義史のB型ワールド

2016年6月26日

毎度お馴染み”くら寿司”が”ふぐフェア”をやっていたのと”冷やし中華はじめました”の幟が立っていたので食べてみた!冷やし中華は値段の割に意外と豪華だ!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
個人的に魚は余り好きでは無いが、何故か?”大とろ”や、あるいは””や”海老”は大好き!そんな事もあって偶に回転寿司チェーンで開催されるフェアに釣られて食べに行ったりしているのだが、またまた『くら寿司』で”極上ふぐフェア”が開催されていたのと、これまた何やら”冷やし中華はじめました”と言う寿司屋には似つかわしく無い幟が立っていたので食べに入ってみた!
 
無添くら寿司/アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た『無添くら寿司/アイモール高砂店』で、この日は買物序でにやって来たので何時もよりは早目の時間の訪問だったのだが、流石に土曜日と言う事もあって既に店内は大賑わい・・・。てか、ランチタイムやディナータイムは何時も結構早い時間帯から流行っている様な気はするが・・・。
 
くら寿司極上ふぐフェアメニュー
ちなみにこちらがこの時に『くら寿司』で開催されていた”極上ふぐフェア”のメニューで、この中には載って無いが他にも店内のあちらこちらに貼ってあったフェアメニューの中に、以前食べた”ふぐから揚げ丼”とか”てっさ”等もあった。とは言えこの日は次に紹介する”冷やし中華はじめました”を食べた事もありどちらも食べなかった!
 
くら寿司冷やし中華はじめましたメニュー
そしてこちらがお店の外の幟とか店内のポスターで大々的に宣伝されていた”7種の魚介だれ 冷やし中華はじめました”で、雰囲気的には以前から偶に食べている”すしやの天丼”とか”すしやのうな丼”等と同じく”7種の魚介だれ”シリーズの一つであるが、一応今まで登場した商品は”7種の魚介ラーメン”も含め一通りは食べて来た?と言う事もあり、今回も取り敢えず一回は食べておこうと併せてこちらも注文
 
くら寿司ふぐ三種盛り
で、先ず最初に直通レーンで運ばれて来たのがこちらの“ふぐ三種盛り”で、”ふぐ、焼きふぐ、ふぐ皮湯引き軍艦”がセットになってお値段は税抜価格200円也。雰囲気的には商品名が少し違うが以前食べた”ふぐ三点盛り”と全く同じ内容で、それぞれに”化学調味料不使用で昆布・カツオ・煮干し・ホタテのエキスなど魚介の旨みを加えた、くら寿司特製のジュレポン酢”がかかっている。で、そのお味であるが基本的にこれまた以前食べた”ふぐ三点盛り”と同じ味で、普通に美味しいがそれ以上の感動は無かったかな
 
くら寿司とらふぐ極旨一貫
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”とらふぐ 極旨一貫”で、お値段はこちらも税抜価格200円也。こちらにも”特製のジュレポン酢”が少し多目にかかっている。で、そのお味であるがこちらは”とらふぐ”と言う事もあってか、噛み応えのあるしっかりとした身で普通に美味しい。気持ち的にはやはり”ふぐ”は”てっちり”か”てっさ”で食べる方が美味しい気もするが、お手軽に”とらふぐ”が味わえると言う点では中々良いかも・・・。
 
くら寿司貝柱 石澤ドレッシング(和風醤油)
それはさて置き、とりあえず”極上ふぐフェア”の中から2皿程”ふぐの寿司”を食べた後、同じくフェアメニューの中から頼んだのがこちらの”貝柱 石澤ドレッシング(和風醤油)”で、お値段は税抜価格100円也。ちなみにタッチパネルの写真を見ると美味しそうだったので思わず頼んでしまったのだが、以前”石澤ドレッシング”三昧した時にも食べていた様だ・・・。やはりブログに書いて残して無いと記憶からも消えてしまうものだ・・・。
 
くら寿司宇和島産みかんサーモン極旨一貫
更に”極上ふぐフェア”の中にはこれまたちょっと珍しいフルーティフィッシュを使った寿司があったので、思わず追加したのがこちらの”宇和島産みかんサーモン 極旨一貫”で、お値段は税抜価格100円也。ちなみにフルーティフィッシュの寿司は以前にも”宇和島みかんぶり”ってのを食べた事がある。それはさて置き、個人的に自ら好んで”サーモン”を食べる事は少ないが”宇和島産みかんサーモン”と言う先入観?と言う事もあって、確かに偶に食べる”サーモン”の様な魚っぽさが全く無く何か別の魚のような味だが、これはこれで中々美味しい!以前食べた”宇和島みかんぶり”の味も忘れてしまったが、またこの”フルーティフィッシュ”シリーズが販売されていたら食べてみたいと思う・・・。
 
くら寿司あぶりとろけるあなご極旨一貫
それともう一つ、数量限定で半額価格に釣られて頼んだのがこちらの”あぶりとろけるあなご 極旨一貫”で、通常税抜価格200円の処、100円也。こちらも以前に食べた時と同じ様に焼穴子では無く煮穴子を炙った様な感じのお寿司で、確かに身はとろける様な柔らかさで中々ウマい!しかも前回は普通に200円で食べたのだが、今回は半額の100円なのでお得感もあったし・・・。
 
くら寿司7種の魚介だれ冷やし中華はじめました
そんなこんなで”極上ふぐフェア”の中から何品か寿司を食べた後、最後に頼んだのがこちらの”7種の魚介だれ 冷やし中華はじめました”で、お値段は税抜価格350円也。ご覧の様にパッと見た感じは正に中華料理屋さんで出て来るような”中華風の冷麺”だ!ちなみに『くら寿司』の商品説明に寄ると”ツルツルもちもちした食感と、コシ、喉ごしの良さが持ち味の極太ストレート麺を使用しました。具材はエビ、エビマヨ、カニカマ、チャーシュー、味玉、きゅうりにゆず皮をトッピング。麺やタレと相性の良い7種を厳選しました。毎日自社工場で作る、軍艦でも人気のエビマヨがタレと絶妙にマッチし、マイルドな味わいをお楽しみいただけるほか、きゅうりやカニカマの食感、ゆず皮の香りがアクセントに。麺の量も通常の「らーめん」シリーズの1.5倍に増量し、食べごたえのある冷やし中華に仕上げました。麺と具材にマッチする「特製タレ」は、しょうゆベースのタレに、くら寿司こだわりの「7種の魚介だし」と、お酢とレモン汁を追加。魚介だしの旨みにほどよい酸味が加わり、さっぱりとした後味を実現しました。喉ごしの良い麺とも相まって、初夏の暑い日や、夏バテで食欲がないときにも、お手軽に召し上がっていただけます”との事。何か一杯書いてあるが、要は”すしやの冷麺”って事だ!
 
くら寿司冷やし中華はじめました
で、この後適当にぐちゃっと混ぜて食べたのだが、その前にトッピングの具材を一つずつ紹介すると、先ずはこちらのチャーシューで、パッと見た感じは『くら寿司』で偶に食べた”7種の魚介らーめん”にトッピングされている物よりは大きい気がする普通に美味しいチャーシューだ!
 
くら寿司冷やし中華はじめました
そしてこちらはチャーシューの手前にあったパッと見た感じは偶に『くら寿司』で開催されている”極上かにフェア”に登場するような”本物の蟹の身”の様にも見えたのだが、残念ながら”カニカマ”だ。とは言え、以前に紹介した”かねてつのほぼカニ”の様に最近の”カニカマ”は良く出来ていて、特に違和感無く普通に美味しかった
 
くら寿司冷やし中華はじめました
そしてその次は”冷やし中華はじめました”の左側にあったエビきゅうりで、きゅうりは兎も角としてエビは先ほどの”カニカマ”とは違い本物の海老の身だ!そう言えば”カニカマ”はあっても”エビカマ”ってあんまり聞いた事無いなあ・・・。試しにググってみると過去に販売された事もあるようだが、”カニカマ”みたいには売れなかったらしい・・・。
 
くら寿司冷やし中華はじめました
そしてこちらは”冷やし中華はじめました”の真正面に飾られていた”味玉”なのだが、偶にこのお店で食べる”7種の魚介ラーメン”には半分サイズの”味玉”がトッピングされいるのだが、残念ながらこの”味玉”は1/4程度にカットされた様な大きさだ。きっとコストダウンの為?あるいは見映え重視で取り敢えず乗せた・・・みたいな感じなのかも知れない・・・。
 
くら寿司冷やし中華はじめました
ちなみにこちらは具材の頂上辺りにトッピングされていた物で、実際に食べても何か良く判らんかったのだが、商品説明に寄ると”エビマヨ”だったらしい・・・。と言っても海老の身が入っている訳では無く、単に海老風味のマヨネーズ?みたいな感じのようだが・・・。
 
くら寿司冷やし中華はじめました
そしてこちらが”冷やし中華はじめました”の命とも言える麺で、若干柔らか目の茹で加減であるがモチモチとした中太麺で、”7種の魚介だれ”をベースにした特製ダレを絡めて食べると普通にウマい・・・。最近は”もんどの冷やし麺”以外にこの手の冷麺を食べる機会が余り無いので何とも言えないが、久々に食べると”冷やし中華”も美味しいかな?と言う気はした。でも寿司屋だしなあ・・・。
 
くら寿司石澤ドレッシングメニュー
最後に・・・、帰り際にレジの横に以前から偶に食べる事が多い”石澤ドレッシング”が特別割引価格で販売されていたので、思わず買ってしまった・・・。本来であれば魚介のカルパッチョを作ってそれにかけて食べるのが一番な気はしたが、そんな手間暇はかけれ無いので普通にサラダのドレッシングとして食べたのだが、少し味が濃いようにも感じたが、店内で食べる寿司とはまた違った味わいがあって中々美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの回転寿司チェーンの『くら寿司』で”極上ふぐフェア”をやっていたのとお店の前に”冷やし中華はじめました”と言う幟が立っていたので食べてみたのだが、”ふぐ”は何時も通りの味で、”冷やし中華はじめました”の方は麺の柔らかさは兎も角として結構具沢山だったしタレも何と無く和風テイストで中々美味しかった。『くら寿司』にはこのまま頑張って”7種の魚介だれ”シリーズの商品をどんどんと開発して欲しい・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。