義史のB型ワールド

2016年7月23日

久々に行った”本家かつめし亭”でA5ランクとA4ランクの”かつめし”を食べ比べしてみた!確かにA5の肉の方が美味しいが、値段の差を考えるとA4で十分美味しいかも・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
この日の午前中、久々にご主人様がやって来たのだが珍しく一人で某所で作業・・・。で、その後折角なので例の如くランチを御一緒する事になったのだが、何時もは何を食べに行くかはお任せが多いご主人様が、この日は何と久々に”かつめし”が食べたいと仰る!そこで最初はご主人様の実家があった近くの『喫茶パラーディオ』跡地に出来た『いろは食堂(ビストロ)』に行こうと、そちらの方に向かって走り出したのだが、ふと脳裡によぎったのが加古川尾上にある『本家かつめし亭』の事。『本家かつめし亭』と言えば2012年の9月にお店が誕生した直後から何度も食べに行っているお馴染みのお店で、お店の定番メニューである”播州牛A4ランクのかつめし”と値段が若干高い”特選牛A5ランクのかつめし”の二つがあって、個人的にはどちらも食べた事があるのだが、当然毎回どちらか片方しか食べないので、イマイチ違いが判らない・・・。そこでこの日は両方を一皿ずつ頼んで食べ比べをすべく、久々に『本家かつめし亭』に行ってみる事にした。
 
本家かつめし亭
こちらが久々に行って来た加古川尾上にある『本家かつめし亭/加古川本店』で、個人的には2012年の9月にお店が誕生した当初から何度も食べに来ているお馴染みのお店なのだが、今までは割と空いてそうな時間帯を狙って食べに来ていた事もあって、割と店内はゆったりとしていたのだが、流石にこの日は正午を廻って間も無い時間帯と言う事もあってか、何と何とテーブル席は全て満席カウンター席も一番奥の数席のみだけが空いている状態・・・。テーブル席が空くのを待つのも何だし・・・と言う事でカウンター席の一番奥に座る事になった。
 
本家かつめし亭のメニュー
そしてこちらが『本家かつめし亭/加古川本店』のメニューで、先にも書いた様に”播州牛A4ランクのかつめし”と”特選牛A5ランクのかつめし”のどちらにもハーフサイズの物があるので、前々から両方のハーフサイズを注文して一人で食べ比べ、味比べをしてみようかと思った事が何度かあるのだが、ハーフサイズを頼むと結構高い・・・。日頃からコストパフォーマンスを追求する?私なので、何か勿体無い気がして実際に試した事は無かったのだった。てな事で、席に着くなり早速それぞれの”かつめし”を一皿ずつ注文!!!
 
本家かつめし亭のこだわり
ちなみにこちらはカウンター席の目の前に置いてあった”本家かつめし亭のこだわり”の説明書きで、以前にお店の壁とかカウンター席の奥の方に飾ってあった大きなボードに書かれていた内容と同じなのだが、そう言えば今はあの大きなボードは無くなっている様な・・・、単に気が付かなかっただけの様な・・・。
 
本家かつめし亭こだわり本家かつめし亭こだわり
更にこちらはお店が配布しているパンフレットに載っている”本家かつめし亭のこだわり”で、こちらは写真入りで見やすくなっている。ちなみに”こだわり壱”の下に載っている”神戸牛を使ったかつめし”は、加古川店での販売は無く三宮店限定のメニューで、私も何度か三宮店の前は通った事があるのだが、未だ食べた事が無い・・・。何時か食べてみたいと言う思いはあるのだが・・・。
 
本家かつめし亭のサイン色紙
その他にもお店の壁にはこの様なサイン色紙が飾られていて、以前に来た時はお店に入って直ぐの処に雑に置いてあっただけだったが、今はこの様に綺麗に並べて壁に貼ってあり、その数も徐々に増えて来た様な気がする・・・。ま、このお店はラジオでCMが流れている事もあって、もしかすると加古川で一番有名な”かつめし屋さん”になりつつあるのかも知れない・・・。
 
本家かつめし亭A4ランクのかつめし並
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”播州牛A4ランクのかつめし”の並で、もう一つご主人様お目の前には”特選牛A5ランクのかつめし”の並が運ばれて来たのだが、この時のお店の雰囲気とかもあって”特選牛A5ランクのかつめし”の方の写真を撮るのは忘れた・・・。気になる方は以前に私が食べた時の”特選牛A5ランクのかつめし”の写真をご覧あれ!
 
本家かつめし亭特選A5ランクとA4ランクのかつめし
そしてそれぞれの”ビフカツ”(今風に言うと”牛カツ”?)を半分ずつ交換して出来上がったのが、こちらの”特選A5ランク&A4ランクのハーフ&ハーフのかつめし”で、パッと見ただけでは両方とも同じ様に見えるのだが、交換する前の印象は”特選A5ランク”の”ビフカツ”の方が大きい様だった。で、早速味比べをしながら食べてみると、確かに肉の味・・・と言うのか旨味が全然違う事が判るのだが、最終的にはタレの味になってしまう様で、今回の様に食べ比べすると味の違いは判るが、それだけを食べた場合はそれ程の違いを感じる事は無い・・・と言う事で意見が一致・・・。これで次回からは素直に”播州牛A4ランクのかつめし”の方だけを心置きなく注文する事が出来る・・・。
 
本家かつめし亭特選A5ランクとA4ランクのかつめし
ちなみに”特選A5ランク”(下と真ん中)と”A4ランク”(左上)の肉の断面を見比べてみるとこんな感じで、何と無くであるが肉質に違いがあるが、この写真だけではこれまた良く判らない気もする・・・。違いが気になる方は以前に当ブログで紹介した某TV番組の揚げる前の肉を並べた写真を見れば一目瞭然なので、そちらを見て頂戴!
 
てな事で、この日はふとした事から久々に『本家かつめし亭』に行って、以前から一度やってみたかった”播州牛A4ランクのかつめし”と”特選牛A5ランクのかつめし”の食べ比べをしてみたのだが、確かに”特選牛A5ランクのかつめし”の方が美味しい事には違いが無いのだが、値段が400円も違うからなあ・・・。もしも200円程度の差ならば絶対に”特選牛A5ランクのかつめし”の方をオススメするのだけど・・・。それはさて置き、加古川店でも”神戸牛を使ったかつめし”を販売してくれたら一回位は食べてみたい気もするのだが・・・。
広告

神戸へ行った帰りに明石で下車してラーメンパス本2に載っていた”神戸ちゃんぽん”のお店”ちゃんポリーニ”に行ってみた!長崎チャンポンに似た豚骨スープで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 7:28 PM
 
代理人記録
 
唐突の打合せで神戸へ行った帰り、折角なので何か食べてから帰ろうかと思ったのだが、ディナータイムには未だちょっと早い・・・。どうしたもんかと思案しつつ手元にあった少し前に買ったラーメンパス本2を見ると明石にある”神戸ちゃんぽん”のお店が目に留まった。チャンポンと言えば長崎名物として超有名だし、最近は一時期加古川や明石にもお店があった”滋賀彦根名物の和風ちゃんぽん”も話題だし、汁物では無く粉もんだが”姫路ちゃんぽん”ってのもあるし、名前だけ?の”加古川ちゃんぽん”も食べたが、流石に”神戸ちゃんぽん”を耳にしたのは今回が初めてだ。そんな事もあったので、明石で途中下車してそちらのお店に行ってみる事にした。
 
神戸ちゃんぽんちゃんポリーニ
こちらが今回行って来た『神戸ちゃんぽん ちゃんポリーニ』で、お店がある場所は明石駅から西に向かって歩いて約5分位、ちょうど以前は時々行っていた『しゃぶしゃぶ・日本料理のお店 木曽路』の裏手辺りの一角にある。ちなみにラーメンパス本2の中には、他にもこの近くにあるラーメン屋さんが載っていたので、後でそちらも見に行ってみたのだが、カウンターだけのこじんまりとしたお店で若干入り難い様な印象を受けたので、そちらはまたご主人様と一緒に行ってみたいと思う・・・。
 
神戸ちゃんぽんちゃんポリーニのメニュー神戸ちゃんぽんちゃんポリーニのメニュー神戸ちゃんぽんちゃんポリーニのメニュー
それはさて置きこちらがこのお店のメニューで、当然の如く”神戸ちゃんぽん”がメインなのだが、何やら他にも”カレーちゃんぽん”とか”塩だれ焼きそば”、それに怪しげな”ちゃんぽん丼”や”カレーちゃんぽん丼”なるものまであって中々楽しげだ。とは言え今回はラーメンパス本2持参なので、迷う事無く普通の”神戸ちゃんぽん”を注文!!!
 
神戸ちゃんぽんちゃんポリーニのメニューちゃんぽん
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”神戸ちゃんぽん”で、お値段は通常価格730円の処、今回はラーメンパス本2利用でワンコインの500円也。ご覧の通り白濁したスープで、パッと見た感じは小海老や烏賊の姿が無い長崎チャンポンに限りなく似ている。ちなみにお店の商品説明に寄ると”鶏ガラは使わず、豚骨に徹したスープが神戸流。洗いやアクとりの労を惜しまず、炊き込むこと7時間半。臭みなくマイルドな口当たりで、ちゃんぽんに新風を吹かせる。具材の野菜と魚介で旨みを広げ、自家製からし高菜を入れてパンチある味に変化させることも”との事。
 
で、そのお味であるが、豚骨ベースではあるが所謂匂いや癖は一切無く少し甘目のマイルドなスープで中々ウマい!具は豚肉やキャベツや玉葱等の野菜が中心ではあるが、こちらも結構沢山入っていて気持ち的にもヘルシーさを感じる内容で、全体的には結構気に入った”神戸ちゃんぽん”だったかな。
 
神戸ちゃんぽんちゃんポリーニのメニューちゃんぽん
ちなみに”神戸ちゃんぽん”の麺はこんな感じの太麺で、メニューに寄ると他に細麺も選べたみたいだが、個人的に太麺好きな事もあって割と好きな食感の麺だったので、次回このお店に来る事があっても、また太麺を選びたいと思う・・・。
 
てな事で、神戸からの帰りに明石で下車してラーメンパス本2に載っていた”神戸ちゃんぽん”のお店に行ってみたのだが、”長崎ちゃんぽん”に似た様な味で中々美味しかった!そう言えばこのラーメンパス本2には少し前に10数年ぶりに食べに行った加古川宝殿にある西海』も載っているので、今度はそちらのお店に食べに行ってみよう!!

WordPress.com Blog.