義史のB型ワールド

2016年7月6日

明姫幹線加古川稲屋交差点の直ぐ近くにオープンした家系の”横浜ラーメン 一心家”で”元祖ラーメンとんこつ醤油”を食べてみた!思った程のこってり感の無い飲みやすいスープで中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
少し前に紹介した様に、遂に加古川にも”横浜家系ラーメン”のお店が誕生した!で、早速食べに行こうと思ったのだが、今年になってから加古川や高砂界隈にオープンした『ラー麺 ずんどう屋』や『ラーメン まこと屋』、あるいは『ラーメン 弦流』等は開店前から行列が出来ている場合が多かったので、今回ももしも大行列が出来ていたら、オープンの賑わいが落ち着いてから食べに来ようと心に決めてお店まで行ったら、流石にディナータイムには少し早目の未だ陽の高い時間帯と言う事もあって、全く行列は無かったので試しに食べてみる事にした
 
横浜ラーメン一心家
こちらが今回行って来た『横浜ラーメン 一心家』で、お店がある場所は以前にも紹介した様に明姫幹線加古川稲屋交差点を北側へ行った直ぐの処で、雰囲気的にはラーメンチェーンの『東麺房/加古川店』の裏手辺り、クリーニングセンター?と同じ並びにある。で、パッと見た感じは小さなお店かと思いきや、以前は居酒屋さんだった事もあってか店内は意外と広く、何と無くお洒落に改装されていて中々エエ感じの雰囲気だ。ちなみにお店の前に置いてあるボードの情報に寄るとランチ営業は7月12日からを予定しているらしい・・・。
 
横浜ラーメン一心家ご挨拶横浜ラーメン一心家家系ラーメンの説明
そしてこちらは店内に置いてあったメニューのトップページに載っていた『横浜ラーメン 一心家』のご挨拶と、”横浜家系ラーメン”の簡単な説明書きで、それに寄ると”横浜家系ラーメンとは、博多の豚骨ラーメンと東京の醤油ラーメンのいいとこどりをした豚骨醤油ベースとした、横浜で30年以上愛され続けている美味しいラーメン”との事。個人的には横浜をバイクで走った?事もあるし、東京へ出張した際に、ちょっと足を延ばして?”横浜ラーメン博物館”へ行った事もあるのだが肝心の”横浜家系ラーメン”は食べた事が無い。ま、ラーメンマニアの中ではそこそこ有名なので、カップ麺とか冷凍麺では何度も食べたけど・・・。
 
横浜ラーメン一心家ラーメンメニュー横浜ラーメン一心家ラーメンメニュー
それはさて置き、こちらがこのお店の麺のメニューで、”横浜家系ラーメン”と言えばとんこつ醤油スープ”が定番なのだが、ご覧の通り他にも”とんこつ塩スープ”があった。更に麺の種類を見ると、これまた”横浜家系ラーメン”は太麺が定番なのだが、このお店では細麺もあった。この辺りは播州人の好みを多少意識しているのかも知れない・・・。
 
横浜ラーメン一心家飯ものといっぴんメニュー
ちなみに何時もの如く、ラーメン単品で良いと思いつつも時間が時間?と言う事もあって、先ずは”飯ものといっぴん”のメニューの中にあった、ラーメン屋さん定番の”餃子”を食べてからラーメンを食べる事に決定!!!きっとランチ営業が始まった暁には、ランチタイム限定でお得な価格で食べれる様な気もしたのだが・・・。
 
横浜ラーメン一心家餃子
それはさて置き、少々の待ち時間の後で運ばれて来たのがこちらの”餃子”で、通常税別価格380円の処、ラーメンを食べた場合は税別価格280円になるらしい・・・。で、ご覧の通り”王将の餃子”と比べると少し小さ目だが、他のラーメン屋さんと比べると結構大き目の”餃子”で、当然の如く焼立て熱々で皮もそこそこパリッとしている。ちなみにこのお店は餃子のタレでは無く、昔長柄に醤油と酢を自分でブレンドして作るタイプで、それを浸けて食べると具もジューシーで中々ウマい!この味であれば後日始まる予定のランチタイムにお得なセットが登場した際に、また食べてみたいと思う。
 
横浜ラーメン一心家元祖ラーメンとんこつ醤油横浜ラーメン一心家元祖ラーメンとんこつ醤油
で、先に注文した”餃子”を食べ終えた後、追加で注文したのがこちらの”元祖ラーメン(とんこつ醤油スープ)”で、お値段は税別価格690円也。先にも書いた様にスープは2種類あったのだが”横浜家系ラーメン”と言えば”とんこつ醤油”だし、更に麺も”横浜家系ラーメン”の定番に従って太麺でオーダー!ご覧の様に最近多い、高さがあって底が低くなった擂鉢状のラーメン鉢に入っていて、パッと見た感じはボリューム少な目に見えたがこれでもちゃんと一玉分のラーメンだ。それはさて置き肝心のスープのお味であるが、”とんこつ醤油”と言う割には思った程のこってり感は無く、どちらかと言うとさっぱりした甘目のスープで、これが中々ウマい!大きなインパクトは無いが、個人的には結構好きな味かも・・・。
 
横浜ラーメン一心家元祖ラーメンとんこつ醤油
そしてこちらが”元祖ラーメン(とんこつ醤油スープ)”にトッピングされていた具で、ラーメン定番のチャーシューやメンマの他に、”横浜家系ラーメン”の特徴でもある”ほうれん草”も入っているし、今更ながら結構大き目サイズの海苔が3枚載っていた。ま、”ほうれん草”は兎も角として、個人的には海苔無くてもエエ気はするのだが・・・。
 
横浜ラーメン一心家元祖ラーメンとんこつ醤油
ちなみに今回選択した麺はこんな感じの太麺で、硬さは普通を指定した割りに若干硬めな感じがしたが、モチモチとしてこれまた中々ウマい!やっぱ私は太麺の方が好きだなあ・・・と改めて実感したのであった!
 
てな事で、加古川や高砂近辺には今まで無かった?”横浜家系ラーメン”のお店が誕生したので早速食べに行ってみたのだが、大きなインパクトは無かったが非常に飲みやすいスープで中々美味しかった!となると、もう一つの”とんこつ塩スープ”も食べてみたいし、チャーハンも食べてみたいので、また近い内に食べに行ってみたいと思う・・・。

遂に高砂にもお店が出来た超人気ラーメンチェーン店”ラー麺ずんどう屋”に行って今回は”和風らーめん”を食べてみた!普通に美味しいが、やっぱり定番の元味の方がエエかな?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:03 PM
 
代理人記録
 
話せば長いが、この日は色々とあって早朝よりドタバタしていて気が付けば既にランチタイム時間はとっくに過ぎている。が、そんな事すら気が付かなかった程だったので、ランチ抜きでもエエか・・・と思いつつちょっとした用事で外出した時に高砂にもお店が出来た超人気店『ラー麺 ずんどう屋』の前を通ったので、取り敢えずラーメンだけでも食べる事にした。ちなみに慌てて外出した事もあって、何時ものスマホは持って無いので、久々に携帯電話(と言ってもスマホ?)に付いているカメラでの撮影だ!
 
ラー麺ずんどう屋/高砂店
こちらがまたまた行って来た『ラー麺 ずんどう屋/高砂店』で、この時は午後1時半頃の訪問と云う事もあり流石に行列は出来て無かったが、未だお店がオープンして半月ほどしか経って無い頃と言う事もあってか8割方の席が埋まっていた・・・。で、『高砂店』がオープンした直後に食べに来た時は、お店の看板商品である”元味らーめん”を食べたので、今回は久々に”和風らーめん”を食べる事に決定!!!
 
ラー麺ずんどう屋和風らーめん
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”和風らーめん”で、お値段は税込価格830円也。私がこの”和風らーめん”を食べるのは今から7年前に4号店である『姫路北店』が誕生した時に食べて以来だが、その時の写真と比べるとネギが大切りカットだったり、その上から大量の魚粉がかかっていたりと微妙に変わっていると言う印象。ちなみにメニューの商品説明に寄ると”あっさり魚介と、とんこつのWスープ。白菜入りでとんこつが苦手な方にもおすすめ”との事。確かにあっさり系のスープではあるが、とんこつスープも入っていると言う事もあって、それなりにこってり感もあって私がイメージする”あっさり和風スープ”とは少し違った気はする・・・。
 
ラー麺ずんどう屋和風らーめん
ちなみにこちらは”和風らーめん”に入っていたチャーシューで、こちらは何時もと変わらない味で普通に美味しいのだが、他のお店で食べるチャーシューと比べても似た様な気もするし、個人的にはそれ以上のインパクトは無かったかな。
 
てな事で、GWの期間中にオープンしたばかりの『ラー麺 ずんどう屋/高砂店』にまたまた行って、この日は”和風らーめん”を食べたのだが、やはりこのお店では”元味らーめん”を食べる方が無難な気がした。とは言え、この時はちょっとした事情で精神的に余裕が無かったので、純粋に味わって食べたかどうかは怪しいので、また近い内に”和風らーめん”を再チャレンジしてみたいと思う・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.