義史のB型ワールド

2016年9月24日

久々のお食事会で”浜名湖鰻 うな高”の”ひつまぶしミニ懐石”を食べてみた!普通の”鰻重”も良いけど、このお店ではこの”ミニ懐石”が一番のオススメだ!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
10年位前の一時期、日頃何かとお世話になっているご婦人方を招待してのお食事会をやった事があった。で、それ以降も偶にそんな話題が出て確か2~3年前に久々にそんなで盛り上がったのだが、残念ながらその時は直前になってキャンセルになった。が、少し前に偶々ご主人様とその話をしていたら、その後直ぐ唐突に?お食事会の話が決定した!で、何処のお店に行こうかと、あれこれ相談?した結果、比較的みなさんが集まりやすい?しかも未だ誰も食べに行った事が無いと言うので、最近私のお気に入りのお店の一つになっている高砂にある『浜名湖鰻 うな高』に行く事になった。
 
浜名湖鰻 うな高浜名湖鰻 うな高
こちらが久々に行って来た、丁度1年前の9月の中旬頃に高砂銀座商店街の一番西の端の角っ子にオープンした『浜名湖鰻 うな高』で、偶々であるが少し前にご主人様と鰻を食べようとやって来た時は、土用の丑の日の直前と言う事もあってか既に売切れ?の張り紙があったので、諦めて他のお店に行った事があったのだが、この日は土用の丑の日もとっくに終わっていたので空いていると思っていたら、流石に日曜日のランチタイムと言う事もあって店内ほぼ満席!1年位前にこのお店が誕生した時は、穴子で有名な高砂で鰻屋さん?と少し心配したのだが、今ではすっかり人気店になったようだ。
 
浜名湖鰻 うな高
それはさて置き、早速『浜名湖鰻 うな高』の店内に入って行くと入口入って直ぐの処に予約席が用意されていたので、そこが我々の席かと思いきや、何と今回はお店の2Fにある高砂町歴史資料館の一角に用意されたテーブル席に案内された・・・。そう言えば1年位前にこのお店が誕生した直後に食べに来た時、このお店がある高砂通運旧本社の外の階段から2Fへ上がって行くお客さんを見た事があったので、2Fでも食事が出来るのか?と思ったのだが、私が実際に上がって来たのは今回が初めてだった。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石メニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった、このお店の人気メニューの一つである”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”のメニューで、加古川や高砂界隈で鰻を食べるお店は他にもあって、純粋に”うな重”のみを食べる時は『将棋屋本店』、”う巻”や”きも煮”が付いた定食スタイルで食べる時は『うなぎ料理 はまう』、この界隈ではちょっと珍しい”鰻のセイロ蒸し”を食べる時は『浜名湖 鰻 和食 清白』(噂では『うな高』は『清白』の姉妹店らしい・・・)へ行く・・・と相場が決まっている?(あくまで個人的な見解でおま)のだが、この『うな高』に来た時は、昨年末近くからメニューに登場した”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”を食べるのがオススメ!って事で、今回も迷う事無くこちらの”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”を食べる事に決定!!!
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
で、先ず最初に運ばれて来たのが”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”の前菜で、毎回前菜の内容は異なるので、この時に見せて貰ったメニューの写真も撮ったのだが、其処に書いてあった内容とは全然違い、今回は”お造り2種盛り(鯛と鮪)、出汁巻き玉子、パリパリゴボウサラダ、豚の角煮”との事のだった。そう言えば以前に食べに来た時も、お品書きに書いてあった内容と若干違っていたような・・・。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
それはさて置き、先ずは長い皿の一番左側にあった”お造り2種盛り”から食べてみると、今回も無難?に”鯛と鮪”のお造りだが、鯛は当然の如く明石産?かどうかは定かでは無いが中々ウマい!も一つの鮪と言えば個人的には大トロは大好きだが赤身は余り好きでは無い・・・が、この時の雰囲気もあって中々美味しい”鮪の赤身”であった!
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
そしてこちらは前菜のお皿の真ん中辺りにあった”出汁巻き玉子”と”パリパリゴボウサラダ”?とか言って紹介された料理で、”出汁巻き玉子”の上には”ちりめんじゃこ”が少し入った大根おろしがちょこっと乗っていて中々ウマい!”パリパリゴボウサラダ”はちょっと変わった食感なのと、ゴボウの存在感が少し薄かった気はするが、中々楽しげなサラダだった。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
そしてその前菜の右端にあった小鉢の中身はこんな感じで、ご覧の通り”豚の角煮”だ!確かメニューには”茶碗蒸し”と書いてあった様な気もするが、個人的には”茶碗蒸し”は以前の訪問時に食べたし、何と言っても肉好きな私なので”豚の角煮”は大歓迎だ!で、そのお味であるが、オーソドックスな甘辛い味ながら、豚肉も柔らかくてメチャウマい!何か今年は鰻と肉の組合せを良く食べている気もしたが、これはこれで中々楽しかった
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
それはさて置き、我々は2Fに居たので1Fの様子は全く判らなかったのだが、お店入った時に結構混んでいた事もあって、この後暫く空白の時間が続いた後、漸くして運ばれて来たのが”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”に付いているこちらの”天ぷら盛りあわせ”で、基本的には以前に食べた時と同じ様な感じだが、意外と美味しかった”海老の御頭”は今回は付いて無いようだ。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
ちなみに”天ぷら盛りあわせ”の内容はと言うと、定番の海老の他は、カボチャや茄子等の野菜が中心だが、当然の如く揚げ立て熱々で、これに”天つゆ”では無くお皿の手前にある塩を付けて食べると中々ウマい!見た目や内容に派手さは無いが、やっぱ揚げ立ての天ぷらはそれだけでも美味しいなあ・・・と一同?納得・・・。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
そんなこんなしていると、いよいよ運ばれて来たのが本日のメインであるこちらの”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”で、メインの”鰻のひつまぶし”の他に、”ひつまぶし”用の出汁と食べる時のお茶碗、それに吸い物と香の物と薬味等がお膳の上に乗っている。ちなみに先に出て来た前菜や天ぷら等がセットになってお値段は税込価格1800円也。確か料理を注文する時に久々のお食事会だから並サイズの”うな重(並)”が付いたセットを頼んだつもりだったのだが、その後ゴチャゴチャ話をしたので”ミニ懐石”の方になってしまった様だ。でも値段の差を考えると、断然”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”の方がお得感があるので、それはそれで良かったかも・・・。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
それはさて置きこちらがメインの”鰻のひつまぶし”で、基本的には昨年末頃に食べに来た時と同じはず・・・なのだが鰻の大きさの事もあってか一列増えて三列になっている。みなさんの”鰻のひつまぶし”の内容がどうだったか確認するのを忘れたが、何と無く得した気分・・・。で、肝心のお味であるが蒲焼のタレが上品な味わいなのと丁度良い加減の量で、柔らかい鰻の身と絡まってメチャウマい!個人的にこのお店のタレは好きな味かも。それはさて置き、この後、薬味をトッピングしたり、お茶漬けにして食べたりしたのだが、ちょっと興奮?していて写真を撮るのを忘れていた・・・。ま、基本的には前回食べた時と同じなので、気になる方はそちらの記事をご覧あれ・・・。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
そしてこちらも”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”に付いていた”吸い物”と”香の物”で、残念ながらこのお店では”肝吸い”では無いし、お出汁の味も”鰻のひつまぶし”用と同じ様な気もするのだが、あっさりした中に深い味わいもあって出汁自体も中々ウマい!”香の物”の方も、量は少な目だが白いご飯と一緒に食べたくなる程の中々美味しい”香の物”だったかな。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
それともう一つ・・・、今回食べた”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”にはデザートが付いていて、メニューには前回食べた時と同じく”お芋とアイスのデザート”・・・と書いてあったのだが、実際に運ばれて来たのは、この様な柚子風味のシャーベットとアイスのセット?だった・・・。個人的にちょっと楽しみにしていただけに少し残念な気分になったし、みなさんにもぜひ味わって欲しかったのだが・・・。
 
浜名湖鰻 うな高 ひつまぶしミニ懐石
最後に・・・、こちらは手土産に買った”浜名湖うなぎ入り蒸しおにぎり”に付いていた?あるいは別途くれた”うな高かわらばん”で、それに寄るとお店が誕生してから一周年となる9月の間に、このチラシを持参して食べに行くと”うなちらし寿司”が貰えるらしい・・・。どんな内容の物か、見てみたい気もするのだが、このチラシはHねえさんに持って行かれてしまったので、残念ながら私が目にする事は出来ないかも・・・(ちなみに最近行われた”たかさご万灯祭”の日には店頭で販売されていたが・・・)。
 
てな事で、久々に某ご婦人方を招待してのお食事会で、またまた『浜名湖鰻 うな高』に行って”浜名湖鰻 ひつまぶしミニ懐石”を食べたのだが、何年か前の『伊勢海老料理の中納言』程の豪華さは無いにしろ、中々楽しい内容で個人的には大満足だった。そんな事とは関係は無いのだが、ちょっとした事でこの半月後位に開催された”高砂ふらっ灯バル”の時にも、またまたこのお店に行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。