義史のB型ワールド

2016年7月30日

吉野家で新登場した”肝吸い”がセットになった”鰻重肝吸い一枚盛セット”を食べてみた!”鰻重”は何時も通りの味だが、”肝”はちょっと癖があった様な・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:30 PM
 
代理人記録
 
今日は土曜日・・・では無くて土用の丑の日・・・って事でもう一つ鰻の話題・・・
 
数年前まではこの時期になると加古川別府にある『鰻料理専門店 将棋屋』か、あるいはそれ以前は加古川尾上にあった『将棋屋西店』へ行く事が多かったのだが、きっと今年は昨年9月に高砂銀座商店街?の西の端に誕生した『浜名湖鰻 うな高』に行く事になるだろう・・・と思っていたら、話題には出るが何故か今年になってからは未だ一度も食べに行っていない・・・。そんな事もあって最近食べた鰻の話を・・・と思って未だアップして無いネタを探したら、毎年恒例『吉野家』で食べた”鰻重”が未紹介だったので、取り敢えずそちらを御紹介・・・(5月頃に食べた”フォアグラ鰻重”の話を温存しておけば良かったかな・・・)。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらが久々に行って来た『吉野家/加古川駅北口店』で、午前11時半頃の訪問だったのだが、4席程しか無いカウンター席は満席で、テーブル席の方もグループ客は少ないのだが、どのテーブルにもお客さんが居て4人掛け風の配置になっている席は先客の斜め前の席に座るしか無い様な状況だった。てか、後日再びこのお店を訪れたのだが、その時もほぼ満席だった。以前は結構空いていると言う印象があったのだが・・・、みなさんテーブル席を求めて食べに来ているのかな?
 
吉野家JAF丼・定食・カレー50円引券
ちなみに最近はお店に行った時に貰える割引券を使って食べに来る事が多かったのだが、この日は久々に毎月JAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに付いている”丼・定食・カレー50円引券”利用だ!JAFの年会費の元を少しでも取り戻そうと思って毎月使っているのだが、得しているのか損しているのかイマイチ良く判らん状況になって来ているが・・・。
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セットメニュー
それはさて置き、こちらが今回食べた”鰻重”のメニューで、個人的にも昔から”吉牛”の大ファンと言う事もあって、2007年に”吉野家の鰻丼”が初登場した時から毎年一回は欠かさずに食べているが、以前は夏シーズン限定で販売されていた物が、最近は年がら年中販売されているのでイマイチ季節感が無い・・・。と思っていたら、またまた私の心を見透かしたかの様に、6月の中旬頃に”肝吸い”が付いたセットが販売される様になったので、今回もお試しで新メニューの”鰻重 肝吸い 一枚盛セット”を食べる事に決定!!!
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鰻重 肝吸い 一枚盛セットで、通常税込価格860円の処、先にも書いた様にJAFのチラシに付いていた割引券利用で50円引きとなり810円也。時々書いている様に、私が良く利用している『かつや』だと”490円のカツ丼”でも”100円の割引券”が使えるのに、『吉野家』では810円もする商品でも50円引きにしかならない・・・。値段の安い”吉牛”は兎も角としても、”鰻重”は100円ぐらい割引してくれてもエエ様な気がするのだけどなあ・・・。
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セット
それはさて置き、こちらが”鰻重”のメインである鰻の蒲焼で、『吉野家』の商品説明に寄ると”鰻・肝とも、これまで同様、中国・広東省の専用池でシラスから育てた厳選されたものを使用”との事。以前は皮や身が固いと揶揄されていた時代もあったが、最近はその辺りを心得ているようで、今回も身は柔らかくふっくらとしていて、これに”醤油の味を利かせたタレ”がかかっていて普通に美味しい・・・。これで600円位だったら、もうちょっと価値がある様な気がするのだけどなあ・・・。
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セット
そしてこちらが『吉野家』から初登場した”肝吸い”で、当然の如く?この様な透き通った出汁の”長葱と麩を加え、さっぱりとした「澄まし汁」”で、見た目通りのあっさり味だが、これまた普通に美味しい。セットの差額から計算すると、この”肝吸い”は1杯110円なので、それだけの価値があるかどうかは微妙だが、定食に付いて来る普通の”味噌汁”よりは好きな味だったかな。
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セット
ちなみにこちらは”肝吸い”の中に入っていた”鰻の肝”なのだが、他のお店で食べ慣れた”鰻の肝”の味とは少し違う、何と無く動物のレバーに近いような印象だった・・・。もしかしたら中国産はこんな味?と言われるのかも知れないが、深く考えないでおこう・・・
 
吉野家鰻重肝吸い一枚盛セット
最後に”鰻重肝吸い一枚盛セット”には一応この様な漬物が付いていたのだが、単品で頼む”お新香”と比べると、ちょっと量が少ないのと水気が少なくてカサカサとしている様な気もしたのだが・・・。
 
てな事で、またまた行った『吉野家』で今年も”鰻重”を食べ、更には新メニューの”肝吸い”もセットで食べてみたのだが、そこは『吉野家』って事で、味と内容はそれなりだったかな・・・。値段も決して安いと言う程でも無いし・・・、やっぱり今度は何処かの鰻専門店に行って国産鰻を食べてみたいと思う!!!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。