義史のB型ワールド

2016年7月14日

JR姫路駅構内に誕生した”播州うまいもん処”の中にある”うしくんの加古川かつめし亭”で今回は”ミルフィーユかつめし”を食べてみた!タレが好みに合っているのか中々ウマい!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
少し前に私が毎月食べに行っている?とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』で食べた”牛カツ丼”は、1枚物の牛肉を使った物では無く、薄切り肉を重ねたミルフィーユカツ”だった。で、”ミルフィーユカツ”と言えば何年か前にプチブレイクした『キムカツ』と言うお店の事が直ぐに頭に浮かぶのだが、それとは別に今年の3月末に姫路駅構内に誕生した『播州うまいもん処』の中にある『うしくんの加古川かつめし亭』にも”ミルフィーユカツ”を使った”かつめし”があった事を思い出したので食べに行ってみた。
 
うしくんの加古川かつめし亭
こちらが久々に行って来た『播州うまいもん処』の中にある『うしくんの加古川かつめし亭』で、このお店で食べるのは久々なのだが、その間にも同じ『播州うまいもん処』の中にある『播州赤穂塩ラーメン 天馬らぁめん』や『姫路の地酒と姫路おでん本舗』や『播州骨付鶏と龍野そうめん とりいち』で食べているので、何故か久々に来た気がしない・・・。ちなみにこの時は正午前の訪問だったからなのか、3月末にこの『播州うまいもん処』が誕生した直後にやって来た時程の賑わいは無かった様な・・・。
 
うしくんの加古川かつめし亭のメニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、基本的にはお店が誕生した時と同じなのだが、新たに”ハーフかつめし”ってのが追加されている。とは言え、今回の訪問目的は”ミルフィーユかつめし”を食べる事にあったので、迷う事無くそちらを注文!!!
 
うしくんの加古川かつめし亭贅沢ランプステーキかつめしメニューうしくんの加古川かつめし亭鶏かつめしメニュー
ちなみにその他にもこの様な”贅沢 ランプステーキかつめし”とか”鶏(チキン)かつめし”なる新メニューも追加されていた。確かどちらかは期間限定とか書いていた様な気がするので、食べてみたい気もするが、”ランプステーキ”はちょっと値段が高いしなあ・・・。どちらかと言うと『本家かつめし亭』の三宮店に行って”神戸牛のかつめし”の方が食べてみたい気がするのだが・・・。
 
うしくんの加古川かつめし亭ミルフィーユかつめし
それはさて置き、こちらが実際に食べた”ミルフィーユかつめし”で、別途”味噌汁”が付いてお値段は税込価格880円也。ちなみにこのお店では出来上がるまでカウンターの前で待たされるので、その様子をじっと観察していると、先客二人が頼んだ同じ”ミルフィーユかつめし”のカツはタイマーで時間を計って揚げた後、そのまま断面をカットしてライスの上に乗せていたのだが、私の”ミルフィーユカツ”は何故か一度揚げた後、断面チェックで未だ火が通って無いと判断した様で、再度フライヤーの中に投入!そしてもう一度揚げた後、それでも未だ不十分と判断した様で、今度は半分だけをまたまたフライヤーに投入!!!実質三度揚げ状態の”ミルフィーユカツ”になったのであった!タイマーセットして揚げるだけなのに・・・、きっと冷蔵庫で肉の中まで冷えすぎていて中々火が通らなかった?って事なのかな。
 
うしくんの加古川かつめし亭ミルフィーユかつめし
そしてこちらがメインの”ミルフィーユかつめし”で、パッと見た感じは前回訪問時に食べた”赤身1枚肉かつめし”と変わらない感じで、老若男女誰もが好みそうな少し甘目もタレで、当然の如くカツも揚げ立てで中々ウマい!肉の火の通り加減に関しては、お肉が自慢の店と、タレが自慢の店?とでも火の通り方が違う事もあるので、実際に食べても余り気になる事は無かった気がする。
 
うしくんの加古川かつめし亭ミルフィーユかつめし
ちなみに”ミルフィーユカツ”はこんな感じで、食べている間に肉が1枚ずつ剥がれて来るかな?と思って箸で突いてみたが、何故か割としっかり肉同士がくっついていた。ま、ミルフィーユなのでお肉のジューシーさは欠けるが、逆に肉自体は柔らかくて普通に美味しいお肉だった・・・。
 
うしくんの加古川かつめし亭ミルフィーユかつめし
そしてこちらは”ミルフィーユかつめし”に付いていた”味噌汁”で、前回食べた時はワカメと麩が入っていたのだが、今回は玉ネギとかキャベツみたいな具が入った、何と無くスープっぽい感じで、味自体は”味噌汁”なのだがこちらも中々美味しかったかな
 
てな事で、またまた行った『播州うまいもん処』の中にある『うしくんの加古川かつめし亭』で今回は”ミルフィーユかつめし”を食べてみたのだが、”ミルフィーユカツ”かどうかは兎も角として全体的には普通に美味しい”かつめし”だった。この辺りは肉の内容と言うよりもタレの味が好みに合ってるかどうかで評価は分かれる気はするが、この味ならばちょっと珍しい鶏かつめし”も食べてみたいかな・・・。

スーパーの駅弁大会で昨年東京へ行った時にお土産で”江戸前焼肉ロール”を買って帰った”焼肉チャンピオン”の”和牛焼肉弁当”が売られていたので買ってみた!シンプルながら中々ウマい!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 8:29 PM
 
代理人記録
 
今年になってから食べた駅弁を簡単に紹介するシリーズ。少し前に近くのスーパーで、昨年の年末近くに東京府中での中島みゆきコンサートを観に行った時の帰りに立ち寄った羽田空港国際線ターミナルで買って帰った”江戸前焼肉ロール”の発売元である”東京・恵比寿 焼肉チャンピオン”の名の付いた”和牛焼肉弁当”と言う弁当が売られていたので買ってみた。
 
焼肉チャンピオン和牛焼肉弁当
こちらが今回買って来た”東京・恵比寿 焼肉チャンピオン 和牛焼肉弁当”で、お値段は1350円也。そう言えば何年か前の駅弁大会で、新聞の折込チラシを見てこの弁当が食べたくなったので買いに行ってみたら、この弁当だけが売切れていて買えなかった事があった様な・・・。今回はすっと買えたって事は、以前ほどの話題性が無くなった?って事なのかな・・・。
 
焼肉チャンピオン和牛焼肉弁当
そしてこちらがパッケージの中から取り出した”焼肉チャンピオン 和牛焼肉弁当”で、これだけでは良く判らないが、最近多い紐を引っ張るだけで発熱して温かくなる”あっちっち弁当”だ。ちなみに商品説明に寄ると東京・恵比寿の名店「焼肉チャンピオン」の、厳選黒毛和牛をお店のタレで仕上げた焼肉弁当”との事。で、ご覧の通り、御飯の上の黒毛和牛の焼肉を敷き詰めただけのメチャシンプルな内容ながら、お肉も柔らかくてメチャウマい!内容や見た目のインパクトは東京土産で買って帰った”江戸前焼肉ロール”の方が遥かに上だが、確かに駅弁?としては中々美味しい”焼肉弁当”だった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.