義史のB型ワールド

2016年7月20日

毎度お馴染み”くら寿司”が”極上かにフェア”をやっていたので、”生本ずわいがに”やら”冷やしぶっかけちく天うどん”を食べてみた!今回はどれも至って普通だったかな?

Filed under: — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
個人的に魚は余り好きでは無い・・・と言いつつも、偶に開催されるフェアや期間限定のメニューに釣られて食べに行っている回転寿司チェーンの『くら寿司』であるが、遂最近も新登場した”シャリカレーうどん”を食べに行ったばかりだが、例に寄って今回も周回遅れで6月の中旬頃に開催されていた”極上かにフェア”に行った時のお話・・・。ちょっと内容が古くなってしまったので、掻い摘んで?簡単にご紹介!
 
無添 くら寿司/アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーンの『無添 くら寿司/アイモール高砂店』で、前回同様にこの日も買物序でにやって来たので何時もよりは早目の時間の訪問だったのだが、相変わらず既に店内は大賑わい・・・回転寿司チェーンがまだまだ増え続けているのも何と無く判る様な気がする・・・。
 
くら寿司極上かにフェアメニュー
そしてこちらがこの時に開催されていた”極上かにフェア”のメニューで、パッと見た感じこれと言って目新しい寿司も無かった事や、時期的にそれ程にを食べよう!と言う気も沸いて来なかったので、この中から”生本ずわいがに”ととは関係の無い”厳選 熟成 中とろ三種盛り”を食べる事に決定!
 
くら寿司極上かにフェア大分県産レモンひらまさ 極旨一貫
で、目の前のタッチパネルを操作していたら、その中に最近『くら寿司』で良く食べている”フルーティーフィッシュ”シリーズで”大分県産 レモンひらまさ”ってのがあったので、試しにそちらも頼んでみる事にした。ちなみに魚が苦手な私であるが、”ヒラマサ”は以前に『鮨の与多呂』で食べた記憶があったので多分大丈夫?と判断したのだった。
 
くら寿司極上かにフェア特大 生本ずわいがに 極旨一貫
それはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”特大 生本ずわいがに 極旨一貫”で、お値段は税抜価格200円也。確かに特大と言われると特大の様な気もするが、偶に『はま寿司』で食べる”生本ずわいがに”も結構大き目なので、並べてみないと良く判らない様な印象・・・。ま、普通に美味しい”蟹の寿司”だったので、味的には満足したけど・・・。
 
くら寿司極上かにフェア厳選 熟成 中とろ三種盛り

続いて運ばれて来たのがこちらの”厳選 熟成 中とろ三種盛り”で、お値段は税抜価格200円也。メニューの説明と照らし合わせてみると左から”中とろ・ゆず漬け中とろ・中とろ石澤ドレッシング(和風醤油)”の三種の様だ。で、それぞれに違った味わいがあって全体的には中々楽しい盛り合わせなのだが、そこはやはり”中とろ”と言う事もあってそれなりの味だったかな。
 
くら寿司極上かにフェア大分県産レモンひらまさ 極旨一貫
そしてその次に運ばれて来たのは、先にも書いた様に最近良く食べている”フルーティーフィッシュ”シリーズの”大分県産レモンひらまさ 極旨一貫”で、お値段は税抜価格200円也。で、そのお味であるが、以前食べた”宇和島産みかんサーモン”や”宇和島みかんぶり”は、何と無く爽やかな味だった記憶があるのだが、この”レモンひらまさ”はレモン?と言う事もあってか、割と普通にブリかハマチに似た様な味だった・・・。
 
くら寿司極上かにフェア瀬戸内しらすの黄金炊き
で、一通り食べたい寿司を食べた後、先ず最初に追加したのがこちらの”瀬戸内しらすの黄金炊き”で、お値段は税抜価格100円也。この時は初めて食べた気がしたのだが、帰って来てから当ブログの過去記事を見ると昨年も同じ時期に食べていた様だ・・・。ま、時期的に今食べないと!と言う思いで頼んでしまったみたいだ。
 
くら寿司極上かにフェア特大生本ずわいがに9
それともう一つ、こちらもメニューには載って無かったのだがタッチパネルの中にあったちょっと珍しい?”海鮮カルパッチョ”で、お値段は税抜価格100円也。最初この寿司を頼む時、どうせ他の寿司で使ったネタの切れ端を集めた物なので、私の苦手な魚が入っていたらどうしよう・・・と不安になったのだが、基本的にはサーモンやマグロの赤身やハマチっぽい感じのネタばかりで、普通に美味しい寿司だった。これは魚が好きな人にとっては意外とお値打ちかも知れない・・・。
 
くら寿司のうどんのメニュー
そんなこんなで一通り食べてみたい寿司を食べたのだが、他にこれと言って食べたい物が無い。が、未だもうちょっと食べたかったので、あれこれと探していたらふと『くら寿司』で何度か”温かいお出汁に浸かったうどん”は食べた事があるが、”ぶっかけうどん”は食べた様な記憶が無かったので、試しに”冷やしぶっかけちく天うどん”を食べてみる事にした。
 
くら寿司極上かにフェア冷やしぶっかけちく天うどん
で、こちらが追加注文した”冷やしぶっかけちく天うどん”で、お値段は税抜価格280円也。雰囲気的には何年か前に大阪にある有名なお店釜たけうどん』で食べた”ちく玉天ぶっかけうどん”をイメージした様な内容で、注文した時にもそんな気持ちで居たのだが、実物を目の当たりにすると、何と”半熟玉子の天ぷら”では無く”温玉”だった・・・。最近食べた”シャリカレーうどん”には”たまご天”がトッピングされいるので、何かちょっと変な感じ・・・。
 
くら寿司極上かにフェア冷やしぶっかけちく天うどん
で、上の写真ではちょっと判り難いのであらためて”温玉”を見てみるとこんな感じで、『くら寿司』で”温玉”を食べたと言えば、昨年食べた”すしやのふぐから揚げ丼”に付いていた半熟玉子か”イベリコ豚丼”、あるいは更にその前に食べた”特製玉子だれで食べる海鮮丼”等、回転寿司屋なのに何故か結構な割合食べている気もする・・・。ま、味的には極々普通の”温玉”だったけど・・・。
 
くら寿司極上かにフェア冷やしぶっかけちく天うどん
ちなみに”冷やしぶっかけちく天うどん”の麺はこんな感じで、先にも書いた様に偶に『くら寿司』で”温かい出汁に浸かったうどん”を食べるのだが、その時の麺と比べると何と無く太目でコシがある様な気がして普通に美味しい麺だったかな。
 
てな事で、”極上かにフェア”に釣られてまたまた『くら寿司』に行ってしまったのだが、今回は意外と普通っぽい物しか食べ無かったので、ちょっと面白味に欠けるなあ・・・と思っていたら、7月になってから”シャリカレーうどん”ってのが登場したので、食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.