義史のB型ワールド

2016年7月8日

以前の”神戸ちぇりー亭明石魚住店3周年記念フェア”で貰った”からあげ”無料券の有効期限が迫って来たので、今回は”純情なつけ麺”を食べてみた!こってり感は無かったが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:15 PM
 
代理人記録
 
忙しくてブログが更新出来ない時の為に・・・と思って温存していた記事が残っていて、流石にちょっと日が古くなって来たので意味も無く今日ご紹介・・・。
 
3月の中旬頃に明石魚住の国道2号線沿いにある『神戸ちぇりー亭』がやっていた”明石魚住店3周年記念フェア”のラーメン1杯半額に釣られて思わず食べに入ってしまったのだが、その帰り際に”祝!3周年記念からあげ無料券”をくれた。で、有効期限を見ると4月末まであったので、のんびりと構えていたら有効期限が迫って来ていたので折角なのでまたまた食べに行ってみた。
 
男のらぁめん 神戸ちぇりー亭/明石魚住店
こちらがまたまた行って来た『男のらぁめん 神戸ちぇりー亭/明石魚住店』で、お店に到着したのは未だ正午前だったのだが、既に店内には何組もお客さんがいるし、後からも続々とやって来る。てか、私が食事を終えて帰る頃には外で待っているお客さんが何組か居た程・・・。ま、若干店内が狭いと言う事も影響しているとは思うが、相変わらず流行っているようだ
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺のメニュー神戸ちぇりー亭魚住店祝!3周年記念からあげ無料券
それはさて置き、こちらはこのお店の”つけ麺のメニュー”と前回の訪問時に貰った”祝!3周年記念からあげ無料券”で、前回は定番の”ド根性の醤油らぁめん”を食べたのだが、それから未だ一ヶ月半ぐらいしか経って無いので同じラーメンを食べるのも何だし・・・と思って、この日は未だかつてこのお店では食べたことが無かった純情なつけ麺”を食べてみる事に決定!!!
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺とからあげ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”純情なつけ麺”と無料の”からあげ”のセットでお値段は790円也。本来であれば”からあげ”に生ビール・・・あるいは白いご飯も欲しくなる処であるが、車移動だったので生ビールはご法度・・・。白いご飯は”つけ麺”のボリュームが判らなかった事もあり食べ切れないと困ると思いパスしたのだった・・・。
 
神戸ちぇりー亭からあげ
そしてこちらが”からあげ”で、結構大き目サイズの物が3個入っていて、別途好みで付けると言うマヨネーズも付いている。ちなみにメニューに書いてある商品説明に寄ると”鳥モモにオリジナルの下味をつけ揚げたてのみにこだわった感動の一品”との事。当然の如く揚げたて熱々で先ずは試しにそのまま食べてみると、鶏肉はジューシーな上にしっかりと味が付いていてメチャウマい!やっぱ生ビールが欲しいぞお!と思わずには居られない一瞬であった!
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
そしてこちらが”純情なつけ麺”の麺で、麺の量が同じ値段で200g、300g、400gの中から選べたのでスタッフのオネエサンに私でも300g食べれるかな?と尋ねると、(ラーメンとは違い)野菜が入って無いのでその分少な目だから食べれると思います・・・との御意見だったので300gで頼んだのだが、ご覧の通り結構なボリュームがある。ま、麺の下には水切り用が敷いてあったので若干見た目の量とは違っていたので、何とか完食は出来たのだが・・・。
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
ちなみにこちらは麺の上にトッピングされていたチャーシューで、前回の記事の中でも書いた様に丁度この3月から以前の”豚バラ肉”から変更になったチャーシューで、ご覧の通り割と他のお店で食べるチャーシューと大差無いオーソドックスな感じで、お肉も柔らかくて中々美味しかった
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
そしてこちらが麺に浸けて食べるスープで、このお店の看板商品である”ド根性の醤油らぁめん”のスープは”背脂&にんにく”がたっぷりと入って割りとこってりとしているのだが、こちらには”背脂&にんにく”が全く入って無いシンプルな醤油味だ。ちなみにメニューの説明に寄ると”柚子が香る和ダシがきいたスープ”との事。で、本来であれば”つけ麺”のスープと言えば、麺を浸けて食べるので濃い目の味になっているのだが、個人的に濃い目の味が大好きな事もあって、このままスープだけで飲んでも少し甘口の醤油味で中々ウマい!好みで言うと”背脂&にんにく”たっぷりな方が好きではあるが、これはこれで中々美味しいスープだった。
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
ちなみに今回食べた”純情なつけ麺”の麺はこんな感じで、雰囲気的には前回食べた”ド根性の醤油らぁめん”とは違う”純情なつけ麺”専用みたいな感じの結構な太麺だ。最近もあちらこちらのラーメン屋さんで個性的な”極太麺のつけ麺”を食べている事もあって、それ以上にインパクトを感じる事は無かったが、300gのボリュームを難なくクリア出来たと言う点を考えると中々食べ易い麺だった気はする・・・。
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
そしてこちらは麺の上に載っていた”とろ卵”で、雰囲気的には”つけスープ”に投入して食べる様な感じではあったのだが、そうした場合、スープと共に残ってしまいそうな気がしたので、取り敢えず麺の上で潰した後、麺に絡めて食べてみたのだが、個人的にはこの”とろ卵”に関してはあっても無くても良かったかも・・・。
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
それはさて置き、以前から良く言われる事であるが”つけ麺”を食べていると途中で”つけスープ”が冷めて来てしまうと言う難点・・・。日頃から早食いの私であるが、この日は300gの麺と”からあげ”があった事もあって途中から食べる勢いがスローダウン・・・。で、メニューには”つけスープ”の温め直しが出来ると書いてあったので、お願いするとレンジでチンしたかの様な超熱々で戻って来た・・・。そんな事もあって何とか最後まで完食出来たのであった!
 
神戸ちぇりー亭純情なつけ麺
ちなみにその完食した様子がこちら・・・。偶に書いている様に”つけ麺”を食べた最後のお楽しみと言えば”スープ割り”があるのだが、このお店のメニューには特に何も書かれて無かったし、”つけスープ”も濃い目ながらそのままでも飲めなくも無い味だったし、何と言ってもこの時点でお腹が超満腹だったので確認する事すらしなかった・・・。
 
てな事で、今年の3月上旬頃に開催されていた”明石魚住店3周年記念フェア”に行った時に貰った”祝!3周年記念からあげ無料券”を使いにまたまた『神戸ちぇりー亭』に行ってこの日は”純情なつけ麺”を食べてみたのだが、何時も食べている”ド根性の醤油らぁめん”とは違ったスープの味があって中々ウマかった!とは言え好みの点で言うとやはり看板商品である”ド根性の醤油らぁめん”の方が美味しい様な気はしたが・・・

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。