義史のB型ワールド

2016年9月13日

またまた三宮へ行ったので帰る前に”横浜家系ラーメン 三ノ宮商店”に行ってみた!濃厚とんこつスープ&中太麺で中々ウマかったが、少し醤油辛い気もしたような・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
先にも書いた様にこの日は夕方から三宮で打合せがあったのだが、終わったのは未だ少し日の浅い午後6時半過ぎ・・・。例に寄って最近は滅多に神戸や大阪方面へ行く機会が減ったので、折角の都会?だから何処かでラーメンを食べてから帰る事にした。で、以前からそんな時は駅前の地下街の一角にある4軒のラーメン屋さんが集まった”神戸さんちか麺ロード”へ行く事が多いのだが、ふと頭の中に加古川にも出来た”横浜ラーメン”の事が浮かんだので、味比べの意味も兼ねて三宮にも増えつつある”横浜ラーメン”のお店に行ってみる事にした。
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店
こちらが今回行って来た『横浜家系ラーメン 三ノ宮商店』で、お店に行く前にネットで検索すると県庁の近くにも別の”横浜ラーメン”専門店があったのだが、夕方と言えども未だ糞暑かったので県庁近くまで歩いて行く元気は無く、こちらのお店を選んだのだった。で、お店の紹介によると”関東で人気の町田商店、直営関西第1号店がこの三ノ宮商店”との事。でもこの場所って確か以前は『ラーメン四天王』があった場所だよなあ・・・と思って後からネットで調べると・・・、FC契約をしたかチェーン店の傘下に入ったか、何かそんな感じの様だ。
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店のこだわり
ちなみにこちらは店内の壁に貼ってあった『三ノ宮商店』のラーメンのこだわりで、このお店は入口で食券を買うスタイルだったのだが、店内が空いていた事もあって私が入店した時点から、ずっと店員さん二人に見つめられていたので、それがちょっと気になって今回は券売機のボタンの写真は撮れなかった・・・。そんな事もあって、帰りにでも撮ろうと思っていたら、お店を出る時は今度は表までお見送りしてくれたので、これまた取れなかった・・・。ラーメン屋さん如きでお見送りは要らんけどなあ・・・。
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店
それはさて置き、取り敢えずラーメンの食券を買ってカウンター席に着くと、この様に”麺の硬さ、味の濃さ、油の量”が選べるらしく、どうしますか?と聞かれたのだが、このお店で食べるのは今回が初めてだし、基本?の”横浜ラーメン”を食べてみようと思い全て普通のままを選んでみた
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ラーメン”で、お値段は680円也。写真ではちょっと判り辛いが”横浜ラーメン”の王道の如く大きな海苔が3枚位?だったかラーメン鉢の縁に敷いてあった。で、トッピングの種類はこれまた”横浜ラーメン”の王道通りの”ほうれん草”、それにラーメンの具の定番のチャーシューの他に、うずらの卵の味玉もあった。後で知ったが、ネットとかで配信されているクーポン券を持参すると、普通サイズの味玉にも出来たらしい・・・。何時もであればこまめにチェックする私なのだが、この時は割と行き当たりばったりだったもんで・・・、不覚だった・・・。
 
それはさて置き、そのお味であるが確かに加古川にある『横浜ラーメン 一心家』のスープと比べると油のこってり度はあるのだが、私には若干醤油辛い様な印象・・・。個人的にコッテリスープ好きなので嫌いでは無いが、気持ち的には加古川にある『横浜ラーメン 一心家』の少し甘口な感じの方が好きかな
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン
ちなみにこちらは”ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、若干脂身部分が多いような気もしたが、その分肉がトロトロでこちらは中々ウマかった
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン
そしてこちらが”ラーメン”の麺で、これまた”横浜ラーメン”の特徴の一つでもある太麺で写真では判り辛いのだが、事前に噂で聞いていた通り麺一本が少し短めにカットされている。聞くところによると太麺なので、食べ易いように短めになっている?とか言う話だったかな?で、個人的に太麺好きな事もあってモチモチした食感で中々美味しい!好みで言うと、もっと極太の麺でもエエ様な気さえしたかな。
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン
それともう一つ、こちらも”ラーメン”にトッピングされていた”横浜ラーメン”の特徴の一つである”ほうれん草”で、最近は”横浜ラーメン”以外でも”ほうれん草がトッピング”されている場合も増えて来たので、以前程の驚きは薄れてしまったが、やはりこれが無いと”横浜ラーメン”とは言えないのだろう・・・。
 
横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン横浜家系ラーメン三ノ宮商店ラーメン
それはさて置き、最初に”ラーメン”が運ばれて来た時に、好みで入れてみて下さいと”刻み玉ねぎ”が入った入れ物が付いて来たので、途中で追加してみた。”横浜ラーメン”に”刻み玉ねぎ”を入れるのが定番なのかどうかは定かでは無いが、個人的にラーメンの中に”刻み玉ねぎ”を入れて食べるのは好きな方だし、コッテリしたスープに爽やかさ?が加わった様な感じで、これはこれで中々ウマかった!
 
てな事で、この日もまたまた神戸三宮に行って来た事もあり折角なので、その帰り道に最近神戸方面でも増えつつある”横浜家系ラーメン”が食べれるお店の中の一つである『三ノ宮商店』に行ってみたのだが、確かに”こってりとした豚骨醤油スープ”で中々美味しかったのだが、少し醤油辛い気もしたので個人的には加古川にある横浜ラーメン 一心家』のスープの方が好きかも・・・。とは言え、三宮には他にも”横浜ラーメン”のお店があるので、今度神戸方面へ行った時はそちらのお店に食べに行ってみよう!

スーパーの駅弁大会で個人的に大好きな焼きガニを使った”焼きガニあったか弁当”が売られていたので買ってみた!流石に駅弁なのでジューシーさは無いが期待通りにメチャウマい!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 8:20 PM
 
代理人記録
 
昨夜に続いて、今年になってから食べた駅弁を簡単に紹介するシリーズ・・・。少し前に近くのスーパーで、個人的に大好きな”焼きガニ”を使った”焼きガニあったか弁当”と言う駅弁が売られていたので買ってみた!ちなみに10年位前に買って食べた”越前 焼かにめし”と言う駅弁がメチャ美味しかったので、また食べたいと思っているのだが、最近は何処の駅弁大会へ行っても見掛けた事が無い・・・
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
それはさて置き、こちらが今回買って来た『鳥取駅 アベ鳥取堂』から販売されている”焼きガニあったか弁当 鳥取のかに小屋”と言う駅弁で、お値段はちょっと高目の1950円也。で、個人的には”焼きガニ”と書いてあるだけで思わず手にしてしまったのだが、何やら包み紙の文言には”ジュワーと口の中で広がる繊細でシューシーな旨味・・・「カニ好き」を唸らせる逸品です!”と書いてあって期待が膨らむ!ちなみにこの駅弁も最近流行りの”ひもを引くだけで、あったか駅弁の出来上がり”タイプの駅弁だ!
 
鳥取駅アベ鳥取堂鳥取のかに小屋焼きガニあったか弁当
そしてこちらが包み紙を取って蓋を開けた”焼きガニあったか弁当 鳥取のかに小屋”で、販売元の商品説明に寄ると”冬の山陰の風物、焼ガニが「あったか弁当」になりました。ズワイガニの殻付棒身を香ばしく焼き、紅ズワイガニのほぐし身と盛り付けました”との事。昨日紹介した”金の越前かに寿し”と言う駅弁に比べると見た目は割とシンプルに見えるが、大きな脚や爪、それに”かに味噌”も付いていて中々豪華な印象
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
折角なので”焼きガニあったか弁当”をアップで観るとこんな感じで、これまた包み紙の説明に寄ると”ギッシリと身が詰まった太い足が3本・カニ爪2本!濃厚かに味噌・カニご飯!”との事。足3本、爪2本ってのが何と無く計算が合わないのでは?と言う気がしないでは無いが、流石に1950円するだけの価値がありそうな内容だ!
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
そしてこちらが蟹の脚の身の部分で、こちらには全然焼目は無いようだし、あるいは流石に生の蟹を焼いた時に溢れ出る蟹の汁は一切無いので、偶に生の蟹を焼いて食べる時と比べるとジューシー感は薄いが、ご覧のような太い脚肉で蟹の味もしっかりとしていてメチャウマい!やっぱ、蟹は焼いて食べるのは1番好きかな・・・。
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
ちなみに後々の参考の為に殻を剥いた”ズワイガニの蟹の爪や棒肉”、それに”紅ズワイガニのほぐし身”を紹介するとこんな感じで、足の棒肉と比べると爪がちょっと小さい様な気もしたが、色んな蟹が一度に楽しめて全体的に中々美味しい焼きガニあったか弁当”だった。
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
そしてこちらは”焼きガニあったか弁当”の脇にあった”かに味噌”で、量は少ない物の中々本格的でしっとりとしたかに味噌”でメチャウマい!個人的な印象であるが、この手の”かに味噌”が付いている”蟹の駅弁”は、どれを食べても美味しい様な気がする・・・。
 
鳥取駅アベ鳥取堂焼きガニあったか弁当鳥取のかに小屋
それともう一つ、こちらも”焼きガニあったか弁当”の脇にあった漬物の様な物で、商品説明に寄ると”きゅうり刻みしょう油漬け”らしい・・・。とは言え”蟹の身”や”かに味噌”を食べる事に夢中だったので、流石にこちらがどんな味だったか、全く覚えて無い・・・。ま、そう言う味の物だったんだろう・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.