義史のB型ワールド

2016年8月24日

美味しい鰻を食べようとお店に行ったら定休日や売切れだったので、久々に”喜両由”で”うな重”を食べてみた!タレの味が濃い目だがボリュームはあったかな。

Filed under: — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
訳あって・・・今夜は自動投稿となります・・・。
 
そうめん流しをやった翌週に久々にご主人様がやって来たので、例に寄ってランチを御一緒する事になった。で、この日は土用の丑の日が近づいていた事もあり、何処かで鰻でも食べようかと言う話になった。で、最初は夏季限定で”うな重”を販売している、ご主人様の馴染のお店『旬彩料理 綴り』に久々に行ってみたら何と定休日!!!仕方が無いので、そこからそれ程遠く無い場所に出来た『横浜ラーメン 一心家』に行って、一旦は駐車場に車を停めたのだが、その道中にどうしても鰻が食べたくなったので、それならばと昨年の秋に高砂銀座商店街に出来た『浜名湖鰻 うな高』に行ったら、こちらは何と既に売切れと言う張り紙が・・・。今更『将棋屋』や『はまう』へ行くのも遠いし・・・って事で、取り敢えず鰻が食べれたら何処でもエエや・・・と言う事になり、久々に荒井小松原にある『お食事処 喜両由』に行ってみる事にした。
 
お食事処喜両由
こちらが久々に行って来た『お食事処 喜両由』で、あちらこちらを車で走り回ったのでお店に到着した頃は既に午後12半近くの訪問になってしまったのだが、流石にランチタイムど真ん中と言う事もあってか当然の如く店内満席!とは言え先客はビジネスマン風のおじさん一人だったし、店内が結構広いので客の回転は良いしで、結局5分程待っただけで席に案内された・・・。
 
喜両由うな重のメニュー
そしてこちらがこのお店の”うな重”のメニューで、このお店には他にお手軽なうなぎ丼”もあるので、どちらを食べようかと思案した結果、今年は未だこの時点では本格的な鰻を食べて無かった事もあり、私はこちらの”うな重”を、ご主人様は”うなぎ丼”を食べる事に決定!!!
 
喜両由うな重
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”うな重”で、他に味噌汁、小鉢、漬物が付いて税込価格1620円也。値段から想像すると、間違い無く国産鰻では無いと思うが、”くら寿司で鰻丼”を食べても”吉野家で鰻重”を食べても1000円近いお値段がする事を考えると、鰻一匹分入っているしそれなりにお得感はあるかも・・・。
 
喜両由うな重
ちなみに折角なので、ご主人様が食べた”うなぎ丼”と私が食べた”うな重”を並べて比べてみたのがこちらで、ご覧の様に”うなぎ丼”の方は半匹か三分の一匹程度の鰻を玉子で綴じた丼になっている。ちなみにこのお店には鰻の変わりに穴子を使った”穴子重”とか”あなご丼”もあって中々楽しい・・・。でも”うなぎ丼”も”あなご丼”も玉子とじの出汁の味に負けてしまうのが少し残念な点かも・・・。
 
喜両由うな重
それはさて置きこちらが私が食べた”うな重”の鰻の蒲焼で、専門店では無いからお店で焼いたとは思えないが、そこそこの肉厚でふっくらとして中々ウマい!若干、タレが多目にかかっていて、ちょっと味が濃い過ぎる様な気がしたが、この時点で今年初めての本格的な鰻?と言う事もあって、これはこれで普通に美味しかった
 
喜両由うな重
そしてこちらは”うな重”に付いていた小鉢で、その内容はと言うと”胡瓜と蛸の酢の物”みたいな感じの物だ。味的にはどうって事の無い極々普通の味で、特筆する様な点は無いのだが、このお店はその日や季節に寄って小鉢の内容が変わるので、普段食べない惣菜が出て来る時もあって、それはそれでちょっと楽しい気がする・・・。
 
喜両由うな重喜両由うな重
ちなみに”うな重”にはその他にもこの様な味噌汁とか漬物も付いていたのだが、こちらは以前からこのお店で何度も食べて来た味なので、可も無く不可も無く・・・だったかな。
 
てな事で、この日は土用の丑の日が目前だった事もあり、何処かでを食べようと思ったのだが、何だかんだと最終的には『お食事処 喜両由』の”うな重”になってしまった・・・。ま、このお店は個人的にも好きなのでそれはそれで良かったのだが、やはり本格的な鰻が食べたい!と思っていたら、この数日後に『うなぎ料理はまう』と『浜名湖鰻 うな高』に行って来たのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.