義史のB型ワールド

2016年7月2日

少し前に買ったラーメンパス本に加古川別府にある”鶏麺ぺこり”が載っていたので”ラーメンとろりと唐揚げのセット”を食べてみた!既に何度も食べた味で感動は薄れたが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:06 PM
 
代理人記録
 
遂最近”ラーメンパス本2”が発売され、私もまたまた買ってしまったのだが、今日は未だ前回買った”ザ・ベストラーメン ぐるパス はりま版”と言う本を利用して食べに行った時のお話・・・。しかも昨日同様に、時間の無い時の為に温存して置いた記事なので例に寄って4月中旬頃のお話なので悪しからず・・・。
 
少し前に買った”ザ・ベストラーメン ぐるパス はりま版”と言う本の中に、加古川別府にある『鶏麺 ぺこり』が載っていた。『鶏麺 ぺこり』と言えば加古川尾上に移転した『石焼地どりのお店 おじぎ屋』が元々あった場所に2年半位前にオープンしたラーメン屋さんで、個人的にもお店が誕生した直後から何度か食べに行っているお馴染みのお店なのだが、最近はこの手の本に載っている時にしか食べに行って無い気もしつつ、折角なので今回もまたまた食べに行ってみた。
 
鶏麺ぺこり
こちらがまたまた行って来た『鶏麺 ぺこり』で、前回食べに来たのは昨年の夏頃だったので約8ヶ月ぶりの訪問だが、基本的には以前と全く変わった様子は感じ無かったが、厨房を見るとこの日のスタッフさんは二人の女性の方だった。ま、店の規模と客の入りを考えると・・・、そんなもんなのかな?
 
鶏麺ぺこりラーメンとろり唐揚げのセット
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ラーメンとろり”と”唐揚げのセット”で、お値段は通常セット価格990円の処、先にも書いた様にこの日はラーメンパス本利用でワンコインの500円也。これに小さなお茶碗に入った白ご飯でも付いていれば、立派な”唐揚げ定食”になりそうだ!てか、ラーメンのトッピングも唐揚げなので、正に唐揚げ尽くし
 
鶏麺ぺこりラーメンとろり
そしてこちらが久々に食べた”ラーメンとろり”で、お店の商品説明に寄ると”長時間鶏の骨を煮込んでとったスープはポタージュのようなとろみと濃厚な鶏の味わい”との事。個人的にはこのお店の3種類のスープの中では一番濃度が低いさらり”の方が好きな事と、”とろり”は前回訪問時にも食べたばかりなので、大きなインパクトは残らなかったが何時も通りのマイルドな味で美味しかったとは思う・・・
 
鶏麺ぺこりラーメンとろり
ちなみにこちらは”ラーメンとろり”にトッピングされていた”唐揚げ”で、以前から紹介している様にこのお店には豚肉を使ったチャーシューは無く、ラーメンにトッピングされるのも”唐揚げ”になっているのだが、ノーマルで頼んだ場合は2種類の部位を使った”唐揚げ”がトッピングされる・・・と言う事であるが、この日は別に”唐揚げのセット”があったので何が何やら判らん状態のまま食べたので二つの違いは良く判らんかった・・・。
 
鶏麺ぺこりラーメンとろり
序でに紹介して置くと、この日食べた”ラーメンとろり”の麺はこの様なお店オススメの”全卵のたまご細麺”で、気持ち的にはもう一つの”太麺”の方を食べたかったのだが、前回同様に本を見せつつラーメンを注文して直接会計もしていたので、今回も麺の指定を忘れていた・・・。ま、このお店の”細麺”もそれなりの味わいがあって普通に美味しかったので、気にする程の事でも無かったけど・・・。
 
鶏麺ぺこり唐揚げ
そしてこちらがセットの”唐揚げ”で、以前に食べた事がある”唐揚げさらり”には名前の如く”唐揚げ”がテンコ盛になっていたのだが、何と無くであるがその時の”唐揚げ”に比べると少し大き目サイズで、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉のジューシーさもあって中々ウマい!最近は他のお店でもメチャ美味しい”鶏肉の唐揚げ”を食べる事があるので、それ以上のインパクトは無かったが、機会が有ればこの”唐揚げ”をおかずに生ビールを飲む・・・、あるいは白い御飯を食べてみたいと思う・・・。
 
てな事で、このお店も2013年の10月頃に誕生した時から食べに行っているお馴染み店なのだが、最近はラーメンパス本を利用してばかり食べに来ている様な気がする・・・。その最大の理由はラーメンのスープの種類が3種類しか無い事で、偶に”すっきり塩ラーメン”を食べた事はあったが、通常のスープとそれ程の違いも無かったので、此処は一発”お店自慢の白湯スープ”では無く”鶏ガラ醤油系のスープ”のラーメンを開発して欲しい気がする・・・。

WordPress.com Blog.