義史のB型ワールド

2016年8月25日

毎度お馴染みのカレーハウスCoCo壱番屋で”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”を食べてみた!普通のスープカレーかと思いきや、超激辛カレーだった!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:18 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に20数年前の私が京都に住んでいた頃に、店内に置いてあった週刊の漫画雑誌を愛読?する為、約3年間に渡って毎週の如く『CoCo壱』に食べに行っていた事もあり、私の好きな肉系のトッピングのカレーはほぼ全て制覇した!で、こちらに戻って来た時は流石に余り食べに行く事は無くなっていたが、偶に登場する様になった”月刊ココイチメニュー”とか”夜ココメニュー”に釣られてまたまた食べに行く様になっていた。が、最近はこれと言って食べてみたいカレーが登場しなくなったし、以前に登場した物ばかりになってしまったので、またまた食べに行く事が減った・・・。と思っていたら、流石に『CoCo壱』の方もそれに気が付いた?のか久々に新メニューで”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”が登場したので食べに行ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、この日は正午前の訪問だったのだが日曜日と言う事もあってか既にテーブル席は満席状態だったので、久々に厨房前のカウンター席に座る事になった。当然カウンター席の方も飛び飛びでお客さんは座っていたのだが、やはり日曜日はファミリー客の方が多そうな雰囲気だった。
 
CoCo壱番屋スープで食べるローストチキンと野菜のカレー
そしてこちらがこの日食べた期間限定の”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”のメニューで、雰囲気的には10年位前から偶に販売されている”チキンスープカレー”のシリーズに近いので、最初はまた”スープカレー”かあ・・・と幻滅したのだが、ふとメニュー名の中にある”ローストチキン”がちょっと気になったので、久々に食べてみたくなったのだった
 
CoCo壱番屋スープで食べるローストチキンと野菜のカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”で、他に200gのライスが付いてお値段は税込価格890円也。そう言えば普通のカレーを注文するとライスの量は300gなのだが、”スープカレー”の場合は何時も200gのライスが基本になっている・・・。スープでお腹が膨れるから?と言う心遣いからなのかな
 
ちなみに私が京都に在住して居た頃は、”1300gのカレーを20分で完食すると無料”になるチャレンジがあり、偶にそれに挑戦している人を見かけた影響で、私も何処まで食べれるかと徐々にライスの量を増やして食べていた頃があるのだが、結局600gの量を食べたのが限界だった。それでもこのセットのライスが3杯あると思うと結構な量だったかも知れない。ま、今や少食になってしまったのでその頃の私の基本であった400gのライスですら、もう食べたいと思わないのだが・・・。
 
CoCo壱番屋スープで食べるローストチキンと野菜のカレー
それはさて置きこちらがメインの”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”で、ご覧の様にスープを見ると真っ赤に近い激辛風の色をしているので、最初これを見た時は注文を間違えたかな?と思ったのだが、これがノーマルのスープらしい・・・。あらためてメニューの説明を見ると”ココナッツミルクとナンプラーを効かせ、スパイシーなスープに仕上げました。ローストチキンと野菜がうれしい、この夏の自信作です”との事。確かにこの説明は読んだが、こんな激辛チックなスープだとは夢にも思って無かった・・・。で、実際に食べても辛い!嫌、私にはそれ以上の超激辛で、一口スープを飲んだだけで咽る咽る・・・。偶に辛いラーメンやカレーを自ら食べる事はあるが、この辛さはちょっと私の限界を超えていた様な気がする・・・。
 
CoCo壱番屋スープで食べるローストチキンと野菜のカレー
そしてこちらが、私がそもそもこの”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”を食べようと思った最大の要因である”ローストチキン”なのだが、これまた私のイメージとは少し違う、何と無くこのお店のメニューにある”フライドチキン”に似ている様な印象・・・。当然、揚げ立て熱々でチキンとしては普通に美味しいのだが、これまたちょっと騙された感があったかな。
 
CoCo壱番屋スープで食べるローストチキンと野菜のカレー
ちなみにこちらは”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”に入っていた野菜類で、どれもスープに浸かって赤い色に染まっていたので細かくチェックはしなかったが、雰囲気的には以前からこのお店で食べているスープカレー”系に入っている野菜と大差無いようだった
 
てな事で、またまた行った『CoCo壱』で”ローストチキン”と言う言葉に釣られて”スープで食べるローストチキンと野菜のカレー”を食べてみたのだが、先に書いた様にスープが激辛だったし、”ローストチキン”自体も何か想像していた物と違っていたなあ・・・。何と無くであるが、ハウス食品の完全な傘下になってから美味しさとか面白味が無くなって来た様な気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.