義史のB型ワールド

2016年7月16日

やって参りました、小田和正コンサート!!!でもその前にハーバーランドumieに寄って”仙台牛たん福助”で”極み牛たん焼き定食”を食べた!ちょっと高いが肉厚があって超ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
やって参りました、約2年ぶりの小田和正のコンサートの日!!!が、その前にへ何処かで腹ごしらえをしてから会場に向かう事にした。で、今回のコンサートも”神戸ワールド記念ホール”なので車移動・・・。そうなると三宮駅周辺のお店には行き難い・・・。で、ふと頭に浮かんだのが昨年だったかに”神戸ハーバーランドumie”中に誕生した”仙台牛たん”の事!実は今年の初めに中島みゆきコンサートを観に行った翌日に”神戸ハーバーランドumie”に寄った際に下見をしていたので、今度神戸に来た時はぜひこのお店に食べに来ようと決めていたのだった。
 
仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店
こちらが今回行って来た『仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店』で、所謂以前は”モザイク”と呼んでいたレストラン街が集まったエリアの2Fにあるのだが、個人的に”神戸ハーバーランドumie”に来る事が滅多に無いし、来たとしても3Fにある『伊勢海老料理専門店 中納言』に行く事が多い?ので、以前この場所に何のお店があったのか全く記憶に無い
 
仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店
それはさて置き、入店前に店の横を見ると店内で熟成させている牛たんが見える様になっていたり、正面の方には見本で似た様な感じの熟成中の牛たんのイミテーションみたいな物が飾ってあって中々楽しげなお店だ!当然、カウンター席に座ればガラス越しにこの牛たんを焼いている姿を見る事も出来る様になっていた。
 
仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店
ちなみにこちらが店内の様子とメニューの先頭ページに乗っていたお店の紹介文で、それに寄ると今回食べに入った『福助』と言うお店は”仙台駅前のアーケード街(名掛丁)に本店と支店を置いたたん焼きの老舗で有り元祖たんしゃぶのお店として皆様にご愛顧いただいている”との事。そう言えば仙台駅前のアーケード街には3回位行った事があるのだが、姫路駅前のみゆき通りと比べ物にならない程の巨大な商店街だった記憶が・・・。毎回時間の無い時ばかりだったので、アーケード街は通り抜けただけでじっくりとは見て無いのだけど・・・(でも、その中の窓の無いビジネスホテルには泊まった様な・・・)。
 
仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店定食メニュー仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店定食メニュー
そしてこちらが『仙台牛たん福助/神戸ハーバーランド店』の定食のメニューで、当然の如く”牛たん焼き定食”を筆頭に、最近他の仙台牛タン専門店でも置いてある”牛たんカレー”とか”牛たんシチュー”等もあり、更に”牛たん焼き”と”牛たんシチュー”がセットになった定食まであって何を食べるか悩ましい・・・。で、思案した結果、どうせ滅多にこのお店に来る事も無さそうだったので、此処は大人食いしてやろうと”極み牛たん焼き定食”を食べる事に決定!!!
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”極み牛たん焼き定食”で、メインの”極み牛たん焼き”の他に、”仙台牛たん”を食べる時には欠かせない三種の神器である”麦めし、テールスープ、おしんこ”等がセットになって、お値段は税込価格2354円也。”麦めし”には”とろろ”をかけて食べるのも定番になっていて、偶に他のお店では無料サービスで”とろろ”が付いて来る場合もあるのだが、このお店ではそう言ったサービスは無かった。
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
それはさて置き、料理が配膳された時はメインの”極み牛たん焼き”が奥にあったので、あらためて手前に来る様に並べ直してじっくりと見るとこんな感じで、”極み牛たん焼き”の脇には”おしんこ”と”仙台味噌”が添えられている。若かりし頃に出張先の仙台で上司の係長に連れられて食べた時は、牛たんの他に何を食べたか記憶に無いが、15年位前に仙台へ出張した際に食べに入ったお店だと”おしんこ”は食べ放題だった様な・・・。てか、一緒に行った人がメチャ”おしんこ”をお替りして食べていた印象が強く残っている・・・。
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
そしてこちらがちょっとお値段の高い”極み牛たん焼き”で、ご覧の通りの中々の肉厚で若干レアな感じの部位もある。ちなみにお店の商品説明に寄ると”牛たんのなかでも、わずかしかとれない「芯たん」とよばれる霜降り部分のみを使用した、やわらかい歯ごたえの極み牛たん”との事。で、早速この”極み牛たん焼き”を食べてみると先にも書いた様に何も浸けずとも、しっかりとした味があり、更に”極み”だからなのか肉も柔らかくてメチャウマい高い方を食べただけの甲斐はあったかな。
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
ちなみに”極み牛たん焼き”の表面?を見るとこんな感じで、見た目的にはこちらを前面にした方が美味しそうに見える様な気がしたのだが・・・。てか他のお店に行くと、牛タンの断面よりもこの様な表面の方を上にして盛り付けている場合が多いのだが、ま、これは見る角度だけの問題なので、どうでもエエっちゃどうでもエエ話だが・・・。
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
そしてこちらが”極み牛たん焼き定食”に付いていた”テールスープ”で、ご覧の通りのほとんど透き通った感じの中に、牛すじ?の切れ端とネギが入ったシンプルなスープなのだが、これがまた期待通りにメチャウマい!バーベキューの時は、通販サイトに騙されて”テールスープ”では無く”牛たんスープ”が送られて来たのだが、味的には全く違うので、また機会があればこの”テールスープ”だけを買ってみなさんに味わって欲しいと思う・・・。
 
仙台牛たん福助極み牛たん焼き定食
最後に・・・、こちらは”極み牛たん焼き”の脇に添えられていた”おしんこ”と”仙台味噌”で、先にも書いた様にどちらも”仙台牛たん”を食べる時には欠かせない添え物なのだが、以前『牛たん炭焼き利久』へ行った時も似た様な内容だった様な、ちょっと違ってた様な・・・。
 
てな事で、小田和正のコンサートを見に行く前に”神戸ハーバーランドumie”に立ち寄って私の大好きな”仙台名物牛たん”を食べに『仙台牛たん福助』へ行って”牛たん焼き定食”を食べてみたのだが、期待通りにメチャウマかった!そう言えば10年位前に東京へ出張した時は、あちらこちらに仙台牛タン専門店があったので私も何度か食べたのだが、関西には意外と本格的な仙台牛タン専門店は少なかった(何軒かはあったのだが、確かどのお店も仙台に本店の無いお店だったはず・・・)のだが、最近になって関西にもお店が増えて来た様で、若かりし頃からの仙台牛タンファンの私としては喜ばしい事だ!
広告

実に20年ぶりの続編となる映画”インデペンデンス・デイ:リサージェンス”を見て来た!何と無くスター・ウォーズっぽい感じで現実味が薄れて来た様な・・・。

Filed under: 映画 — 代理人 @ 7:04 PM
 
代理人記録
 
偶に書いている様に私はSF映画が大好きだ!特に宇宙人が地球を侵略しにやって来る内容の映画が大好きだ!で、その中に古典的名作映画『宇宙戦争』(スピルバーグ監督&トム・クルーズ主演版では無く1953年版の方)と、それをモチーフ?オマージュした超SF対策映画『インデペンデンス・デイ』(通称ID:4)があるのだが、何と何と20年も経ってから続編が製作されたので、早速観に行ってみた。
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
こちらがその『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で、前回同様に?地球の上空に巨大宇宙船が登場するのだが、実はこの手の内容の映画で遂最近『フィフス・ウェイブ』と言うB級SF映画?も観たのだが、流石にそちらの映画の事を知っている人は、余程のSF映画マニアか、クロエ・グレース・モレッツファンで無いと知らないだろう・・・。ま、製作費も全然違うので比べる事自体間違っている気もするが・・・。
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
それはさて置き、これまた偶に書いている様に私は観ると決めた映画に関しては、事前情報は一切聞かない様にしているので、この『インデペンデンス・デイ』の続編の製作決定ニュース発表の際に続編は二部作か三部作になる・・・とか、あるいはその後の情報で主役の一人だったウィル・スミスは続編には出演しない・・・程度の情報しか無いままに映画を観に行ったので、先ず最初の場面を見て驚いた・・・。
 
何と何と、既に人類は地球防衛組織・・・を結成していて月面には・・・と言う基地があり、更には太陽系の惑星間にはコンピューター衛星・・・があったり・・・と、私が知っている2016年の世界とは全く異なる・・・。ストーリー説明に寄ると前回のエイリアン侵略時に地球に残して行ったテクノロジーを利用して飛躍的に技術が進歩したらしい・・・。ん?何かターミネーター2にも似た様な話が・・・。それは兎も角、そんな事もあって地球の戦闘機がいとも簡単に地球と月とを往復出来る世界・・・と言う事もあって、何かイマイチ現実味に欠ける・・・。
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
ちなみに『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の公式サイトから画像を引っ張って来るとこんな感じで、確かに映像的には迫力のあるシーンが沢山登場するのだが、どれも最近の他の映画で観る様な映像と大差無い印象で、これまた新鮮味も無かったかな
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
そしてこちらは全作『インデペンデンス・デイ』で、巨大宇宙船が大気圏を突入して来た時に近い様な映像で、そう言えば随所に前作と似た様なシーンがあった・・・。てか、メインキャストの半分以上がこの続編に出て来るし、主役級では無いがちょい役で、あ!これ前の映画にも出ていた人や!みたいな場面もあったりする。
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
で、映画のクライマックスは当然の如く地球防衛軍とエイリアンの戦闘機の空中戦が待っているのだが、先にも書いた様に地球防衛軍の戦闘機も宇宙戦闘機モドキなので、その戦闘シーンだけを観るとまるでスター・ウォーズの様だ!もしかすると20世紀フォックスのドル箱映画だったスター・ウォーズがディズニーに移ってしまったので、スター・ウォーズの変わりに似た様なSF映画をシリーズ化しようとしているのかも知れない・・・。そう言えば、今作の映画の主人公が前作の子供達・・・と言うのも、新シリーズが始まったスター・ウォーズに似ているし・・・。更に映画の最後の方では、今度はエイリアンを退治しに行こう!と言ってたから、続編が出来るならば今度は宇宙が舞台・・・な気もするし・・・。
 
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
最後に・・・、今回は”エクストリーム4DX”と言う”4DXのシートモーションレベルを最大にすることで、かつてない激しい座席揺れを体感できる上映”で見て来たのだが、確かに途中凄く揺れるな・・・と思った瞬間はあったけど、何時もの4DX上映とそれ程大きな違いは無かった様な気がする・・・。それに3Dも後から3D化した様な感じだったし・・・。この映画の内容なら普通の2D上映で観た方が良いかも知れない・・・。
 
てな事で、私の大好きなSF超大作と言う事で早速『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を観に行って来たのだが、前作も突っ込みどころ満載の映画だったが、今回は映画自体に突っ込みたくなる様な内容だった・・・。ま、監督のローランド・エメリッヒと言えば今では巨匠と呼ばれているが、あの『アメリカ版ゴジラ』(1998年版)の監督だし、他にも『2012』とか『紀元前1万年』とか、ちょっと癖のある映画ばかり作っている人だからなあ・・・。前作だけで終わらせた方が名作として語り継がれた気がするのだが・・・。

WordPress.com Blog.