義史のB型ワールド

2016年7月21日

夕方近くから食事に行く事になったので久々に高砂の町中にある”千美の春 宴や ねごと”に行ってみた。料理は兎も角として、小洒落た雰囲気で結構好きなお店だ!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
この日は夕方から某所でちょっとした打ち合わせ?をした後、食事に行く事になった。時間的には未だ夕暮れとは言え少し早い午後5時過ぎではあったのだが、この時間と言えば私の頭の中には飲み屋さんしか浮かんで来ない。とは言え、先輩は車での移動だったので、腰を据えて飲みに行くと言う訳にもいかないので、先ず最初に昨年に高砂町内にオープンした居酒屋さんを目指し、もしもそのお店が開いて無かったら、同じく昨年に高砂銀座商店街の一角にオープンした”鰻料理専門店”へ行く事にして、そちら方面へと向かった。
 
千美の春 宴やねごと
で、結局行ったのが、こちらの約1年ぶりの訪問となる『千美の春 宴や ねごと』で、時間は未だ少し早めの午後5半頃だったのだが、既に営業開始の札がかかっていたので迷う事無く入店!ちなみにこのお店に来たのは、ちょうど1年前ぐらいに、もう一つ上の先輩と飲みに来た時以来の訪問なのだが、流石に場所的な問題もあってか駅前にある居酒屋さんほど賑わっては居なかった様な・・・
 
千美の春 宴やねごと つきだし
それはさて置き、料理を注文する前?だったかに、先ず最初に運ばれて来たのが居酒屋さんには付き物の”つきだし”で、一体なんだろうと一口食べてみると良くある感じの”マカロニサラダ”だった。変な魚が出て来るよりはエエとは思うのだが、折角なのでもうちょっと凝った一品を出して欲しかったかな。
 
千美の春 宴やねごと おしながき千美の春 宴やねごと おしながき
そしてこちらがこのお店の”おしながき”で、基本的には1年位前に来た時と変わって無い様な・・・。それは兎も角として、取り敢えずこの中からちょっと美味しそうな?”自慢の手作り角煮”を中心に何品か注文!。その他にもうっかりして写真を撮るのを忘れていたが、昨年も来た時に食べた”神戸牛の陶板焼き”もあったので、そちらも併せてオーダー!!!
 
千美の春 宴やねごと おすすめメニュー
ちなみにこちらはこの日の”おすすめのメニュー”で、この中には最近もあちらこちらで食べている牛タンあみ焼き”があったのだが、どうみても私の大好きな”仙台名物の牛タン”では無さそうだったので今回はパス・・・。後から思うと”大根の煮物”はちょっと食べてみたかったかも・・・。
 
千美の春 宴やねごと たこわさ
されはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのが”たこの唐揚げ”と迷いつつ(本当は”たこ天”が食べたかったのだが、出来ないとの事だったので)オーダーしたのがこちらの”たこわさ”で、内容的にもメチャシンプルに小さく刻んだ蛸の足にワサビを和えただけの料理だ。そう言えば、若かりし頃に寮に住んでいた頃、近くにあった明石焼きのお店で”蛸のブツ切り”があったのだが、あれは結構大きな蛸の足で中々美味しかったのだけどなあ・・・。
 
千美の春 宴やねごと 冷奴
そしてこちらは、偶に一緒に飲みに行くもう一人の先輩も居酒屋へ行くと必ず頼むお馴染みの”冷奴”で、ご覧の通りこちらもメチャシンプルなので、特にコメントする程の事も無いような・・・。
 
千美の春 宴やねごと 自慢の手作り角煮
そしてその次に運ばれて来たのが、料理名を見てちょっと美味しそうな気がしたので思わず頼んでしまったこちらの”自慢の手作り角煮”で、ご覧の通り角煮だけでは無く、おでんの玉子の様な煮玉子も一緒に入っている。で、この角煮がトロトロのメチャ柔らかい豚肉で、オーソドックスな甘目の味だがメチャウマい!そう言えば昨年来た時に食べた”行列のできた唐上げ”も中々美味しかったので、料理名に一言文言が付いた料理はどれも美味しいのかも・・・。
 
千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き
そんなこんなしていると、ある意味この日のメイン料理とも言える”神戸牛の陶板焼き”の神戸牛と野菜が入った陶板が運ばれて来た。ちなみに昨年来た時は”ぐるパス本”持参だったので、通常価格1700円の処を500円だったのだが、今回は”今だけの特別価格”とかで1500円?だったかな・・・。とは言え、確か昨年来た時もそんな事が書かれてあった様な・・・。
 
千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き
そしてこちらが”神戸牛の陶板焼き”の命とも言える”霜降り神戸牛肉”で、ご覧の通り中々エエ感じの色艶をしているのだが、若干しっかりとした歯応えもあって、この日の3週間後に『焼肉 志方亭』で食べた焼肉ランチの特上ロースや特上カルビの方が美味しかった様な気はする・・・。
 
千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き千美の春 宴やねごと 神戸牛の陶板焼き
ちなみにこの”神戸牛の陶板焼き”は、陶板の上で直接焼くのでは無く、ご覧の様に野菜の上にお肉を載せた後に蓋をして蒸し焼きにするような感じだった。で、火が通った後は添付の塩かタレで食べると言う、割とオーソドックスな食べ方だったけど・・・。
 
千美の春 宴やねごと ソース焼きそば
で、取り敢えずメインの”神戸牛の陶板焼き”を食べて気持ち的には満足はしたのだが、それ以外にお腹に溜まる様な物は食べて無かった事もあって未だ食べ足り無い気がしたので、追加で注文したのがこちらの”ソース焼きそば”で、ご覧の様に豚肉、キャベツ、モヤシ等が入った結構具沢山な内容でオーソドックスながら中々ウマい!本来は居酒屋さんで食べる様な料理では無い気もしたが、この”ソース焼きそば”ならぜひまた食べてみたい様な・・・。
 
千美の春 宴やねごと つゆだくだしまき玉子
そして最後にもう一品何かを・・・と頼んだのがこちらの”つゆだくだしまき玉子”で、写真ではちょっと判り難いがこれがメチャ大きなサイズでボリューム満点!そして商品名の通り、たっぷりの出汁の中に入っていてこれまたウマい!この”つゆだくだしまき玉子”もまた今度このお店に来た時にも食べてみたい・・・とこの時は思ったのだが、後で当ブログの過去の記事を見てみたら一年前に来た時も頼んでいた・・・。気に入った料理は知らず知らずの内に何度も頼んでしまうものなのね・・・。
 
てな事で、久々に高砂の町中にある『千美の春 宴や ねごと』に行ったのだが、以前にも紹介した様にこのお店は色んな部屋があるし、全体的にお洒落で隠れ家的な雰囲気もあって結構好きなのだけど、何かもう一つ食べたい!と思うようなメニューが無いような気がしないでは無い・・・。でも、駅前にある居酒屋さんが満席で入れない時には、ちょっと足を延ばして行ってみるのも良いかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.