義史のB型ワールド

2016年8月21日

毎度お馴染み回転寿司チェーンのスシローで”鯖系濃厚魚介つけ麺”を”うなぎの蒲焼きちらし”食べてみた!”つけ麺”は”わんこそば”程度のボリュームしか無かった・・・。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 10:44 PM
 
代理人記録
 
最近は寿司を食べると言うよりかラーメン目的で食べに行く事の方が多い回転寿司チェーンであるが、その中でも『スシロー』と『はま寿司』は定期的に新商品のラーメンが登場するので、それに釣られて毎回食べに行ってしまっているのだが、そんな『スシロー』から遂に”つけ麺”が新登場したので、取り敢えず一回は食べておかなければと思いまたまた『スシロー』に行ってみた。
 
スシロー/加古川野口店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーン『スシロー/加古川野口店』で、何時もの如く少し早目の正午前の訪問だったのだが、例に寄って既に駐車場は当然の如く店内も大賑わい!時間的に既に食事を終えて帰った客が居たと思う様なカウンター席が空いていたので、取り敢えず直ぐに席に着く事は出来たのだが、私が食事を終えて帰る頃にはお店入口付近は待ち客でごった返していた!回転寿司屋、恐るべし!
 
スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺
そしてこちらが”スシロー史上初、つけ麺の登場!”と言う”鯖系 濃厚魚介つけ麺”のメニューで、その中には”鯖味噌スープ”とか”鯖系”等の文字が見える・・・。個人的に鯖は苦手なので、ちょっと気にはなったのだが、2年位前に”スシローのラーメン”が初登場して以来、その後も第二弾の”鶏そぼろ入り西京味噌ラーメン”や第三弾の”鶏チャーシュー入り 塩ラーメン”、それに最近の”鯛だし塩ラーメン”とか”コク旨まぐろ醤油ラーメン”まで、一通り全て食べて来た?と言う事もあり、此処で挫折する訳にはいかない・・・。って事で、早速この”鯖系 濃厚魚介つけ麺”を注文!!!
 
スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺5
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鯖系 濃厚魚介つけ麺”で、お値段は税別価格360円也。『スシロー』の商品説明に寄ると”すし屋らしく鯖味噌をベースにした濃厚なスープに、モチモチの太麺がたまりません。すだちを搾ってさっぱりどうぞ!替え玉も100円+税でご提供!”との事。毎度の事ながら写真だけではその大きさを伝えるのが中々難しいのだが、第一印象は”麺、少な!”と思ってしまったのだが・・・。
 
スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺
それはさて置き、あらためて”鯖系 濃厚魚介つけ麺”の麺の器の中をじっくりと見てみると”具材は、青ねぎと白髪ねぎ、のり、チャーシュー、すだちの5種類”がトッピングされていて、見た目は中々豪華だ。そう言えば今年の春頃に大阪エキスポシティで食べた『つじ田』の”つけ麺”にも”すだち”がトッピングされていたなあ・・・。ラーメンに”ゆず”が入っている事が多いが、”つけ麺”に”すだち”を付けるのも流行っているのかな?
 
スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺
そしてこちらがメインの麺で、『スシロー』の商品説明に寄ると”つけ麺のスープと相性抜群な小麦の風味が香るこだわりの太麺が特徴”との事。確かに割と本格的な太麺でモチモチとしているのだが、先に茹でて置いてあったのか若干柔らかな食感でイマイチコシが無いと言う印象・・・。更に先にも書いた様に別途”替え玉”が用意されている事もあってか、麺が少な目で箸で4~5回掴んで食べただけで麺は無くなってしまった・・・。何と無くであるが”わんこつけ麺”を食べている様だった・・・。
 
スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺スシロー鯖系濃厚魚介つけ麺
ちなみに今回食べた”鯖系 濃厚魚介つけ麺”の”つけ汁”はこんな感じの”サバを骨ごと粉砕したペーストとみそをつけ汁に使用。鯖の旨みを最大限引き出し、甘みの中にもコクがある当社オリジナルの魚介系スープ(味噌味)を楽しめる”らしく、文字通り最初は鯖の香りがあって若干抵抗があったのだが、直ぐに慣れたし雰囲気的には私の大好きな”豚骨魚介系スープ”に似た味で、中々美味しかった!
 
スシローうなぎの蒲焼きちらし
で、取り敢えずこの日の訪問目的である”鯖系 濃厚魚介つけ麺”を食べたので、気持ち的には満足したのだが、先にも書いた様に麺が少な目だったので全然食べた気がしない・・・。”替え玉”を頼むのも芸が無いし・・・と思い、入店した時から盛んに店内でも食べれますと宣伝していた、メニューには持ち帰り専用と書いてあったこちらの”うなぎの蒲焼きちらし”を食べてみる事に決定!!!
 
スシローうなぎの蒲焼きちらしスシローうなぎの蒲焼きちらし
そしてこちらがスタッフの方が直接手で持って運んで来てくれたうなぎの蒲焼きちらし”で、お値段は税別価格680円也。店内でも食べれると言うお話だったので、それなりの器に入って出て来るのかと思いきや、持ち帰り用のプラスチック容器に入って輪ゴムで留めた状態のまんまで出て来た・・・。ちなみに『スシロー』の商品説明に寄ると”お値段そのままで、うなぎ1.5倍に増量!スシローのうなぎの蒲焼きちらしは、大切りうなぎを贅沢のせ。じっくり焼き上げたうなぎをスシロー特製タレにつけました”との事。相変わらず”鰻重”や”うな丼”は偶に食べているが”うなぎちらし”はちょっと珍しいかも・・・。
 
スシローうなぎの蒲焼きちらし
それはさて置き”うなぎの蒲焼きちらし”にトッピングされていた”うなぎの蒲焼き”はこんな感じで、基本的には以前から『スシロー』に行った時に偶に食べる”うなぎの握り寿司”にトッピングされている物と似た様な味だが、流石に1貫で280円もした”鹿児島県産特選大うなぎ”とは全然違う様だ。とは言え、その辺りの事は注文する前から覚悟は出来ていたので、そう思って食べると普通に美味しい”うなぎの蒲焼きちらし”だったかな。
 
スシローあわび食べ比べ肝醤油添え
そんなこんなで”鯖系 濃厚魚介つけ麺”と”うなぎの蒲焼きちらし”を食べたので腹も十分に満たされて満足したのでそろそろ帰ろうかと思ったのだが、何と無く”スシロー今月の太鼓判”のメニューを見ると、ちょっと楽しげな”あわび食べ比べ 肝醤油添え”ってのを発見!!!以前にも『スシロー』で”うなぎの食べ比べ(蒲焼き・白焼き)”を食べた事もあり、今回もちょっと試してみたくなったのでこちらも追加注文!!!
 
スシローあわび食べ比べ肝醤油添え
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”あわび食べ比べ肝醤油添え”で、お値段は税別価格280円也。ご覧の様に一皿に二貫入っているのだが、”あわび”自体はどちらも半分にカットされたサイズだ。ちなみに『スシロー』の商品説明に寄ると”昆布と酒だけで蒸し上げて旨味を凝縮した蒸しあわびに、コリッコリの歯ごたえがたまらない生あわび。どちらの美味しさも楽しめる、夢の一皿”との事。気持ち的には”中華料理の干しあわび”か”ステーキハウスのあわびの鉄板焼き”の食べ比べをしてみたい気もしたが、10倍の金額を支払っても無理かな?
 
スシローあわび食べ比べ肝醤油添え
それはさて置き上の写真では良く判らないので”あわび食べ比べ肝醤油添え”を反対側から見るとこんな感じで、手前にある”蟹味噌”みたいな物が”肝醤油”の様だ。で、本来はこの”肝醤油”を”あわび”に浸けて食べるのだろうが、ちょっと味見でそのまま食べてみたら何と無く”蟹味噌”みたいな味で癖も無く普通に美味しい・・・。そんな事もあって、この後でこの”肝醤油”をそれぞれの”あわび”に浸けて食べると中々ウマい!そう言えば以前に西明石のステーキハウスで食べた”活あわびのステーキ”にも、これに似た”肝のソース”が絡めてあったのだが、もしかすると”あわびの肝”自体が美味しいのかも知れない・・・。
 
スシロー小川商店の北海生うに
そんなこんなであれこれと食べてそろそろ帰ろうかと思ってタッチパネルの会計ボタンを押そうと思ったら、何やら本日緊急入荷と書いた”小川商店の北海生うに”ってのがあったので思わず注文したのがこちらで、お値段は税別価格280円也。そう言えばこの”小川商店の北海生うに”は以前にもメニューで見掛けた事があったのだが、数に限りがあって食べれ無かった事があったような・・・。ちなみに『スシロー』の商品説明に寄ると”「うに」の扱いでは日本屈指を誇っている北海道 小川商店の生うに!”との事。個人的に幼い頃はどちらかと言うと”うに”は苦手だったのだが、ぷー太郎の頃に北海道一周旅行をした際、函館朝市で食べた”うに”を食べて以来大好きになった!とは言え、偶に当ブログに書いている様に”うに”は店に寄って・・・、と言うのかその時その時で味や鮮度に差が出るのだが、確かにこの280円の”小川商店の北海生うに”は回転寿司チェーンの枠を超えた美味しさだったかな。
 
てな事で、毎度お馴染み回転寿司チェーンの『スシロー』にまたまた行って新登場の”鯖系 濃厚魚介つけ麺”を食べてみたのだが、麺の量はメチャ少なく感じたしヤワヤワだったけど、スープ自体は中々美味しかった!個人的にも『くら寿司』や『はま寿司』で食べるラーメンよりも一番”スシローのラーメン”が好みに合っている気もする。一度は『スシロー』にも頑張って『はま寿司』で食べた”かにラーメン”にも挑戦して欲しい気がする・・・。最期に・・・、確かこのお店の外か内かの何処かに”全品100円”と書いてあった様な気がするのだが、この日も何だかんだと4品食べただけで総額1728円にもなってしまった・・・。あの”全品100円”と書いた看板は外して置いた方がエエ様な気がするのだが・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。