、それだからこその美味しさがあった気がする・・・。
 
飛騨高山中華そば専門店やよいそば並
そしてこちらが”中華そば”の麺で、ご覧の様な”縮れた細麺”になっていて見た目と食感がまるでチキンラーメンを生麺にしたかの様で、博多系の極細ストレート麺とは全く異なる味や食感なのだが、これが意外と懐かしさを感じる味でこれまたウマい!他の高山ラーメンのお店がどんな麺なのかは定かでは無いが、この麺自体も結構なインパクトがあったかな。
 
てな事で、飛騨高山到着後に先ずは当初の計画通りに高山ラーメンを食べたのだが、シンプルな内容ながら中々ウマかった!となると他の高山ラーメンのお店でも食べてみたいし、実際このお店に行く前後や翌日も市内を車で何度か行き来している間に、ざっと見ただけでも20~30の高山ラーメンがあった程で、その中には長蛇の行列が出来ているお店もあった。とは言え、次に私が高山方面へ行く事があるかどうか定かでは無いし、先ずは久々に姫路山陽百貨店のレストラン街の中にある『飛騨の高山らーめん』に行って、あらためて本場との違いを確かめてみようと思う・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。