義史のB型ワールド

2016年8月12日

高砂阿弥陀にオープンした中華料理のお店”酔仙の味”で”回鍋飯と五目ラーメン”を食べてみた!うっかり両方とも普通盛りだと言う事を忘れていて、お腹が超満腹!!!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 10:16 PM
 
代理人記録
 
6月の下旬頃に新聞の折込チラシに高砂阿弥陀の方に新しく中華料理がオープンすると言う案内が入っていた。で、そのチラシに載っている地図を見ると、国道2号線の阿弥陀交差点から鹿嶋さん方面へ向かった先、10数年前に偶に食べに行っていた『ファーマーズキッチン イヌイット』の直ぐ近くにある『池田製麺所/真心うどん本店』か、あるいは何時ぞや管理人さんや30番さんとプチ宴会?をした事があるお好み焼屋さん『いい友/阿弥陀店』がある場所の様だ。それはさて置き、チラシを見るとオープン記念で全品では無いのだが一部の料理は半額で提供するとの事。そんな日はきっと大混雑するに違いない・・・と言う御意見もあったのだが、特に他に行ってみたいお店が無かったので、試しに様子を見に行ってみる事にした。
 
酔仙の味
こちらが今回行って来た遂最近、阿弥陀交差点から直ぐ北へ行った途中に誕生した『酔仙の味』と言う中華料理屋さんで、チラシの写真を見た時に大体の想像は付いていたのだが、やはり『池田製麺所/真心うどん本店』があった場所の様で、実際この後店内に入っても座席の配置等、基本的には全く同じだった気がする・・・。ちなみに此処で、『池田製麺所/真心うどん本店』が閉店してしまって残念だ・・・と書くと”それはあなたが全然食べに行かなかったからだ・・・”と偶にネットでも話題になるのだが、確かに一時期は割と良く?食べに行っていたのだが、最近は全然行って無かったからなあ・・・。ま、一回しか食べに行って無い癖に残念がる人達と比べると、何度も食べに行った私はマシな方かも知れない・・・。後、参考までに書いて置くと加古川米田にある2号店のセルフ形式スタイルのお店『真心うどん/米田平津店』は未だ健在してるのでご注意を・・・。
 
酔仙の味オープン記念半額メニュー
そしてこちらがこのお店の”オープン記念半額メニュー”で、店内に置いてあったメニューを見ると、この他に割と本格的な中華料理があったり、あるいはオープン記念セールが終わった後から始まる?ランチメニュー等も用意されていたが、先にも書いた様にこの日は折角半額で食べれるので、この中から注文をしないと損!って事で先ずは”回鍋飯”を注文したのだが、何を思ったか?ちょっとした勘違いをしてもう一品五目ラーメン”も注文してしまったので、この後地獄を味わう事に・・・。
 
酔仙の味回鍋飯
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”回鍋飯”で、他に”玉子スープ”が付いて通常価格650円の処、先にも書いた様にこの日はオープン記念で半額となり320円也。ちなみにその他にも生ビールか餃子が無料になるイベントもやってるみたいな事が書いてあって、周りにも餃子を頼んでいるお客さんがいたのだが、流石にこの他に”五目ラーメン”も頼んでしまったので餃子を注文する事は止めた
 
酔仙の味回鍋飯
そしてこちらが”回鍋飯”で、その名の通り?中華の定番料理の一つである”回鍋肉(ホイコーロー)”を白いご飯の上にたっぷりとかけた丼で、その昔、何処のお店だったか忘れたが、私が良く利用していた『京都王将』のお店で”王将丼”と言うメニューで販売していた物と基本的に同じだ。それはさて置き、ご覧の様に豚肉やらキャベツやらタマネギ等がたっぷりと入ったボリューム満点の内容で、割と良くある”回鍋飯”定番の味だが中々ウマい!これで通常価格でも650円なので、半額セールでは無くても食べる価値はあるかも・・・。
 
酔仙の味回鍋飯の玉子スープ
ちなみにこちらは”回鍋飯”に付いていた”玉子スープ”で、取り敢えず飲み干したのだが、次に紹介する様にこの後”五目ラーメン”も運ばれて来たので、この”玉子スープ”に関しては余り印象には残らなかったかな・・・。
 
酔仙の味回鍋飯と五目ラーメン
そんなこんなで一足先に運ばれて来た回鍋飯”を食べていると少し後で”五目ラーメン”が運ばれて来た・・・。ちなみに”五目ラーメン”も通常税込価格650円なのだが、この日はオープン記念半額キャンペーンで320円なので、併せて合計金額は640円也。ご覧の通り両方とも1人前のフルサイズなのでメチャボリューム満点だ!何でこうなってしまったのかと言うと、先にも書いた様にこの日はオープン記念の半額セールをやっていて、店内が超大混雑な上に入店して来るお客さんがあちらこちらに散らばって陣取るので、注文もバラバラ。更に店員さんも不慣れで、注文は後で・・・と言ったり、直ぐに注文を取ったりとテンヤワンヤしてたので、その雰囲気に飲まれ半額だから2品位は食べないと・・・と言う元来の貧乏性も手伝って思わず五目ラーメン”も注文してしまったのだった。実はこの後、厨房もテンヤワンヤしていて何かオーダーの間違いがあった様で、更にもう一杯の”五目ラーメン”も運ばれて来たのだが、流石に私は”大食いのチャンピオン”では無いので、そんなようさん食べられへんで・・・、と丁重にお断りをしたのであった・・・。
 
酔仙の味五目ラーメン
そしてこちらが、そんな成り行き?で頼んでしまった”五目ラーメン”で、当然の如くこれだけで1人前サイズあるのだが、ご覧の様に海老やらイカやら豚肉やら野菜やらがたっぷりと入った具沢山の内容で、普通のラーメンと比べても結構なボリュームがある!で、そのお味はと言うと、偶に他のお店でこの手の”五目ラーメン”を注文すると”タンメン風のあっさり塩スープ”で出て来るので、何と無くそんなイメージをしていたのだが、雰囲気的には醤油ラーメンに中華定番の八宝菜を上から乗せた様な感じで、どちらかと言うと結構重々しい味のラーメンだ。単品でこれだけを食べていたら、もっと美味しかったかも知れないが、この後出来るだけ食べて帰ろうと頑張った事もあり、味の印象よりは苦しさの方が記憶に残ってしまったようだった・・・。
 
酔仙の味五目ラーメン
ちなみに”五目ラーメン”の麺はこんな感じの、他の中華料理屋さんで食べるラーメン大差の無い麺だった・・・かな。
 
てな事で、オープン記念キャンペーンの半額価格に釣られて高砂阿弥陀に出来た『酔仙の味』に行ってみたのだが、ちょっとした勘違いでこの日は2品も注文してしまったので今の私にはやはり食べ切れなかった・・・。それは兎も角、このお店にも当然の如くお手軽なランチメニューもあるので、今度は素直に食べ切れるボリュームの定食を頼む事にしよう!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。